2018 年 11 月 14 日 のアーカイブ

「肉不足感」

2018 年 11 月 14 日 水曜日

おふかす煮えてないうちも んまい朝はシンプルにころっけさんまこげこげ裏返すと目立たない味噌甘酒マヨネーズ下茹でよるまでにもっとよくなる

父 退院後の食事

制限もないのですが

かつて 痛風だのやっとるので

生活習慣病 気を付けつつ

おいしくたのしくまいろうと 思う

それぞれバラバラの好み 森家

満足感 それぞれに…と 思って

ついつい 並んでしまう 惣菜の数々

メインのおかずは 退院した金曜の夜は トンカツ

翌日朝に おふかす(お赤飯)炊いて

昼は おいなりさんやら

夜は 秋刀魚

翌日は 早朝から出掛ける てんで 朝のうち 一日の段取り(夜は 金山の豊穣祭りで 買った コロッケメイン)

月曜の ばんげは ハンバーグ(支度中に あれこれよばられ 思いっきり焦がした)

火曜 ばんげ 秋鮭の 味噌甘酒マヨネーズ焼き

ふぅ…

未だに 己の食事の支度が ままごとにしか思えないのだけど

続けてかくと なんかちゃんとしてるひとみたいぢゃ

たぶん ちゃんとしてる人は

いちいちこんなこと書かないけどね

んで ここまでやって 父の感想「足りねぇ…肉が」と きたもんだ

倒置法てことで 多少 おだって言ってるのだろうけど

このやろぉ と 秘かに 闘志燃やす わたくし

昨日の夜から下ごしらえして

豚の角煮で 勝負だ(…闘いなのか?)

「足りねぇ…肉が」 なんて もういわせないかんな

しかし 煮込みかたに関しての なんにゃらか ありそうだけどね

肉の厚さに 免じて よしとしてくれ

10年くらい前 大腸癌手術に むかう父を 見送ったときのことを 母が詠んだ うたは

「『治ったら豚の角煮を食べようね』手術に向かう夫に娘の云う」

…だった

今回も そういや いったな 似たようなこと

食欲に 力づけられてる と 思う

よろこんでくれるなら と こちらも 力づけられてる

たべもの ありがとう

食べたいと思えるものたちあってくれて ありがとう