2019 年 7 月 のアーカイブ

支えてくれたもの

2019 年 7 月 21 日 日曜日

スタッキングできます昨日の ジャズダンススタジオ グァテマラさん 舞台

戦災復興記念館ステージの リノリウムをおさえてくれてた 重り

先週の 能-BOXのより 高さがあって

灰色っぽかった

重さによって違うのか?

施設によって 備えてる重さが違うのか?

こないだ 能-BOXで 仲間に会ったよ なんて

声かけたくなりつつ

ふと 馬鹿っぽい と 思ってやめた

仲間じゃないかもしれないしね(←何言ってる!?)

リハーサル越えて

2019 年 7 月 20 日 土曜日

足も頼むよひくっ!てな 痛みを 恐れていたものの

だいぶ 散り

痛みの核も ぼやけ

いい感じで リハーサル越えました

階段 ぴょんぴょんできるぞ

足上がるぞ♪

各方面からの アドヴァイス 効いてます

ありがとうございます

特に その筋の人…からだ不具合の お治しプロさんからまで!

りえさん

大谷さんはじめ

ほんに 親身になってくださったこと

骨身 痛み 心持ちに 効きまして

いよいよ本番迎えます

仙骨さん その調子で 頼むよ~♪

話し合い…みたいに

2019 年 7 月 20 日 土曜日

みえてくるリハーサル開始まで

話し合い みたいに からだを ためつすがめつ 動かす

ねぇ なにがいやなの?

…で こういうのは どうかな?

ゆるめたり

ゆすったり

動きの 可能性の 広がりと 展望

みえてくる

いいぞ

なんとかかんとか

2019 年 7 月 20 日 土曜日

しかしこのあと きしょうすけだちにからむあれこれまさかの 座骨神経さんの 反乱

ばかやろうは その痛みではなく

警告を無視したわたくしの方

すまぬ からだよ

ゆるめたり

固まらぬよう ほかのとこのばしたり

患部的なとこ 鬱血緩和自己実験的やり過ごし方にて

ゆるりのろり 動く

動けるの

踊れるの

痛いだけ

あとは 火事場の馬鹿力と 本番にほとばしる 舞台のあどれなりんどーぱみん頼む

ばんげまで対応する 副菜も こさえた(ばんげはうなぎをくうという ちちははあんちゃ)

アイロンかけたら出掛ける

…つってたら このあと 母の 起床助太刀のあれこれ はっせい

むむむ

がむばれ

現場入り

2019 年 7 月 19 日 金曜日

舞台よろしく早々と 現場入り

しかし からだの 不具合 うっすらきてて

心持ち ギリギリ歯噛み感 寸前

…いや まて 落ち着け

だいじょぶだ なんとかする

そんな朝でした

いまは いい感じだぞ

ふぁいっ

不毛なことなど

2019 年 7 月 19 日 金曜日

深海魚分類して71個

金曜(もう 今日ですわね)リハーサル

20日(土)本番 2時から と 5時から

戦災復興記念館

ジャズダンススタジオグァテマラさんの舞台にて

アナウンスと

サンバの曲で 踊りっぽいパントマイム!?と

紗世さんと タップですだ

保育仕事 終了近くに ねむねむの波 やってきてて

体力落ちてるなぁ

たまった疲れが ぬけてないなぁ と

ひしひし感じつつ

帰宅後

リハーサルに 向けて 準備…というよりも

体力温存 と 称して

不毛なことをしてみる

魚の形の菓子の 分類

んでもって そのまんまうたた寝して

あんちゃから「ちゃんとしたとこで寝ろ」と たしなめられる

かくいう あんちゃも ちどごろ寝してましたけどね(母の 夜中の おしっこ助太刀 まるっとまかせっぱ…すまぬ ありがとう)

よりたのしく弾けるために 本日も張り切る♪

期待に応えない

2019 年 7 月 18 日 木曜日

アボカドお子たちからは

「くだものかいだん」コンプリートのための パイナップルか

『まどのむこうのくだものなあに』の 話題集中 ざくろ…てのが

緩いリクエストだったものの

どちらも お昼寝時間内には 無理そうだな…と 挫け

己の好きな色を塗りたい…てことで

アボカド

期待に応えないで すまぬ

パイナップルは 次回…かなぁ?

支えてくれたもの…重箱の隅的

2019 年 7 月 18 日 木曜日

ぺろん とかぶせて着脱快感

本来 能舞台を 踏むには

綿の足袋ではないといかん らしい

まぁ わたくしは いつも 用いているので 違和感はないのですが(よく ナイロン足袋も履くけどね)

妄りに素手で ベタベタとさわってもいかんらしい

先日の パフォーマンス主催は

普段 足袋履きでない ART23さん

足袋履いてやるか…という話にもなったものの

やはり それでは イメージと 違う…てこともあり

linoleumシート敷くということになった

父曰く「linoleumて 油の一種だべ?そんなの敷いていいのか?」と もと 油(石油関係)業界いたものらしいこと呟いていた

ま それはさておき

linoleumシートを ビニールテープで 固定して

端っこ 捲れないように 木材を置き

さらにそれを ごっつり重い 鉄の重りで 固定する

その 重りのカバーが

着脱快感…カタルシス感じるほどに 被せやすい 外しやすい サイズのもの

感動的であった

舞台を 支えてくれたもの…重箱の隅的ですが

こんな 素敵なものと

それを 考え 産み出してくれたかたへ

感謝!

手元から離れてから

2019 年 7 月 18 日 木曜日

もも絵を描く…というよりも

色と 遊ぶのが 好きだ

絵は 描きたい思いが みりみりにあるのに

思いと 表れたものの ギャップが おおきすぎて

うなだれることも多い

ギャップを埋める 努力精進を 怠ってるからなのでしょうけどね

ちょろ ちょろでも

ゆるゆるでも やり続ければ いつかは…なんてことも 諦めずに思ったりはしてる

昨日の 保育園 壁絵

思うように 色が乗せられん とか

こんなんじゃないよな とか

本物じゃないにしたって 嘘くせぇ

時間があまりなかったせいもあって

じりじりもやっとしたまんま 手離した

貼ったあと

ああぁ と 項垂れた顔あげたら

あれ?

さっきの 印象と違う

行こうと思ってたのに 遥かに 届かないもの…と 思ってたけど

近づいてはいたんだね てな

ちみっとだけ 好印象

なんだか変な気分

技術とか 納得とか いつも 遠いところにいて

見えてないんだなぁ

心も老眼進んでる?

パントマイム作品も

己のなかで ぐにぐにしてるうちは

なにやってんだばかやろぉ!と 思うけど

舞台にのせて 人に届けようとして

受け取って投げ返してもらって やっとこ

輪郭の 片鱗が

うむ と ほんの少しの納得を 湧き出させてくれるとはいえ

絵は なんだか まだまだまだまだ 距離のとりかたが わかってないなぁ

でも お子たちはいつも 寛大好意的で

「あっ♪もんももんももんももんも~♪」て

リズム遊びでいつもやってる「くだものかいだん」の はじめのやつ 歌い出しながら よろこんでくれて

ううう がんばってまた 己の思いの発露と うけをねらうよ とか

ちみっと すけべごころとともに 決心など…

名前連呼うるさい

2019 年 7 月 18 日 木曜日

ちょうちょみて くーるだうん三十年ほどまえ?

角田の 市議会議員選挙で 選挙カーに乗り込んで 喋る

所謂「うぐいす嬢」を やったことがある

細々と規定があり

幼稚園や 学校の近くでは 喋っちゃいかんとか

対立候補の車が来たら「○○候補の ご健闘を お祈りいたします」みたいなことをいうとか…これは規定じゃないか?

一騎討ちの時はどうすんだろ?と 思わなくもなかったけど

まぁ そこは 建前だけでなく

お互いおんなじ身の上がんばろな…てな 同志の思いもあったかな

まそれはさておき

本日 仙台の 保育仕事にて

お子たち すやすや お昼寝時間に

すれすれのとこ 大音量で名前連呼

よくあるにっぽんのせんきょ風景だとしても

いつにも増して 腹立たしい

学校とか 幼稚園とか 保育園とかへの 配慮って もうないのかな?

規定が変わったのかな?

小規模だから把握してない?

「ぢろうぢろう」 連呼 うるさい

なにしたいのかわからん

したいことは 別の場で 言っておられるのでしょうけど

子育て支援も うたっといて 配慮足りなさすぎ!

選挙カーは別とか 想像だにしなかった…てなあたりかな?

些細なとこへ行き届かぬ

選挙の時ばかり美しげなこと 触れ回る

おのれらだけが「自由」勝手する 「民」意無視のやからがおるとこ

置き去りにされる人を 出し続けることで有名な でかいとこ後ろ楯の人だから 余計に腹立たしいのかもしれんけど

やはり 嫌だな…と

しみじみとおもう

煮え煮えの 思いを

しじみちょうさまみて くーるだうん