2019 年 3 月 3 日 のアーカイブ

「違う」の根っこ

2019 年 3 月 3 日 日曜日

かあああぁ!それ違うよ…て 言いたかった

でも 世間的な 間違いとも違って

簡単に言えば 記憶違いなだけで

違ったことで その人が 恥をかくようなことではなくて

ほっといたって 誰にも 迷惑がかかることではないのだ

じゃあ なんで わざわざ「違うよ」て いいたくなってるかというと

自分の中にある 忘れられぬ やさしく あたたかな思い出の内容とは「違ってるよ」て ことなんだ

記憶違いでしかない

でも 事実のすげ替えから かなしい気持ちが生まれた

その根っこには

大切な思い出が 踏んづけられた感じ

自尊心が踏んづけられた感じ

あ ぁ

自分かわいさがあるんだなぁ

人のためでなく

自分のために「正しい」ことを いうほど

自分を大切にもできなくて

口ごもった

すべてをないがしろにして 何になるのだろう

もう少し頭を冷やしてから

ないがしろにならないように

ことば を えらぼう

からすの声を真似て 一声 発生練習などしたりして

今年は行けるかな

2019 年 3 月 3 日 日曜日

みにいこう行きたいけどなぁ て ぼんやり 思ってて

行けちゃうこともあるけど

概ね

あっ と 気づいた頃には 事が終わってたりもする

今年はそういうことを少なくしたい

ご縁あって 関わりをもったのに

こことこごぶさたしてた イスラームのことも

改めてちゃんと見聞きしよう

アラビア語レッスン 12回(12時間分)も 振り替え可能なんていっていただけて(普通そんなん 休んだら 無効か 退学だべ)

今月から 改めて学び直す心構えだ

心許ないが宣言しとく

イスラーム映画祭も 行くぞぅ!

無心になれない

2019 年 3 月 3 日 日曜日

なにやってんだ?ちょいと むむむぅ と 思うことがあり

よろしからぬ ぐろぐろとした思いを 手離したくて

全くもって 必要でもなんでもない行為に 没頭すれば 無心になれるかと

編み物をしてみたものの…

いかん

これは 以前 痛感したことなのだけど

わたくしは 編み物においては

うきうきのときは うきうき増幅されるものの

ぐろぐろのときは 更に煮詰まってゆく傾向があるのだった

無心になれない

でも 単調なリズムじゃないものを こさえれば

ぐろぐろネガティブループも どこかへいってくれるだろか

…なんつってたら

結局 わけわからんもの 作り始めてしまったりもして

用いてた 毛糸も 切りよく なくなり

やめることができた

いや ぐなぐなきもちが なくなったわけではなくて

いろいろ疲れたので

とっとと寝ました

寝るに限るわな

難儀(自分が)

若冲

2019 年 3 月 3 日 日曜日

若冲展若冲…これを

「じゃくちゅう」と 読むことを知ったのは

つい数年前なのでした

まだまだ そんなことば あるんだろうなぁ

江戸中期の人なのに「伊藤」さん なんて

ちゃんと 名字名乗れてたのって

優遇されてたのか?

ほんっと なんもしらんですが

東日本大震災復興祈念展(福島県立美術館にて 3月26日から)

いってみよかな て おもってたとこ

ひかえおろう

2019 年 3 月 3 日 日曜日

生命力をいただく昨日

にょにょにょにょにょにょにょにょにょ~ん!の 馬鈴薯芽出しさんたちを 畠に 埋めるとき

居残り 馬鈴薯の他

掘り残しヤーコンらが

まだまだおるでぇ と

ぞろぞろと出てきた

寒い日々も ひたすらそに 控えておられたのだな

そんな すんばらしき 生命力に

わたくしは 控え居ろう…な 心持ちになるのでした

後程 ありがたく いただきます

わしもがむばる

2019 年 3 月 3 日 日曜日

ぐなりだいぶしゃんとしたね今朝の しゃん

木金 不在にしただけで

台所窓辺しげしげさんの一員 芹らが

ぐなり と なっとった

冬場より 水の吸い上げが 素早くなってる

春なのだな

夏場 不在にするときは あんちゃに託していくようにしてたのだけど

油断しとった

すまぬ

謝りながら 水を注いだ

翌日には ぐなりさんたち 首?を もたげてきて

たちまち しゃんとなった

いつまでも ぐなぐなしてられないよな

わたくしもがむばる なんつって

また なぐさめられてる

ありがとふ