新宿檸檬

新宿檸檬抱え続けていたものは

時間をかけて 自分で熟成したもので

そう やすやすとは 手離せない

…と 思いきや

一瞬 笑った 隙に

転がり落ちて

消えた

生身で 生きていこう

一人考え込まず

出逢っていこう と 思う

顔をあげたら

檸檬

新宿

なんだか 酸っぱい気持ち

でも すっきり 晴れた

空と

手の内と

この投稿は 2019 年 1 月 11 日 金曜日 13:43 に 言の葉 カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ