2019 年 2 月 のアーカイブ

気張ってるわけではなくてね

2019 年 2 月 22 日 金曜日

豆ばうるがすてミキサーにかけて煮て濾しておからできた

「わざわざ 豆から おからをつくるなんて!」と言われ

いや…もともと 豆からできるわけだし とか

相手の 思惑と ずれた応えなどする

呆れたような 声色だった

そんなことに時間かけるなら…とか そういう辺り 言いたいのかな?と 勘繰りながらも

こだわりとか 気張りと言うよりも

物の変化が面白いから なのだもの

ほっといて

あの日のあの子も

2019 年 2 月 22 日 金曜日

来週一日で締められるか!?保育園 壁絵

あの日 庭に来てくれたあの子も 電車にしたいなぁ なて思って

禁断の ハードいもむし系…ルリタテハちゃん モデルにしましたる

描いてるとき「うわ…森せんせ それ…」と 言われ

あっこれ ルリタテハていって 毒ないやつなんですよぅ 去年うちの庭に来てくれて 羽化すると 黒地に瑠璃の差し色ある美しい蝶になるですっ!なんて

力込めて言ったりして

ははは

来週は 大空駅 親御さんたちで 締めだ

モデル…どころか やはり モロに いもむし壁絵

どこが電車だよ!?ですがね

まぁ これも ひとつの 出逢いてことで…

今日も隈無く

2019 年 2 月 21 日 木曜日

雪下ニンジンここフロストつい面倒で流してしまうこと

たくさんあるのだけど

今日も 隈無く すべて ありがたく いとおしい思いで

いきていきたいなぁ と 思う

ぞんざいな態度をとったあとの反省なのだが…

ちちははデイサービス送り出してのち

ほんのひととき の お茶時間が

やわらかなきもち よみがえらせてくれる

うん がんばれる

電車というよりも

2019 年 2 月 21 日 木曜日

ただのいもむしっぽくなっちまったおいけ駅の住人蛙きのこえきには なめたけとべにてんぐだけ

保育園 壁絵「むしむしでんしゃ」テーマ

遅々として すすんでおりますが

先週 描いたのが 電車 というよりも

ほぼ「いもむし」そのもの

一応 モンシロ号と ナミアゲハ号なのですけどね

なんてことない みどりのつぶつぶに みえるもんも

「うんちうんち」とか よろこんでくれてるから

まぁ いいかなぁ

虫リアルに かまけて

駅の 名前に沿ったあれこれを 描かずじまいだったので

昨日は おいけ駅の住人(蛙)と

きのこ駅の 主

なんだか あそびのない 直球になっちまった

あと 二回

もう一駅と 羽化まで たどり着けるかなぁ

秘密結社!?の 現場へ

2019 年 2 月 20 日 水曜日

スモークまで出たぞすてきなおねえさんととらんぺっとうれしくてしょうがなくなってるかんじれんじimg_20190219_231926img_20190219_231938かわしあうとかみつめるとかのりのりれんじ気持ちよくれんじぱん

昨日の夜は

秘密結社みたいな シークレットの 招待に のこのこと のって

めくるめく創作実験の現場に お邪魔した

ばんげのご飯もしっかり食べておったのに

行くなり 海老ドリアサービス

手製の きなこねじり

ひゃあ ぁ!

全部 うまうま♪

しかも たましひの まぐわひ的

濃密なセッション

ずっと うっとりみていたくなる すっきりと 爽やかに 美しい おねえさんが うねっている

止まり木を探す 小鳥のように控えめに…時には大胆に飛ぶ トランペット

線を引くのが 鳴らすのが 集うのが たのしくてしょうがないギター コンピューター 光…

こーるあんどれすぽんす…の 互いを聴く見る探る渡す放つ逸らす逃げるひっぱるおいていかれる

そんな やり取り 行為が ひたすら 見せるためでなく 続く

しかし 中途半端な 見て見て自意識の パフォーマンスよりも

ずっとずっと 気持ちよく 面白い

それはきっと 気持ちよく…が 内包されているからなのだろうな

あろうことか わたくしも その 渦中に うねうねすることにもなり

うわははは

気持ちえぇ♪

意味合いを 伝える動きの 探求探究が 常 なもんで

単に 動きの可能性やら 受けて応える 意味を貼り付けない 動きって

また 違う 気持ちよさ カタルシス あるなぁ

春に 生み成す予定の作品で ちみっと 滞る思い あったもんで

なんとなく そこへの風通し というか

光明にもなった感じのひととき

たのしかったおいしかったありがとう

「またあそんでね」のことばに

こちらこそっ♪て びゅんびゅん手をふった

こだわりパンやさんみたいな 手作りどっしりみっしりパンの おみやげまで

ありがと~♪

あとからじわり

2019 年 2 月 19 日 火曜日

長々がむばりましたあなご天婦羅衣は マヨネーズ入りここで寝てた

土曜日の お江戸 往復643.4キロの みちゆき

帰り道 疲れは感じたものの

ねむねむになるわけでもなく

翌日 日曜日も の~んと 過ごしつつ

滞りなく 食事の支度などに 携わり(ばんげは 天婦羅しちゃったし♪)

なんてことないわ わはははは と

たかをくくっておったら

月曜の朝 ごっつり 寝坊

万事が どったばたとなり

あちこちいったりきたり お仕事だったもんで

その運転の度に 眠気が しのびより

いやはや まいった…

夕方の 河北TBCカルチャーセンター パントマイム講座に 行く前に

ちみっと余裕あったで

駐車場にて 30分 寝た

けっこう すっきり頭になって 目覚めたとき

ちょうど? 人が通りかかり こちらをうかがっていたらしい視線を さっと外したような素振り

ははは

怪しかったろうな

座席は 倒して 寝たほうがよいかも(運転するときのまんま 座席たてて ブランケット頭から被って 腕組んで寝てた)

ことほど左様に なんとか 元気ですよぅ

みててね

2019 年 2 月 18 日 月曜日

献杯「虹の橋を渡って行く」という 言い方もあるね

そうしていってしまうとも思えない

そこいらにいてくれるんだもんな

だから

虹のベンチに 腰掛けて

ふひひ♪なんて あの いたずらっぽい笑顔で

みててよね て 思う

虹いろの ラベルのお酒で

献杯

かなしいけど

いてくれるうれしさもあるよ

負けずに 笑うぜ

まだ 涙は出ちゃうけどね

むひひ♪

う~ねうね その2

2019 年 2 月 17 日 日曜日

つららん雪掻きされて堆く

金曜日

岩切児童館ののち

あっ お山にのぼろう(車で)と

西の方へ

西方浄土寺 定義さんへ…つうか 一番の目的は

門前喫茶Norahさんで あったかスープランチ♪るるるるる だったのですが

迂闊!

お休みかどうかを チェックせずに参りましたらば

その日 お休みだったのでした

え~と

つららと 雪掻きされてうずたかく積もった 雪をみてきました

わ~い

おうちに帰ることができるほどの距離

ドライブしたと思えば なんてこたぁ ないやい(強がり)

ま なんというか Norahさんとこの 美味しい食べ物のみものと

三塚さんはじめ

スタッフのみなさんの ふかふかくすくすうきうきしちゃう 素敵さが すんごく好きなので

こんなことに 懲りずに

また 近いうちに 来ますとも

金曜日の う~ねうね その1

2019 年 2 月 17 日 日曜日

みかけは ささやかだけど段ボール絵ナイスかっちょええ崇ちゃん隊長と つんつん仲間にはいる(むりやり)荒井良二さんの絵ちらし

ここ二日

もんのすごく 車運転してた

昨日のことで いっぱいいっぱいだったので

投稿お預けにしてた 金曜日の できごと

まずはじめに目指したのは

来週の土曜日に 呼んでいただいた 岩切フェスタの 打ち合わせと言うか 顔合わせご挨拶のため

岩切児童館に

かつて さとうゆみさんの パントマイムワークショップきっかけに繋がった 館長 崇ちゃん隊長(勝手にそう呼んでた)

でも 実は 尚絅女学院短期大学保育科の 同窓生であり(素敵に しっかりしてるで 先輩かと思いきや ずっと後輩なのよ わはは)

記念行事で パフォーマンスさせていただいたとき 実行委員で いらしたのですて

しかも どうも 二十何年か前の 横田やさん主催の こども学フォーラムでも 居合わせていたらしい

改めまして ぐるりと結ばれたご縁に感謝

打ち合わせとかいいながら

こぢんまりとした 建物なのに 濃密に濃厚に 深く広く 手を 目を かけられた わくわく空間 岩切児童館の 素敵さに 惚れ惚れうきうきしちゃって

密かに はしゃいだ気持ちになっちまってた わたくし

そわそわ きょろきょろして とっ散らかったことばかり言って ごめんなさい

でも こんなふうに お子たちと きっちり向き合い…しかも 多分 楽しむ心を持って取り組んでる素敵な大人たちがいるってこと

とてもとても うれしくて 勇気が湧いてくる(こどもの立場か己は!?)

そんなとこに 呼んでいただける光栄 噛み締めておりましたのよ

よろしくお願いいたしまする~♪

素敵ご飯というと

2019 年 2 月 17 日 日曜日

すこやかおいしい昨夜「残念ごはん」なんて 失礼なもの言いしてしまったけれど

たとえば 一昨日の 昼食で いただいた 南仙台駅近くの「ナトゥーラ」さんの 食べ物とかは

「健やか素敵ごはん」と 思うのでした

素材の作り手さんの顔が見える 健やかな食材を

美味しく届けられるように 丁寧に…といった感じ

口に含むと

からだ中の 細胞核が にこちゃんマークになる感じ

そうして 気持ちも にこにこしたくなる

そういう食べ物を

食べ方をしてゆきたいよなぁ て 思うのでした

豆乳味噌スープや

パスタで 仕上げに さっと かけるのか

とけてなくて かりりっ と 歯応えが楽しい 塩

うちでもやってみよう