2019 年 4 月 のアーカイブ

みんなみんな しあわせになれ

2019 年 4 月 30 日 火曜日

みんなしあわせになってください「幸運は 独り占めするより わけっこすると 何倍にもなるよ」

小学生の頃

言い伝えみたいな

伝説みたいな話を

しれっとした顔で

まことしやかに 語る「うそつき」だった わたくし

でも そのことは ほとんどの人には バレてなくて

それどころか いくつかのことが 驚くほどに あたったりして

「あやぼうすご~い この間のこと ほんとだったね」とか

いんちきトランプ占いが 当たって

われもわれも と よくしらない子まで 占ってほしい と やってきたことがあった

内心 焦っていた

でも 占いについては 大抵のことは 話をしているうちに うっすらと浮かぶもので

その人が うれしがることと 現実の あいだっこのことを

ひつふたつ ひろって 伝えていたにすぎない

でも 上記の言葉「幸運は…」てのは

あるとき 思い付きでいって「驚くほど」の その先 よろこんでくれるひとがいた

自分も 実感として受け取ったこと

今は うそんこでなく 本気で そう思うようになったこと

ある時 占う とか

「見える」ことを 仕事にしている人から

「あなたは本当は見えるはずの人…でも それを仕事にしないのなら 見る訓練をしない方がいいのかもしれません…創作の邪魔になることもありますから」と 言われた

ちょっと 分野は違うけれど

心理学や 精神分析に 興味を持っていたときも

故 河合隼雄せんせいから

「創作なさるなら 精神分析とか 受けすぎたり 学びすぎない方がいいですよ わかんないこと 妄想想像膨らませる方がいいんです…ものがたりとしてうまれなおせますから」というようなことも 言われた

もやん とした

わかるような わからないようなこと

何かの 声みたいなもの

神憑り的に 伝えるのではなくて

なんかそんなことあるみたいよえへへ♪て 言ってた方が

受け取ってもらえるよなぁ てことも しみじみ思う

で 何倍にもなってほしいから…てな 己のよろこびのためだけではなく

本気で みんな 幸運♪て 思えることに出逢ってね~♪と

願いなど込めて

さっき 病院の駐車場横で見つけた 四つ葉のクローバーを 貼り付けてみる

はっぴ~ご~らっき~♪

病院内 はしご

2019 年 4 月 30 日 火曜日

待つ父の 診察

病院内 はしご

いつもは 送ってくるだけなのだけど

今回は「ずっと ついててけろ」とな

なんか 重要な回なのだっけ?

呼吸器科のほうか 泌尿器科のほうか…どっちもだったっけ

笑っちゃうくらい 覚えてない

レントゲン室に 送り込み

なんか助太刀しなくちゃいけなそうだったのに

あまりに もたもたしてすぎてたからか

「あっ…廊下で待っていただいて 大丈夫です」と 言われてしまった

まぁ 車椅子に乗ってたとて 父は 着替えとか 自分でできるしね

初めて会う 語尾 笑ながら 掻き消えるように喋る お医者に

何でそうなるのだろう?と まるで睨むように 見入ってしまって 申し訳なかったりもしたが

悪気ではないことはわかる

伝えねばならんことが浮かんで お話もできたし

大丈夫だ

ひとつひとつ

知恵と 感覚と

2019 年 4 月 30 日 火曜日

枇杷の実枇杷の実

着々と 準備中

さぁて これからは 生き物たちとの

知恵と 感覚との 勝負だぜ なんて

鼻息荒くしてる わたくしの前で

どこ吹く風

ここ吹く風に 揺られながら

おのがみちをゆくいのち

気高し

わざわざ選ぶのか

2019 年 4 月 29 日 月曜日

和薄荷庭の 和薄荷

柔らかな土のとこにおったはずなのに

踏み固められた 通り道になってるところから

にょき にょき と 出てきている

わざわざ選ぶのか ここを!?

植え替えようかと 思うものの

そんなことしなくても

きっと そちこち 出ては

そこなりの 生き方をするのだろう

その頼もしさに ゆだねることにした

見習おう とか 思う

いのちのうただ

2019 年 4 月 29 日 月曜日

胡桃の花だしゃららん

音にならない 声を 聴く

胡桃の 花だ

いのちのうただ

風にのって

ふりそそいでくる

「よろこべ おまえも いきている」と

いのちの まなかの「命(めい)」を

思い出させる

光に向かう

また ふみだす

薫製きょうだい

2019 年 4 月 29 日 月曜日

大にぎわい飲み物は水だけにしました待つやっと座れた燃やす

墓参り後

きょうだいふたりで 出掛けられる なんてのは なかなかないし

せっかくだから どこかさ行くべか

ただし ちちははデイサービス帰って来る時間まで 家に戻れる…の 条件に叶うとこ…と

何食いたいか 希望あったら そこへ連れてくでぇ と あんちゃに 訊いたら

「ジンギスカンかなぁ」ですと

今まで 連れてった「なるせ堂」も「慢瑤茶」も「とんかつふじ」も 大ヒットだったけど

「どうせならいったことないところ」てことで

ちょいと検索

なかなか 条件に叶うとこにいきあたらず

ジンギスカンでなくても

肉を焼く…てあたりに スライドして行き

とんとんの丘 もちぶた館へ

第三駐車場まで にぎわいわい

…そうか 今日は 連休の真っ只中なのだな

誘導員さんに とめられ 暫し待てなのかと 思いきや

車椅子マーク 貼り付けてあるもんで

「お身体 不自由な方 乗っておられますか?」と きかれた

あぁ 本日 乗っておりません と こたえたら

第三駐車場まで おすすみくだされ とのこでした

なかなかに こまやか 素敵な対応でありました

バーベキューは 結構すいてるみたい♪と

待機リストに 名前書き込んだものの

すいてるとみえたのは

予約席だからで

よくよく見ると お外の 食事可能テーブルは いっぱい

時間制限ありは 食べ放題コースだけで

あとは 時間制限無し

食べたあとに そよ風に吹かれながら 飲み物飲んで お喋りして 和んでる方も結構おられて

回転がいいわけでもなさそうで

むむむむむ

座って待てるようなところも そんなになくて

連休の 大混雑に それはちと 酷ではないか?

年配の方々も たくさんおられるぞ

…そんなこと

あんちゃと二人

しゃべったり

しゃべらなかったり

ぼんやりしたり

次はどこが空きそうか 予測してみたり…

途中 もうやめて帰る?と 訊いたら

「どうしてもここで食べたい て わけではないけど 途中でやめて帰るってのも なんか 悔しいよね 急ぐわけでもないしね」というので

うむ わたくも おなじような 気持ちだよ と

なんもなし…なる 一見 無駄と 思えなくもない 贅沢な時間を きょうだいふたりで ぼう と 一時間五十分ほど 立ち尽くしてみた

それでも どうにかこうにか 呼ばられ

席につくと

がんがん 焼きまくれる 火力の炭火が運ばれてきて

あわわわわ!と 焼いたり燃え上がらせて焦がしたり食べたり

慌てて乗っけなくてもいいのだろうけど

のんびりしすぎると 焼けなくなっちゃうかな?とか

まだまだ 待ってる人々いるよな とか

食べるを 楽しむ ということ以外のことばかり気になり

あたふたしてしまった

まぁ そんなこんなが楽しいイベント食事…かな

後半 ほぼ 炭味だったけど 堪能いたしましたる

きょうだいそろって 燻製

二人だけで 特別な思いしちゃったなんて ちちはは面白く思わないかな…なんて 後ろめたくもあり

土産物を 奮発

ばんげのおかずに もちぶた館の お惣菜 厚切り豚カツなど 買いましたる

久しぶりの 分厚い肉に 父 にっこにこ

うちで 落ち着いて食べると

肉の 脂身の 甘さがよくわかった

「平成最後の食事 あともういちにちも んまいもの食うべ」なんて 調子にのってた

まぁはなにはとあれ

よかった

明日は 1日がかりになるか?てな 父の診察つきそい

心身燃料充填完了…てな感じかな

きょうだいで 参る

2019 年 4 月 29 日 月曜日

きょうだいまいるばあちゃん 命日

ちちはは デイサービスに 送り出してのち

あんちゃと 二人で お墓へ 参った

やはり スギナの原っぱの真ん中にたってるようなもんだから

スギナ冠に 囲まれてた感じ

春のお彼岸に だいぶ深くまで 掘って むしったのだけどなぁ

すごいな スギナ

お彼岸のときは スギナというより 土筆で

それ 摘んで帰って 炒め物にしたったんだよ と 告げると

「え~!?やだ 毒じゃないの?」などと あんちゃ

スギナも摘んだやつ 茶にして 飲ますか?と 言ったら

かぶせるように「やめてください」言われた

昔 糖尿にいいとかきいて せっせと摘んでは

ばあちゃんに飲んで もらったっけな

また 草冠になる前に 来なくちゃね と

あてにならないこと 浮かべて

手を合わせた

おだやかなひととき

ありがと~♪

たのしいやさしい

2019 年 4 月 29 日 月曜日

いい本だ朝御飯の支度などしながら

合間 合間に『イモムシの教科書』めくる

著者の 安田守さんも

イモムシ苦手であったとな

前書き読みながら

おんなじおんなじ などと 共感してしまったり…

研究者ではなく 一イモムシファンとして 書いておられるからか

読み口 たのしくやさしい

欄外の 一言二言も

虫探しみたいに うきうきする

イモムシファンも

まだまだ苦手さんも

手にとってほしいなあ ~♪

「飯台で 読まねぇで くなぃん」と ちちははに 言われながらも

あんちゃが 初めて勤めた会社の本だでば…などと

こたえにならぬこたえをかえし

にやにやにやにや

合体

2019 年 4 月 29 日 月曜日

アク抜き筍とも合わせたい

朝採り 蕗

アク抜きも 早々に

昨日のばんげの 玉蒟蒻を 短冊切り…よりか ちっこいから 付箋切り?にしたものと

生姜とあぶらーげと共に 炒めた

味付けは 蒟蒻の 煮汁(うっすら出汁味つき)に

醤油と 甜菜糖 加えた

玉蒟蒻 単体は あんちゃ 食べないので

こうすりゃ すべて 丸く収まる…かな?

筍とも 合わせたくなるなぁ

春のご馳走

ばんざい

初蕗

2019 年 4 月 29 日 月曜日

いっきにつみとらない今年 初

蕗採り

あぶらーげと 炒め煮かなぁ

毎日楽しめるように

ちみっとずつ

この季節だけの お楽しみ