繙かれたり

ど~んと みそ月 二回ほど

中学生のときの 数学の先生…よりこ先生の お宅で

タップ稽古をしている

あの頃と ほぼお変わりない

むしろ 今の方が 溌剌若々しくおられるって

驚異的

稽古の合間に あれ これ と

お話ししてると

あの当時 いろんな大変なこと 納得のいかないこと てんこ盛りもりにあって

先生のなかでは 悩み通しだったのだとか

定年よりか 前に 退職なさった理由も

いろいろと あったようだ

組織のなかでの縛り

それを越えてでも差しのべられる手があったはず と

今でも 悔やまれてるとか…

でも あの頃の わたくしたち

よりこ先生は 決まり事やみくも押し付けや その場しのぎの 誤魔化しや 対面保つためだけにものを言う輩とは 違うってこと

ちゃんと 感じてたんだよ

熱くなって 喋ってるうちに 泣いちゃうような よりこ先生

金八先生…てのが 放映され始まった頃で

「つっぱり」なんてのも 流行って

だいぶ 荒んだ空気があったなか

「よりこには手ぇ出さねえ」と 騒ぎ起こしても 暴力はおさえてた「つっぱり」やろこを 知ってるぞ(他の教師には 体当たりしたり 椅子など投げてたけど)

信頼されてた

んで その頃の 思出話などしてると(かなり「事件」てんこ盛りだった)

「なんだ そういうことだったのか♪腑に落ちた ありがとう ずっと心に引っ掛かってたの」なんて

嬉しそうに笑ってくださったりして

…素敵だなぁ

そんな よりこ先生から

かなり 大量の 味噌を いただいた

わたくしが ひっぽの元気な味噌 愛用してることを聞いた上で なお

「ご近所さんと大量に仕込んだやつなの 美味しいから 手前味噌自慢したいから うけとって~♪」とな

稽古は 動きかたが 性格そのまんまあらわれて

笑っちゃうほど

動きについての 分析と アドバイス言ってるだけなのに

「なんであたしの性格わかってくれちゃうのっ!?」なんていうし

愉快

そのうち ご一緒に ステージやるの 楽しみ

この投稿は 2018 年 9 月 13 日 木曜日 09:45 に 出逢い カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ