2018 年 9 月 8 日 のアーカイブ

CBCテレビ…名古屋の 差別意識?

2018 年 9 月 8 日 土曜日

おともだちの 顔本投稿で 知った

CBCテレビ主催の クラシックコンサートでの

視覚障害のかたへの 差別的というよりも

ぞんざい対応の話

目先の事故の心配やら

責任問題を恐れて

しかし そのおかげで 人の 心ふみじってる

ちゃんと 購入した席に座らせず

歩けるのに 車椅子に乗せて

相手を思いやるでない 態度で ぞんざいにあつかい

問題が露見したのち

本人にではなく ホームページだけで謝ったとか…

ばかにしてるなぁ

拡張高い クラシックコンサート現場に

ろくすっぽ 研修も受けてない バイト君でも 入れたか?

名古屋の市の対応も 取り繕いだけだな

馬鹿だな

だめだな

なんでわからんのだろう

もっと深い事情でもあるのか?

理解不能なことに 腹立たしい昼下がり

パンのおとしどころ…とは

2018 年 9 月 8 日 土曜日

ちょっとこわいもともと わたくしが とあるところで 用いるために こさえた パンの 被り物

今や あんちゃの 所属する 高次脳機能障害ピアサポート七夕の「ドツタツカホン隊」での 一瞬ネタとして 定着しており

「せっかくだから 相方 バイキンも-」と 依頼あり

それが 好評で

「パン職人も」と なったのでした

それで盛り上がるなら お安いご用さ

「おとしどころ」としては

パンは 鼻のとこ

バイキンは 歯のとこ

さぁて パン職人は…口かなぁ

うひひ(また こわがらせようしている)

パン職人を作る

2018 年 9 月 8 日 土曜日

うまくいくといいな本日は

あんちゃから 依頼の

パン職人を作る つってて

ぼやぼやしてたら もう 昼近い

でも あわてるな

時間はまだある

焦らず

でも躊躇いすぎず

思いっきりいくぜ

…でも 他人さまが 装着するものなので

己のもののときよりは

慎重にいくぜ

どこを落としどころにするかな?

たのしみ

おいしさの秘密基地

2018 年 9 月 8 日 土曜日

かどっこ木造からだがよろこぶおちゃ

健やかさに誠実な Mirokuさん

「行きたいと思ってたの」の メールや メッセージなどいただくのをみると

場所がわからなかったとか

見逃しちゃった方も 多いようだ

今は 携帯電話に 道案内機能もついているので

住所入力すれば たどり着けることも多いですが

わたくしみたいに ナビゲーションシステムさん 装着してても 迷子になる人 おられるのね

改めまして Mirokuさん(正式な表記は最後の「U」の上に ウムラウト的 てんてんがついてます)

住所は 〒980-0022 宮城県仙台市青葉区 五橋2丁目11−18

ウェブサイト アドレス http://miroku-sweets.ocnk.net/

(一個前の投稿は 文中リンクあり Facebookページもあり)

一方通行の 曲がり角にあります

こじんまりとした お店

穴蔵のようだけど

おいしさの秘密基地的 製造作業も

まるっと 眺めることできます

お店の方 みなさん 朗らかに風通しのよい 心持ちのかたばかり

絶妙な タイミングで 語りかけてくださる

問いかけに答えてくださる

やりとりの気持ちよさ

八幡店では さらに おいしい お茶の取り扱いもあるとか(五橋店にあるのも 間違いなく美味しいお茶だが)

たのしみ 増えるなぁ

またゆきますね~♪

気持ちふんわりするところ

2018 年 9 月 8 日 土曜日

昨日は

午前中に 叔母からの頼まれごと 運び屋を ひとつ

そののち 仙台に 移動して

パン職人被り物の 材料を マブチにて 買うのと

午後の 河北診療所 耳鼻咽喉科 受診

余裕もって 移動したのは

健やかさの 根源から ゆっくりじっくりしっかり みつめて おいしいものを作ることに まっすぐな「Miroku」さん(正式な表記は 最後の「u」の上に ウムラウト的 てんてんがついてます…)を 軸に

気になる町 五橋二丁目界隈を も少し ゆっくり 探索したかったから

まずは 五橋二丁目にある 駐車場に 停めて

マブチのある 青葉通方面に てくてく

曇りだけど 蒸して 時々雨 てな お天気で

思いの外 体力消耗

買い物終えて 車に戻ったら

もう探索じゃなくて ごはんだっ と へたへたに へたれる心持ち

狙ってた たべものやさんは 開いておらず

他にも 魅力的な インドや 韓国料理店はあったものの

これから 診療の身で スパイシーなかほり纏うのも 如何なものか…と 躊躇いの気持ち生まれ

二の足を踏む

むむむ

まてよ ここからそう遠くない 北目町にも 心惹かれる 食べ物やさん あったはず と

歩き出す

綴cafe

綴りcafe」さん

以前 顔本(Facebook)にて お友だちが ここでの 演劇的朗読?だったか なかなかに 興味深いイベントをシェアしていて チェックしとったところ

ビルの一階

内装バリバリに 懲りすぎず

でも 剥き出しな 素の 建造物の あちこちに

やんわりふんわりした 気遣い 心配り

やわらかな 明るさ

気持ちもふんわりと してしまう

スタッフの方が また とびきり 素敵な空気 かもしだしてて

きっと この おしごとまるごと 楽しんでやっておられるのだろうなぁ

ふ と 着てるもの(だるまちゃんとてんぐちゃんTシャツでした)について声をかけてくださったのが

また うきうきしちゃうような 笑顔

食べ物は こりゃまた やさしくおいしくて

ひとつひとつ 裏も表も なでなでしてつくったのでしょうかね てな 印象

スタッフの おねえさんの 声のかけかたみたいに

「こんにちは♪おいしくなりましょうねっ♪」て

笑顔で 向き合って作ったに違いない

勝手なこといってすみませぬ

来し方の 道々に なみなならぬ苦労とか 研鑽とかあったにしても…だ

苦労や重たさを 人に 気取らせぬのだな

おいしかったよやさしかったよ

サラダのドレッシングは 桃の風味?

もっとたくさん ごぶごぶっ と 飲んでしまいたい

笹身のピカタ風は ふんわりしてて かりっとしてるとこもあって

やっほぅ 素敵バランス♪

温か トマトソース…真似っこしたい

生姜牛乳

ジンジャーミルク…ティーではなく

生姜牛乳

甘く煮込んだ 生姜が 一枚沈んでたの

こそっと 指でつまんで 食べた

木の輪切り

コースター 木の輪切り…かわゆ♪

また 来ようっと

素敵イベントも タイミングあったら きてみたい

居心地のいいひととき

ありがとうございました~♪