血塗れつつ 継ぎ接ぎ

手にも刺さりました

手にも刺さりました

はめるばかりにはずしたはみるとんちゃん血を流しながら 縫ったよどうにかできたはめたよ

ベルトが 壊れてから 何ヵ月も つけぬまんまでおった 機械式時計 はみるとんさん

やっとこ 修繕に 着手いたしましたる

修繕といっても

かなり 適当に 革を 切りはぎ縫いしただけ

フランケンシュタインとか ブラックジャックなど ふと 浮かべる

やはり 雑適当なもんで

おっこりゃいいぞ♪と 思っても

そう簡単に 素敵なことにはならず

なかなか刺さらぬ 針が

むしろ 刺さってほしくないとこ(指とかね)に 刺さったりとか

太くて入らないとか

嵌めたら最後 永遠に外せないのでは?と 思ってしまいそうなきつさとか…

血塗れて

どったばた

でも なんとか かたちになりましたる

そのうち もすこし馴染んでくれるであろ

不格好だけど 愛着 増し増し

これからまた よろしくね

この投稿は 2019 年 3 月 27 日 水曜日 04:51 に ブログ カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメント / トラックバック 2 件

  1. えり より:

    お久しぶりです^_^
    毎月発売される公募ガイドという雑誌知ってますか?
    川柳や俳句や短歌なども色々ハガキで応募出来て、商品をもらえたり、雑誌に掲載されたりします。
    締め切りもあるので、生活にメリハリが出たり、やる気が出たりしないかなあと思いました。
    私も応募して、掲載されたので嬉しかったです。先月は5枚も応募しました。
    五十鈴おばちゃんはもしかして知ってるかな?

    • bunbun より:

      ありがとう
      あったね その雑誌 知ってる(母は知らんかも)

      東北アララギ会『群山(むらやま)』という短歌の会員にはなっていて
      幸い 投稿すると 毎回 採用してもらってるのだけど
      その締め切り 四苦八苦したり
      うっかり わたくしも 忘れて 原稿書き けしかけないうち 締め切りすぎちゃって 落ち込んだり
      「もうやんだぐなる」なんて 弱音はいたり…

      それでも なんとか つながっているの

      NHK短歌にも 前は 投稿してたけどね
      今は『群山』で 精一杯かな

コメントをどうぞ