2019 年 10 月 1 日 のアーカイブ

今年初 栗御飯

2019 年 10 月 1 日 火曜日

剥いて 水につける…灰汁抜きまたもや 名付けられないおかずを作る栗ご飯さっと茹で栗こりっとして んまい

見事な 栗をいただいて

昨日のばんげは 栗御飯

今年初

本式のやり方が わかっているわけではないので

ちょいと インターネット調べ

しかし「栗のおしりのところを 切り落とす」情報の 多いこと!

理由は「剥きにくいから」らしい

ふざけんな

栗の尻も立派な栗のうち!

勿体ない婆さん わたくしは

剥きづらくても 剥きましたとも

時間に余裕ないのに いつも「なんでそんなことに時間かけてんの?」て言われるけど

しょうがねぇ

お陰で まるっと おいしい 栗御飯の出来上がり

母と あんちゃが あまり 栗好きでないのが 残念なのだけどね…

翌日 あんちゃや わたくしが 弁当持っていく日は

ばんげのご飯は 多めに炊いとくのだけれど

「明日の弁当に持っていくご飯…栗 避けていい?」と きたもんだ

このやろぉ

好きにしろ

わたくしが 食っちゃる

にょる…と やわらかく 茹でた 栗が 「殊更に 食べたくない」というので

秘伝豆 茹でるときに

ころころっと 数個 紛れ込ませて さっと茹でてみたら

こりっ とした 歯触りの「まさにナッツな栗」は

「まだまし」というので

今後は そんなやり方にして 食べてもらうかな

…でも 自分で剥いて食べるほどの 気持ちにはなれないそうなので

そんな 気持ちの人に わざわざ剥いて差し上げるなんてなこと

たぶん そんなに しないだろな

かつて 何処かの 蕎麦屋さんで食べた 渋皮ごと 素揚げにして 塩ふって 食べたのも んまかったよなぁ

それなら 母もあんちゃも 食べるかなぁ?

「そうまでして食いたくない」とか 言われそうだけど

んまいものへ向かってゆくための 手間隙かけるのは わたくしの 趣味だ

待ってろよ(誰も 待ってないが…)

ああぁ もぉ 天高く馬年女肥ゆる秋

絶賛増量中

東向いて のんきに 笑う

幻を 目の当たり 二度目

2019 年 10 月 1 日 火曜日

ぽぽー切ったとこ

「幻の果物 ぽぽー」を いただいた

幻…も 昨年に引き続き 二回目なのだけど

やさしく 美味しい

トロピカルフルーツの 味わいに 通じる 甘味(マンゴーに近いかな?)と

ほんのりの えぐみみたいなもの

この ほんのりが ちょっと 香辛料のように感じる瞬間もあり(ガラムマサラ!?とか)

名前もかわゆいし

ふふ♪て やわらかに 笑っちゃう気分

昨年 種まき 失敗したから

来年こそ!

五月ぐらいに 植えるといいらしいのだけど

それまで ちゃんと 眠っててもらえるように

種 大事だいじしておかなきゃ

真由美さん ありがと~♪