2019 年 8 月 のアーカイブ

ゆるりと動く

2019 年 8 月 31 日 土曜日

ボタンとれてるだけじゃなくて穴あいてたりする金井真紀さんの本

まだ うちの 敷地内から 一歩も 出とらん もりあやこです

朝から ゆるりと キッチンreader…台所読書&キッチンsewinger…台所裁縫家でした

あんちゃの「ひどいこと」になってる シャツとズボン

どうにか お手当て 完了

昨日の昼下がり 若干 体調が 思わしくない方向に 揺らいだ感じがあって

ふと 昨年 ざんぶりとやってきた 人生最大の眩暈が また来たら どうしよ…と ひやりとした 思いにもなってたのでしたが

幸いにして 大変なことにもならず

ほっ

更年期とか そんなあたりの なんにゃらかですかね?

一昨日なんて 病院駐車場から 出るとき

全く 左に注意を払わずに 右折するという 失態

クラクション鳴らさせてしまった タクシーの運転手さん ごめんなさい

何かやらかしそうな 危うさがあるときは

なるべく慌てず急がず

今やらなくていいことは 後回し後回し

…でも やり過ぎて 間際どたばたにならんように

気を付けつつ…

のんびりゆるり に もってこいの本 金井真紀さんの『虫ぎらいはなおるかな?昆虫の達人に教えを乞う』(理論者)

真紀さんの きちんと 人に出逢って 汲み上げてゆかれる 愉快に あたたかな 視点とか 人間味が 素敵だ

「虫 好きなくせに なんでそんな本 持ってんの?」と あんちゃに 真顔で 訊かれてしまった

真紀さんの 書く 描くものが 好きなんだい♪なんて 応えたけど

今でこそ「虫女」言われる 虫好きの わたくしですが

数年前までは 這うもの ほんっとに 苦手だったもので

わからんもんだ

真紀さんも もしかしたら そのうち 虫好き啓蒙の人になったり…しないかな

まは とにかく

これを読み終える頃には あんちゃも 帰宅するであろうから

それから 代車返却&愛車点検終了受け取りと

父の 病院へと 動き出す予定

久しぶり!

2019 年 8 月 31 日 土曜日

からだを保つ握手できた

昨日 病院行ったら

丁度 父 リハビリ最中

おぉ♪リハビリできるくらいになっとるのか

ベッドに 腰かけて からだを保つ…てな感じ

本人 リハビリと わかっているのかどうか ちと 心許ないけれど

まだ 声をあまりだそうとしない とか

すぐ目を閉じてしまう とか

色々 あるのだけれど

久しぶりに 何かをしている姿を 見ることができて うれしい

リハビリ後

まだ くまちゃんぬいぐるみ的 手袋 はずしたまんまだったもんで

マッサージしたり 握手したりしてたら

「もう 寝せでけろわ」と 言われた

うんうん わかった わかるようにことば 言えたね 届いたよ

有難いひととき

ありがとうありがとう

この調子で たのむぜ

思いの外 好評

2019 年 8 月 31 日 土曜日

ミキサー大活躍の日美しいソース三種類楽しめるうるけるまで 半日以上かかる

アスパラポタージュと トマトジェネバ野菜ソースも こさえた日

ミキサーついでに

先日 おからをこさえた 副産物の 豆乳を

マヨネーズ風ソースに…てのも 試みてみた

あら 簡単 おいしい♪

油を用いるので

ミキサーの 後始末が 石鹸も つかわにゃいかんし

ちみっと 面倒ではあるけど

母から「このマヨネーズ んまいごだぁ♪」と 好評 いただいた

「ひっぽの元気な味噌」と 合わせると

更に 風味アップ♪

また こさえようっと

大豆が うるけるまで お預けだけど

楽しみ増えるるる♪

海の青の中のような

2019 年 8 月 31 日 土曜日

ZENOBIA素晴らしい本だクラウドファンディングで 出逢った本 『ZENOBIA』が 届いた

北欧グラフィックノベル

文 モーテン・デュアー 絵 ラース・ホーネマン 訳 荒木美弥子

作者は デンマークの方々

シリア内戦下のこと

紛争が起こっている

多くの難民がいる

そんな 箇条書きの 情報ではなく

少女アミーナがいたこと

かけがえのない1人の いのちを 思う

ひとつひとつ

ひとりひとり

世情や 構造ではなく

いのちへ 思いを巡らせる しなやかさを 育んでゆくことが

確かな 平和に満ちた世界を つくってゆけるはずなのに と 思う

もう遅いこともある

でも これからのことは 決して遅くはないのだ

深い海の青の中から

騒がしさを 掻い潜り

静かに 語りかけてくれる声

涙が止まらない

「自分の むねの中だけに そう言った」で 終わらせてはいけない

声よ 届け!と 強く強く思う

何かの形で 助太刀の手を…と 思う

台所読書

2019 年 8 月 31 日 土曜日

ほむほむ様の本かつて 乱読活字中毒的で

いつも 何かしら 手近に 本を 携えていて

できうれば ちょいちょい 読みではなく じっくり向き合いたくて(記憶持続力不足てのもある)

書籍礼賛みたいな思いもあって

食べ物と同席させるなんて!と

本を読む場所として 台所は「ありえん」だった

そうこうするうち

じっくり時間なんてもんは なかなかに うちでは確保できなくなり

読書視力に 難ありありにもなり

本を読むことから だいぶ 遠ざかってしまってた

しかし だ

遠ざかってるくせに「本との出逢いは なまものだから」なんつう 思いはなくならず

本を 手に入れ続け

積ん読 サグラダ・ファミリア状態

んで あれこれと 心持ち 切り替わる お年頃…つうか

はなくそこだわり は めんどくせぇ…とか 思うようにもなり

簡易老眼鏡を 味方に

台所読書推進

家におる時

大抵 台所に おる

呼ばられて 出動しやすい 場所だし

椅子と テーブルの 塩梅が

一番 腰によい感じなので

今や 書き物 読み物は ここでしてしまう(自室の机的なところは 今 埋もれてて 辿り着けないのも ありあり)

久しぶりに ほむほむ様…こと 穂村弘さんの本『鳥肌が』(PHP文芸文庫)

あぁ 好きだ!

視点とか

違和感の 繙き方とか

そうそうそれそれそこそこそこ♪と

膝打ちまくりて 痛いほど!

読み終えるの 惜しいなぁ

文庫なのに(失礼!)装丁が 独特

普段 カバーをはずして読んでしまい勝ちなのだけど

ひた と 貼り付くような 手触りのカバー

点字みたいな 表紙の ぷつぷつぷつ…

なんだなんだなんだ!?と

本文にある 日常での 違和感不安感と リンクして

ざわざわする

…これは 狙いなのだな

内容と 通じているようないないような 挿絵も

ひとりでに立ち上がって

ゆらゆらと 存在感を 膨らませてゆくの

挿し絵のあるページの裏には なにも印刷されていないのも

なんだか すごい!

読書カタルシス いただきました

こぼれ落ちてた 納豆の一粒を 裏表紙に くっつけてしまったが

拭けば とれる

さすけねぇ

秋の入り口

お元気さんたち

2019 年 8 月 30 日 金曜日

船迫学習センター茶室利休のおしえお湯を沸かしたい百笑長屋踊る歌うゆかいひょっとこ饅頭

昨日 ぶんぶんパフォーマンスに 訪れた 船迫学習センター

はじめ 茶室みたいなとこ と 言われ

あぁ なかなかに こぢんまりした空間だけど ここでショーやるのば どういう力加減がよいかな…と 思い巡らせてたら

控え室として 確保してくださったとこだ と

わはは そうですよね~♪なんて すこぅし ほっとする

快適 個室にて ゆるりと お支度させていただきましたる

今回 呼んでくださった方々

ボランティアの 慰問団体さん

みなさん 愉快な 芸達者さんばかり

年間の 施設慰問公演は 200回を 下らないとかも 仰有ってたか

ショーの前は ずっと お話し合いとか 練習とか?

かなり 前から 集っておられて

コミックマイムショー と やってみようコーナーで 一時間

それはそれは 真剣に&楽しんでくださいまして(メモを取られるかたまでおられるとは!!)

感無量

そののち お色直ししてから お茶会にも 混ぜていただき

歌あり 踊りあり(踊りは 多分 即興)

隊長さんの 安来節 本大会?土産の ひょっとこ饅頭が

めんこい♪

メンバーの方々から

森家 周辺に ご縁あるお話 ちょちょいと 声かけていただいたりもして

うれしや

またどこかで~♪なんて

にこにこ手を振る

ほんわか 愉快なひとときでした

ありがとうございます~♪

ちょこっと 読む本じゃない

2019 年 8 月 30 日 金曜日

一気に読みましょう船迫学習センターの とある お集まりに 呼んでいただいて ぶんぶん…までに 時間があったもんで

ゆるりと 珈琲 おやつ&読書

先日の お江戸からの 帰りに

読む本がなくなったら…と

取り急ぎ 上野の 本屋さんで 購入した

『スマホを落としただけなのに』志賀晃 著(宝島社文庫)

三分の一くらいのとこで お出掛け時間となり

…んあああぁ!

ちょこっと 読む本ではなかった

途中で 置いといて…てのが

精神衛生上よろしくない

こういうのは 一気に読みましょう

パフォーマンス終えて

帰宅して ばんげのしたくして 食べてのち

読み 始めて

先ほど 読了

伏線やら 現代の風刺やら 知識の裏打ちやら

なかなかに 力業

映画にもなってたな

ありえるね こわいね スマホは 落としちゃいかんね と しみじみ思う

わたくしは 角田駅の 人道跨線橋のうえから したに落としちゃって 画面バリバリ割れてるけど

そういうことじゃなくてね…て わざわざ言わんでも わかるか

かえるまみれ

2019 年 8 月 29 日 木曜日

ステンドグラスみたいに美しいうっとりしちゃううちにも来てほしいんだけどなぁかまさんもいたきれいな色頭隠して…形も美しいなぁお食事ポイント?父の横顔かえるまみれお手て透き通る闇に紛れてすぐ逃げないでいてくれた黒目がちの かわいこちゃんりりしい横顔ぺた

昨日は

仙台保育仕事あがり

どこへも寄り道せずに 病院に向かったで

面会時間終了ギリギリにならぬ 余裕で 到着

…なもんで

正規の駐車場に停めて(時間外出入り口の近くにある駐車場は 時間外になると 時間外診察患者用に切り替わるので 正面玄関前の方が 正規の駐車場)

時間外入り口までの 道のり

けろ眺め三昧

20枚くらい 写真撮ってしまってた

ふと 見たら 保育仕事で 身に付けていた 蛙エプロンのまんま(100円ショップで購入した なんちゃって手拭いで こさえたやつ)

薄暗闇で 蛙エプロンの 人が

にやにやしたりしゃがんだり話しかけながら 写真撮っていた…て

結構な 夏の夜の涼しい(恐ろしい)風景かもな

通りすぎた方々 密かに びびっておられたとしたら すまなんだす

父は 呼び掛けると ぽかっ と 目を開けて

「おぉ」と いつもの感じで 応えたので

まるで 何事もなかったようでもあるけど

すぐまた 目を閉じてしまった

でも 瞼の開け方や 声の色合いは いい感じだったぞ

よくなれよくなれよくなれ!

また あちこち 撫でたり ぽんぽんしながら 話しかけた

快復して かえるんだぜ

望みは てばなさない

蛙の合間に!?撮った 父の横顔写真を 母に 見せたら

「あら いい顔してっごだ」と 真顔で言ってて

ふふふ♪

うっとりアスパラ

2019 年 8 月 29 日 木曜日

アスパラポタージュ んまい♪アスパラのよさ全開淡い緑

地場産野菜 元気なお百姓さんのお店 角田「あぐりっと」さんで

こことこ ぴちぴち アスパラが 手にはいるで

いつもの 茹でだけでなく

ポタージュを こさえてみた

アスパラ 玉葱 ちみっとにんにく

あとは 塩と 牛乳(豆乳も可)

これまたなんとも うっとり アスパラの かほりに 包まれる 美味しさ

シンプル・イズ・ベスト ばんざい♪

再び自画自賛

…つうか わたくしの 下手な 小細工は

やればやるほど 裏目に出るってことでもあるが…

母とあんちゃは さほどの感激もないようなのだが

あとまた 何回か やっちゃうぞ

ふふふん♪

ひやひやも 越えて

2019 年 8 月 29 日 木曜日

ひとときの ふれあい 人生さん昨日は 代車「人生さん」で

初めて 母を デイサービスへと 送った

前の晩から いつもと違う車に 無事乗せてもらえるか!?で

母はらはらMAX

ほびさんより 車高 低いから むしろ乗せやすいかもしれないけど…と 言ったものの

わたくしの「けど…」部分に

母も引っ掛かったようで

あんちゃが にやにや 笑いながら「あやちゃんだから だいじょぶだよ」と 慰めのようなことを言ったら

「何で ほだごど言われんのやぃん!?他人事だど思ってっ!!」と

ものすごい剣幕のポーズ(半ばふざけてはいる)で

何を 根拠に そんなこと言うんぢゃ!?と 畳み掛け

あまりにそれが 駄々っ子みたいで

三人で 大笑いしてしまった

まぁ 結局「思ったよりスムーズに乗せでもらった」と 母も あとから 言ってくれたので

ほっ

これからも この調子でっ♪