豊穣庵 点景 その2

美しい所作縒り方が それぞれ反対惚れ惚れ美しき麻草履

投稿が 時系列でなく

あちゃこちゃ とんでて すみませぬ

豊穣庵「らくいちらくざ」

それぞれの魅力的なブースめぐり

麻草履の方

豊穣庵で 収穫された 麻かな?

麻を 縒って(綯う…というのか)紐をこさえなさったり

それにて 麻草履を 作っておられるかた

昨年の収穫祭の時も 麻草履 触らせていただいて 惚れ惚れしちゃったけど

縒って おられるようすは また 格別の 美しさ

草が 形を変えて 用いることのできるものへと生まれ変わっていく

霧を吹きながらの 縒りなのだけれど

本来 米の磨ぎ汁がよいのだそう

しかし磨ぎ汁の糠の沈殿が河川の汚染の原因のひとつになると聞いてからは

EM液の 薄めたものを 用いておられるそう

些細なことを 流さずに よりよいことへと 移り変えてゆく

その心意気も 素晴らしいなぁ

心引き締まり 背筋のびるおもい

今回も 懐事情により 手に入れるのは 断念したけど

いつの日にか お迎えできたらいいなぁ

そんな 丁寧語を 使いたくなる 逸品

うちにある 麻で 縄を綯ってみたいな と ふと 思ったものの

台無しに しそうなんで

今はやめとく

この投稿は 2019 年 5 月 12 日 日曜日 20:33 に だれかのさくひん カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ