2019 年 1 月 2 日 のアーカイブ

うんこじゃない

2019 年 1 月 2 日 水曜日

SIENNAうんこ色!?

色入れしてて

なんだか SIENNAの いろのせいもあるけど

うんこみたい とか 思い

いやいや 全体の色が入ったら

そんな風に 見えなくなるであろ と 思い直すも

ふと「森のことだから うんこだろ」の 言葉を 思い出したりもして

くくく…

一枚 2秒くらいで できるのに

こうして いちいち 思い出したり 耽ったりするから

すすまないったら…

あと 400枚(一色目なだけなんだけど)

色入れしたら やめにしようかな

ゆるるん

呑んじゃったけど

2019 年 1 月 2 日 水曜日

呑んだ乾杯だ酔っ払ったがもすこしがんばる

そういや 元旦は 呑んでなかったぞ

今日は 呑んじゃえ と

ばんげ お支度 がてら

ヱビスさまと 親戚 新澤さんとこの お酒

くぴっ と やっちまったものの

いやまてよ お年賀 一色くらい 色入れせんと 年度末過ぎてしまいそうかも と

思い直して

褌の紐 きりりりりっ と 締め直し

しかし きつく締めすぎて

びびび と すこぅし 裂ける音

くうぅ 大分前に 仕立てた 褌だもんな

も少し時間に余裕できたら 褌も 新調せねばな

そんなこんな

酒で 裂けさすなさけなさ 振りさけみれば 東たる月

締まらぬ わたくし

さぁて やるかぁ

美味しく召し上がれ…とはいえ

2019 年 1 月 2 日 水曜日

伊達巻残り二つほうれん草でもゆでてもちろんみこちゃんとこのみそだ

御節って 三ヶ日 もたせるんだったよね

量が少なかった…て ほどじゃないにしても

どうも とっととなくなってる

思いの外 好評の 伊達巻

「もすこし甘い方がいいなぁ」とか いわれ

今朝 急遽 作り増し

しかし 瞬殺

美味しく召し上がれ とはいったけど

夜までもたんとは

複雑

今日は なんもやらんぞ とか思ってたのに

結局 あれやこれや作ってる

あとは ほうれん草でも 茹でて

あっ 味噌不足気分だから(雑煮は 醤油味)蒟蒻でも茹でて 甘味噌つくって食うかな…んでもって 呑んじゃおうか

…本日から お年賀 色入れのはずが

全く 着手してない

まぁ いいか…

てれんてれ~ん

ときどき雲を仰ぎて

2019 年 1 月 2 日 水曜日

寒いのに咲くんだなちょとだけととのえる雲が流れて行くのが写る(わたくしも映ってる)あんこもちやっとついたみあげるあおぎみる

じいちゃん命日

二月末まで 水道は 止められておる

雪混じりの風

しかし 西洋蒲公英は 咲いていた

濡らした雑巾を持ってきて よかった

なかなかこられなくて すまぬ とか

なかなか やさしくできなくて すまぬ とか

あれとか これとか ぶつぶつ一人呟きながら

墓石 拭いたり

墓石周り 草 抜いたり

じいちゃんの好きな あんこ餅 作ったんだよ~ て 供えて

なかなか 火が 点かない線香と 格闘して

鼻水やら 涙が出る頃に

どうにか 火がついて

うん がんばるよ なんて

なんだか 転じる心持ち

雲が流れてゆく 空 仰ぎながら

帰ろう

手慣らし

2019 年 1 月 2 日 水曜日

書き初め

かつては「墨を摺る 静謐な時間が好き」といってた母だけど

ちみっと いやいやながら風に

墨を摺る

鬼娘 わたくしは そこんとこは 手伝わない

ひとつ

ふたつ

自分の 詠んだ歌を書いてから

たからぶねの 歌を書く

書くリズムは 衰えていないよ

墨を摺る 舟を折る

2019 年 1 月 2 日 水曜日

墨を摺る 舟を折る本日は 初めの日

墨を摺る

舟を折る

初夢を見る

なかきよのとおのねふりのみなめさめなみのりふねのおとのよきかな…は

やはり 母に書いてもらおう

朝の食事が終わったら やれるように

整える

あらかじめ 宝船を折ってしまうと 書きづらいのだった!

慌てて 一つでやめておく

おっと じいちゃんの命日ぢゃった

穏やかな 正月

相変わらず 小出しに とてぱた