2019 年 7 月 5 日 のアーカイブ

あるまじき…は わたくし

2019 年 7 月 5 日 金曜日

ゼブラ団子虫まるまるんだぜ

がしゃぽんで 500円なんて 邪道だでば!

…つって なんでそのブツが 手の中にあるかっつうと

まんまと 思う壺にはめられて

邪道に 踏み入れてしまったわけです わたくし

あんちゃに 倹約の話 滔々としたのちに こんな有り様なもんで

おもいっきり 呆れられ

「どうすんの?」と きかれ

どうもこうも ただのフィギュアじゃなくて まるまるんだぜ 団子虫の 本懐 なんて こたえになってなくて

絶句&にやにや笑い 返された

「かあちゃんかあちゃん あんたのむすめが どういうことになってるか よくみてよ」と

母の車椅子 おして 見せに連れてきた

「やんだ!あんだ!ちもづわりごだっ!!(嫌だ あなた 気持ち悪いこと)」と 騒がれた

保育園で 団子虫は 人気者だけど

ゼブラ団子虫フィギュア どうだろ?

受けるかな?

団子虫の歌でも うたいながら 見せちゃお(自慢したいだけ?)

さておきが いっぱい

2019 年 7 月 5 日 金曜日

ここで診てもらうわけではない保険事務所とやらから 手紙

「紹介料払ってないけど 入れ違いで払ってたとしたらごめんなさい」てな 内容

詐欺か!?と 思いきや

昨年度の 市の検診で

「別件で診てもらった方がいいから紹介状書いとくね」てやつ

診察に 行く日にちが確保できん…とかいってて さておきにしてるうちに 日がたってしまってた あれか?と

紹介状入ってる封筒を みたらば

振り込み用紙もはいってた

あわわ!

無料じゃなかったのね

支払期限 三ヶ月前ぢゃった

まぁ 紹介状が 無効になるわけじゃないから よしとしよう

いや 払わなくてよし…じゃなくてさ

本日 払い込みました

ふぅ

…なんつって 済んだ気になってしまったが

診察自体 さておきのまんまなの 忘れんようにせんと…

発見物

2019 年 7 月 5 日 金曜日

柔らかいらっきょう流しの下の

いろいろごちゃごちゃの 奥に

食べ物だな

辣韮(らっきょう)らしい

わたくしが 仕込んだものではない…多分

母のお友達が くださったものだろうかね?

食うてみた

にょろり と やわらかくなっている 辣韮の 甘辛漬け…多分

しばらく からだの反応をうかがう

…だめじゃなさそうだ

しれっと 昼御飯の すぱげっちの つけあせに だしてみた

みなのもの 怪訝な眼差し

辣韮の醤油かなんかの甘辛漬けだと思う…多分 母のお友達にでももらったのであろうブツ さっき食べて 体に異変が出てないから 腐ってないはず と 紹介した

とりあえず ひとつ ずつ 口にはしたようだ

「んまいもんではねぇ」

「やっこい」

「食感が アウト」

「もう二度と食べなくてもいい」

散々な結果でありました

でも マヨネーズに混ぜ込んだら素敵かもよ♪と いったら

「おだくさんです(もうたくさん)巻き込まねぇでくなぃん」でした

とほほ

さぁて どうしてくれよう

ゆるり を おもいだすために

2019 年 7 月 5 日 金曜日

にわのねじばなとか水曜の朝は いつも 余裕ない わたくしに なりがち

蒸し暑い季節に だめにならない ばんげのおかずを作って冷蔵庫に入れておく

ちちははデイサービスに わたくしが 送っていく

保育仕事通常シフトで 働かせてもらう

時々 ピアノ仕事を引き受ける

…ひとつひとつ そんなに大したことでもないはずなのに

まとめて 浮かべて 気持ちが いっぱいいっぱいになる

ちちはは 自分でできないこと 早くできないことだから 助太刀しているのに

ただ 頼み事として口に出されたことに

わかってるよっいまやろうとしてんだよっ!なんて

苛ついた 口調になってしまう

急かしているわけでも 責めてるわけでもないことばに

勝手に 急かされているような

怠っていると責められているような気持ちになってしまうのだろうな

言われなきゃ 失念することも多いくせに

言われずに 完璧にやりこなしたい思い…まだ どこかにあるのかもしれない

そんな たまでも ないくせに…

諦めの悪い奴め

…いや 高みを目指してる てことに しとこうか

放り投げられたごみを 捨てることなど

温まってる 牛乳を 出すことなど

ポータブルトイレの中身を 始末することなど

屁の河童だ

料理をするのは たのしいのだから

もっと 早起きして 作ったものの あら熱がとれて 冷蔵庫にしまえるようにすればいいのだ

余裕をもって 出掛けられるようにも なるのだ

水曜の わたくし的 山場は ちちははをなんとか 車に乗せて

デイサービスに 送り届ける辺り

かしゃり…とて とて かしゃり…とて という 父の 歩行器の リズムを サポートして 車に乗ってもらい

車椅子から 母を 車に乗っける 持ち上げの 雄叫びのような わたくしの 一声(いつも つい「ずおおおおおおおおむっ!」と 叫んでしまう)を 放つ辺りで

よしっ なんとかなる と 思えるのだ

…それが 保育仕事遅刻確実…てときは 泣きが入るのだけど

なんとか できてる

気持ちの問題だ

苛ついたときは

「いまあんたすんげぇひどい顔してるはずよ」とか

「いましかないひとつひとつていねいになでるようにあじわっていきていきたいっていったぢゃろ」とか

自分に 声をかける

感情の 沸々わくものに 呑まれないで

…で それってなに?と 視点をかえて

ゆるり の 心地よさを思い出して

自分を引き留められるうちに なんとかする癖をつけてゆこうとおもう

ゆるり を 思い出すために 撮っておいた 写真を見る余裕を 見失ったりもしてるけど

今週も よい日々でしたよ(今週はまだ残っとる!)

ありがとう

いろんなこと

いろんなひと

いろんないのち ものもの

そんなことを思いながら 休息のひととき

支えて繋いでくれるかた

2019 年 7 月 5 日 金曜日

お髭のご主人おりたてネコものがたり

これも もう先週(6月29日)のお話なのだけど

リハーサルの合間に 定禅寺通り駆け抜けようとしたら

小糠雨の中

ご機嫌な 音楽

そして はためく「コーヒー」の 幟

珈巣多夢 ご主人の 企みの一味だな♪と

ちょいと 寄り道 中央緑道地帯

定禅寺通りで 愉快な週末を…と

もう 何年も 続けつつ

おなじみさんばかりでなく

若い人たちも 巻き込んでいこうと 常に 動き続けておられる 珈巣多夢 ご主人 伊藤さん

ただの エロギャグおやぢちゃないぜ…なんて 毎度 失礼なものいいで すみませぬ

初対面のかたは 目が点になることもあるかもしれないけど

人畜無害の 善良なるお方ですで ご安心を

大好きな 麦の会 コッペさんとの コラボで コーヒークッキーも こさえたとのこと

しかし コラボ商品の方が 安いって どういうことよ!?

買いやすすぎて 買い占めちゃったぢゃ

歯触りと コーヒー風味が 楽しいクッキー

週末 定禅寺通りの イベントのとき「コーヒー」の 幟みつけたら 出逢うことができるはず

ぜひコーヒーの お伴に お試しくだされ

もりあやこからの情報で…と お髭の ご主人に 申告していただくと

もれなく ひざかっくんしてしまう おやぢギャグなど 一発 もらえるかもしれませぬ

んでもって 然り気無く「おりたてネコものがたり」(保護活動なさってる方々)募金箱も 置いてあります

「おれがいろいろやってる」アピールなしで

支えたり繋げたりしておられるのも あいかわらず

お買い物したあとの 財布の小銭は ぜひこちらへ(もちろん帰りのお金のことちゃんと考えて入れようね…うっかり 駐車場代のこと 考えずに入れちゃって 銀行に おろしにゆくという 阿呆は わたくし…)

たくさんの人の笑顔 生まれる場所

いつも ありがうございます~♪