直球勝負?

直球勝負さくらんぼ

今月の 保育園 壁絵

今までで一番 直球勝負かも

芸も ひねりも 虫もいないなぁ と 反省しつつ

のろのろりと 描いてたけど

お子たちは いちいち ウケてくれて

「あっ♪きういふるーつ」やら

「すいか 種ある~」やら

「さくらんぼ昨日食べたよねっ」なんつって

あぁ 救われる

特に 単語を ほぼ 発しない Kくん

遠くから近くから にこにこ 眺めて 触れて

摘まんで「はいどうぞ」の 仕草を 繰り返しやっては よろこんでくれとる

本望!

まだまだ 周りのリズムや 言い回しには 反応しないとしても

彼なりの理解と リズムがある

大人の リズムで「○○でしょ!?」ていったって

何をいってるか どころか

なにがおこっているかにさえ 届いてない

それは 届くように 声をかけていない 大人の落ち度だ

「これから大変だから」

「社会に出たらもっと大変だから」と

今さえも急がせるのは

よい面のなかに よろしくない面を 含んでいる

忙しいから

他にもたくさん お子たちがいるから いちいちかまってられない…なんて 置き去りにされることなく

向かい合ってくれる環境が これからも いっぱい ありますように

挫けることなく よい気質が のびのびのばされてゆきますように

そんなこと 願いながら

つぎの 果物は 何にしようかな と 思い巡らせる

この投稿は 2019 年 7 月 12 日 金曜日 07:37 に 作品 周辺, 保育仕事まわり カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ