2018 年 11 月 のアーカイブ

やるさやれるさ

2018 年 11 月 18 日 日曜日

これからきりぬくえぇ わたくしから いいましたとも

30枚くらい なんとかします

お世話にもなりましたし

形ばかりでなく

いつもありがとうございますの気持ち 伝わるようなカードを…てね

本日 午前中に うちで ある程度 すすむはずだった 財団ご奉仕作業

なんだかんだと 呼ばられ 出動し

手つかず

でも まぁ 父も母も 怪我なく ある程度の満足いく 過ごし方ができたようだし

これから明日にかけてやればいいだけだ

やるさ

やれるさ

そう大したことでもない

流れ作業手気にならんように

丁寧に

気持ち込めて やろう

まず 珈琲でも 淹れてくっかな(こういうことばっかりすっから 時間かかるわけなのだが)

先週の事~豊穣の しめくくりへ~

2018 年 11 月 18 日 日曜日

餅もつきましたうたいお堂の辺り山伏「いとうくん」たんぼにかえるミュージシャンむっちゃんもちをつくいとうくんと えかきたかくさんむすめおねえさんたちも もちつき蕾♪さんとこの かわいこちゃんまばゆい林檎林檎を磨くと幸せになるのだしあわせになるのだよつぼみさんとこのみんなたしい広島焼き蘖のもとに梅原愛子さんのおどり楽隊むっちゃんもおどるここぶるーらいぶ米粉のお菓子と 枇杷の葉茶焼き菓子 蕾さんまたまたおどるかけまわるまたうまれるたのしいねええぇ入れ墨ならぬ入れ泥豊穣なるみやげ の かずかず

もう一週間経っちゃった

わたくしの 勝手なる「ただいま」の場所のひとつ

那須町「豊穣庵」

そこでの収穫祭

ことしも参加させていただきました

昨年 いつも 祝詞を あげておられたかたが 諸事情で参加できなくなり

よっちゃんから「あっ 森さんよかったらかわりに奉納舞いやってくれない?」なんてなことからはじまった

収穫を よろこび 感謝するに わたくし しゃしゃりでて ぢびたのかみさまおこらないかな?なんて

どきどきだったのに

怒られるどころか

「また来年もやってね」の おことばに

しれっと 乗っからせていただきました

今年は 前もってのおはなしがあったもんで

なんとなく あの田圃で~♪の 映像みたいなんが ふわりふわり うかんだなかに

ことばというか 謡いみたいなんも 浮かんだもんで

それもやらせていただいた

「僭越」とか 思わなくもなかったんだけど

そこに向かって注がれるようなものの勢いに任せた

急遽 棟梁むっちゃんさまに「五穀豊穣」の 五拍子リズムお願いしたのに

快く受け取ってつとめてくださって

支えられましたる

山伏「いとうくん」も おられたので

ちゃんとしたお祓いもあり

茨城から駆けつけた「愛子ちゃん」舞踏もあり

しかも 思いがけぬ 即興舞踏コラボ させていただいて

気持ちいいやら!

地と共に 生きている いかしていかされて暮らしている よっちゃんかっちゃんの 豊穣庵には

優しい健やかな人たちばかりが集まってくる

おいしかったね

たのしかったね

しあわせだね

またね て

みんな笑ってた

ざくざくと 写真ならべちゃったけど

いちまいいちまい 得難い瞬間

眺め直して

また あらためて じんわり温かいもの こみあげる

踵の皹に まだ あの日の 田圃の 泥の色

入れ墨ならぬ 入れ泥

それもまた うれしがってたり…

田圃出店は

焼き菓子 蕾さん

おうちパン オブ&ポートランドポートブルワリーさん

棟梁むっちゃん一味の 広島焼き

山形の朝日町から 果樹園 木楽さん

麻で 草履 編み上げておられるかた

お名前うかがわぬまんまの ゆくゆく 米粉や アレルギーフリーの お菓子やさんやるかも…の かた

ほんっとに みなさん すてきでありました

最後に 謡いの 概ねを(言い回しが若干違うところもあったかも)↓↓↓↓↓

「豊穣庵 収穫祭 奉納舞 『ち の謡い』」

ちにみちよ

ちのみちよ

ちからうけ

ちえをつめ

ちりおちて

ちにかえり

ちをこやす

ちからもて

ちにみちよ

ちのみちよ

ちにみちよ

ちをほめよ

↑↑↑↑↑

やったのち「五穀豊穣」の 五拍子リズムの 合唱の声が 聴こえてきて

あぁ これ また違う形の作品として 生みなおすのだろうな とか おもう

こういう感じ 久し振りだなぁ

さておきにして 蓋をしていたものが

ちょ とだけ 開いたのだろうか

自分でも 楽しみ

川みたいなものかもしれない

2018 年 11 月 18 日 日曜日

川今そこにあった水は

もう次の瞬間 そこにはなくて

少しずつ 形を変えても

やはり その川は 変わらずにそこにある

生きてゆくって 川みたいなものかもしれない なんて

思ったり 思わなかったりして

道を ゆく

感想さておき

2018 年 11 月 17 日 土曜日

床屋さん先週の 金曜 父退院したばかり

なのに 翌日 わたくし 金山の 豊穣祭りから帰宅してすぐ

「床屋さ 行ぐど」と よそゆき着てて

タクシーでも頼んだのか と 思いきや

車に乗せてくれろ てことでした

歩行器も置いて 杖だけなんてのは

やはりかなりの 無理矢理強行軍的で

満場一致の はらはら気分

お馴染みの 高山とこやさんには いつも以上に 大層お世話になりましたる

それでも 3ヶ月と ちょいとぶりですっきりして

「これで月曜からのデイサービス 恥ずがすぐねぐ行がぃる」なんつって

なかなかに おしゃれさんなこともいってたっけな

この一週間は 父にとっての やれることやれないことを探り

自信ついたり うなだれたり

自身も 周囲も 山あり谷あり あれこれありありでした

それでも あわや!てな はらはらさえ

よろこびにつなげられたよね

無理なく ありがたく 日々を 味わいつつ 行くべね

それはないんじゃないのっ!とか 声を荒げたり

思うとこあったり

時々めんどくさそうな顔して すまなんだす

でも いちいちの 感想さておき

これからも 無理なく いっしょにがんばろ て 思う

ふつつかな娘だが

よろしくなぃん

笑ってはしる

2018 年 11 月 16 日 金曜日

空を見上げたりもして

本日も 笑って走ってた

何かをふりきろうともしていたけど

大丈夫

また明日

振り返りながら進む

2018 年 11 月 16 日 金曜日

ねこがみのぼりおかいこさまだてかんむりいしねこふくすけさんねこがみぶんぷ現物さなさんの骨董猫猫神写真今度めぐってみよう

先週は だいぶ 日々の出来事の 多種多様さ 増量期間で

初めまして♪なる ことも 然り気無く ちりばめられてて

それ 今も継続中なもんで

いろんなこと 疾走感

でも ひとつひとつ 大切に ゆきたい

見失わぬよう

振り返りながら すすむ

先週土曜 金山 秋の豊穣祭りの かえりみち

八雄館へ 「ひっぽの元気な味噌」買いにいったら

お向かい 斎理屋敷 影の黒幕 同級生のとんこちゃんに ばったり(つうか ここいらは 彼女の「シマ」なんで 会う率高い)

「斎理に みっちょさん(先輩)入ったよ~♪猫展もやってっから 寄ってがぃん」と お誘い受けて

ふらりふらり 行ったのだったよ

猫神さまの本 入手したのに

まだ 読了しておらず…

猫神石碑巡りも さきのばしになっとったなぁなんてなこと 思い出す

猫をまつってるところって

全国で知られてるなかで 丸森ダントツ一位…46%ですと

改めて 驚き 誇る

猫に纏わる 展示には

さなおばの 猫マリオネットや フジコヘミングさんとの 絵本もあり

とある石碑の写真が 三年前から帰ってこない ぴっちっちっ を 思わせて

つい 呼んで泣いてしまったり…

忙しくても しっかり ふらふらゆるり してるのでした

それがあるから 忙しさに 拍車かけてるとしても

だからこそ 乗りきれてるのだ とも 思う

ぶどうすずめ?

2018 年 11 月 15 日 木曜日

かわゆい姿頭が小さいのしっぽもかわゆいうつくしいほしのようだ透き通ってる?

畠の 周りの 蔓…きからすうり(多分) へくそかずら やまのいも 野葡萄 南瓜あたりを 少し整理しようと 引っ張ってたら

あら めんこいちゃん

へくそかずららしき蔓にいたものの

多分 ぶどうすずめちゃんだ

これだから 早まって 草ぐさ片付けられないのだよなぁ

も少し 片付けるの待とう

美味しく召し上がれ

しかし やはり この ぽぺぽぺした腹脚 尾脚に 挟まれたいっ

草呼吸 虫呼吸

2018 年 11 月 15 日 木曜日

あしもとちなごかっちょえぇかねやま雉尾川

とてぱたしてても

よりみちまわりみちして

草呼吸

虫呼吸すんのよ

さぁて また でかける

「めっけだ」だとおおぉ!?

2018 年 11 月 15 日 木曜日

林檎パン帰宅したら

大事大事にとっといた 「おうちパンオブ」ふーちゃんさまの 林檎酵母の 林檎パン

飯台の上に 半分になって 置いてあった

な…なんでっ!?

誰の仕業かわかってるけど

敢えて 驚きの声など あげてみる

「あぁ 俺 めっけだがら(みつけたから)半分 食った んまがったど」と にこにこ父

これはご自分で 酵母も起こして育てて ていねいにていねいにおいしく焼き上げてるなかなかてにいれられないパンオブふーちゃんさまの林檎パンなんだでばっみんなでわけっこしてくうかとおもってたのにこのおおぉ!!!!

…なんて 想定の範囲内ではあったけど 思わず 捲し立てる(柔目に)

「四分の一ずつすっつもりだったんだらば おかさんのいらねぇがら おとさんさやったごどにして あどは おにいちゃんと あんだで食わぃん」と 母

「さっき おとさん『なんだ あやこ こだどごさ 食いもん 隠すったのが♪めっけだど』て うんと 喜んたがら 食うの とめねがったんだ」と にやにやしながら その状況など 教えてくれた

ふ…目に浮かぶわ

隠してたつもりでもなかったのだけど

差し入れしようと思ってたものもあるで

別場所に避難させた

後でみんなで一緒に てのは かなわなかったけど

おいしくたべてくれたならいいんだ

「肉不足感」

2018 年 11 月 14 日 水曜日

おふかす煮えてないうちも んまい朝はシンプルにころっけさんまこげこげ裏返すと目立たない味噌甘酒マヨネーズ下茹でよるまでにもっとよくなる

父 退院後の食事

制限もないのですが

かつて 痛風だのやっとるので

生活習慣病 気を付けつつ

おいしくたのしくまいろうと 思う

それぞれバラバラの好み 森家

満足感 それぞれに…と 思って

ついつい 並んでしまう 惣菜の数々

メインのおかずは 退院した金曜の夜は トンカツ

翌日朝に おふかす(お赤飯)炊いて

昼は おいなりさんやら

夜は 秋刀魚

翌日は 早朝から出掛ける てんで 朝のうち 一日の段取り(夜は 金山の豊穣祭りで 買った コロッケメイン)

月曜の ばんげは ハンバーグ(支度中に あれこれよばられ 思いっきり焦がした)

火曜 ばんげ 秋鮭の 味噌甘酒マヨネーズ焼き

ふぅ…

未だに 己の食事の支度が ままごとにしか思えないのだけど

続けてかくと なんかちゃんとしてるひとみたいぢゃ

たぶん ちゃんとしてる人は

いちいちこんなこと書かないけどね

んで ここまでやって 父の感想「足りねぇ…肉が」と きたもんだ

倒置法てことで 多少 おだって言ってるのだろうけど

このやろぉ と 秘かに 闘志燃やす わたくし

昨日の夜から下ごしらえして

豚の角煮で 勝負だ(…闘いなのか?)

「足りねぇ…肉が」 なんて もういわせないかんな

しかし 煮込みかたに関しての なんにゃらか ありそうだけどね

肉の厚さに 免じて よしとしてくれ

10年くらい前 大腸癌手術に むかう父を 見送ったときのことを 母が詠んだ うたは

「『治ったら豚の角煮を食べようね』手術に向かう夫に娘の云う」

…だった

今回も そういや いったな 似たようなこと

食欲に 力づけられてる と 思う

よろこんでくれるなら と こちらも 力づけられてる

たべもの ありがとう

食べたいと思えるものたちあってくれて ありがとう