2018 年 9 月 のアーカイブ

自分のことも

2018 年 9 月 21 日 金曜日

長靴で本日 小雨

雨蛙色の 長靴で てくてく

午前中は 自分の 大腸癌検診 陽性反応についての

今後の対策 その1

検査してもらうための予約をとるための 顔見せ的 診察(診察と言える感じじゃないけどな)

待ってる間に 読書&うたた寝

午後は 父の病室へ

夕方 五時半からの 主治医の先生からの おはなしあり てんで

早めに行って

病室で 読書&うたた寝

待ち合い日和であった

わけあって 人参祭

2018 年 9 月 21 日 金曜日

かびるんるん?いろいろにんじんうつくしいいろごはんがすすむ

甘果人参てのが

見切り品になっており

あら素敵♪と 購入したはいいが

みるみるうちに 表皮変色

美しく見せるために かなりがっつり 洗ったのだろかね?

こりゃ 早いとこ 用いないと

全面的に 残念なことになるぞ

…てなわけで わけあり人参祭 開催

普段 皮なんぞ 剥かないのだが

今回のは 黴っぽくもあり

念のため ピーラーで 剥いてから…ああぁ なんだか もったいない て むずむずするから 三角コーナーから 目を逸らしつつ…

いつもの 定番惣菜 ひじき煮

ひきないり(今回炒ってないから ひきな煮…かな)のほか

人参ポタージュ(甘酒と豆乳も 入れちゃった)

人参味噌も こさえましたる

人参味噌は 母が「ためしてガッテン!」受け売りで 倒れる前に よく こさえてくれたやつ

ちゃんとした分量わからんけど

適当にやっても

よっぽどのことない限り

どうにかおいしくなるもんだ

ご飯がすすむぞ

明るむ 人参色に 彩られながら

天高く 午年女 肥ゆる秋

棚上げ事項 いくつか

2018 年 9 月 20 日 木曜日

気に入っとるとてぱた あたふたしてて

棚上げ事項 いくつか

督促もの

手続きもの

そして これ

契れた 時計ベルト修理

本体の 機械式時計ハミルトンさんも なかなかのものだが

ベルトも 仙台が本店のメーカーさん「SAAD(サード)」のもの

本体とおんなじくらいのお値段でありました

愛用 というには メンテナンスの仕方が だめだめなんだろな

近々 ギャラが入ったら 頼みに行こうっと

起きる

2018 年 9 月 20 日 木曜日

もすこしねていたくなるもすこし

寝ていたいなぁ と

後ろ髪

布団と うっし~からの 吸引力 ふりきって

起きる

小粒

2018 年 9 月 19 日 水曜日

大豆好き先日 ナトゥーラさんで 購入した

有機大豆

ちょ と 小粒

でも 安心は 大きいね

美味しくできてけろ

健やかでいてけろ

願いながら

おから こさえた

きょうだいランチ

2018 年 9 月 18 日 火曜日

わたくし らむにくちゃーはん あんちゃ るーろーはんjasmine

あんちゃはべりーべりーす ぺしゃる台湾スペシャルマンゴー

父 入院中も

母を なるべく ひとりきりにせぬよう

あんちゃか わたくしが 傍におるようにしてるので

きょうだい二人で 出掛けるなんてのは

こことこ ほぼなかった

しかし 昨日は 母デイサービスで 日中おらぬ

午後に お迎え行って 父のとこにお見舞いにいくまで

お出掛けしたって かまわんわけだ

よっしゃあ んだらば あんちゃがよろこびそうな 食べ物処へ 車出すぜ なんて

ちょいと うきうき いきさきを 思い巡らせる

タイムリミット考えつつ

いくつか 候補を提示したら

台灣喫茶 慢瑤茶」に 決定

金木犀の風の中

蔵王へ 一路

んで 予想に違わず どんぴしゃっ♪と 気に入ってくれました

二人して「雪花氷(しぇふぁーぴん)」も 頼んじゃって

おいしいうれしい 満ちました

たまには いいよね たまにしかできんからさ

…とかいってたら

ふいに また

こんな日が 戻って 来てくれるなんて!と こみあげるものがあった

もう とうに 慣れっこになって いちいち 思い出さずに 済んでいることなのにな

倒れて「もうだめかも」と いわれたとこ

生還してくれて ありがとうよぅ

有り難さ ちょくちょく わすれちまうけど

大切な存在なの いつだって忘れてないよ~なんて

照れるから 面と向かって 言わないんだけどさ

突然 感傷に 呑まれそうになったの

秋のせいだろか…

もっと 気軽に

2018 年 9 月 18 日 火曜日

金木犀ふんわりあんちゃと あるくご対面喋ったり笑ったり握手したりよろこんだりおだったりおだずもっこわらっていこう握るこんな風に握ったの いつぶりなのだろうねまたねよかったいい一日だった

昨日は

とあるイベント「ごめんなさい」して

母を 父の病院に 連れてくぞプロジェクト 第二段(大袈裟な…)

転院先を決めるとき

母の 元 職場の病院に…という話だったものの

そっちではなく 今 母が お世話になってるデイサービスの系列の病院に…と 母の熱望で 変えてもらった

「そうすれば デイサービスに 行ったついでに 気軽に 面会に行けるから」と 軽く考えていた 母

しかし 管轄が違うので「デイサービスに来た日に病院へ連れてって」は

「できません」と

まぁ そういうしくみなのでしょう

しかし 母 思い描いてたこと パンパンに膨らませてた上に

やり取りのときの 言葉選びかなんかによって生じたであろう ムッ とした気持ち

なかなか 払拭できずにいた様子

そんなこんな 父に伝えたら

「近くにいる て 思うだけで 心強いんだから 会わんねぇがらって むんつけんな…て おかさんさ 伝えでけろ 」とな

でもねぇ 互いに 会いたいさねぇ…

てことで あんちゃと 二人

デイサービスおかえり時間辺りに 母を 迎えに 行って

そのまんま 病院へ 車椅子ごろごろごりごり押していった

転院して一週間

初の お見舞い

握手したり おだったり

相変わらずの 仲良しさんだ

「俺だって リハビリ頑張ってんだがら おかさんも もう四年になんのに 痛くてやらんねぇ なんも変わんねぇなんつってねぇで がんばれ」と

父が 痩せた手を 母に差し出す

母の 麻痺した方の こわばった手とを 握らせてみた

ちょっとだけだけど 動くんだよ…と(昨年辺り 発見したこと)

父 入院する前 母の動かない手を こうして握ったことなどなかったであろ

日々のことに 流され 埋没させてしまっていた 慈しむ思い

丁寧さ

病を きっかけに

また あらめて 撫でるように やってゆこう

あわよくば それが 刺激になって

よりよいとこへ また ひとあし すすんでゆこう

ふんわり金木犀 香る おだやかな 秋の夕暮れ

なんとなく ふんわり 口角あげて

ゆっくり 帰った

父も も少し頑張ってから 帰ろうね て 願いながら

おほめいただき

2018 年 9 月 17 日 月曜日

焼きすぎず志保ちゃんママレシピの

ホットケーキミックス使った 林檎ケーキ

用いた 林檎は いつもと違って

そのまんま食べたら ちみっと 残念な感じになりかかってた 見切り品の「つがる」

サラダ油を ココナッツ油に かえて

今はなき Daotaoさんで 買った ラムレーズンも 入れた

母から「今までのうちで 一番 んまい」と

高評価 もらいましたる

そののち「おとさんさも 食わせでやりでぇなぃん」と
しみじみ言うので

退院したら また 焼くよ と

ちみっと 切ない思いで 返したものの

ふと 見りゃ 父の分どころか

わたくしの分まで 平らげそうな勢いで

ははとあんちゃ もぐもぐしとる

惜しんで 食えっ!

ま 美味しく 食べてくれるのはうれしいけどね

また「今までのうちで一番」を 更新するように 張り切るぜぇ

も少し 小さいのにしよう

2018 年 9 月 17 日 月曜日

ちちははは 好まないナンプラー

2年前に 賞味期限切れとるが

まだまだ なくならない

わたくしだけ 食べるものに 用いてる(時々 あんちゃも食うものもあるが…)

お腹いたくなったり しないよ

醤の力?

でも 今度 買うときは

も少し 小さいのにしよう

改めるとか 新たにとか

2018 年 9 月 17 日 月曜日

槻木会場この中の 3エピソードみました珈琲とエンピツ まだみてない

昨日 槻木にて

今村彩子監督さんの 映画上映と 講演会に いってきた

相変わらず 彩子さんは 健やかに吹いてくる風みたいな方だぁ♪

付け焼き刃の 手話が通じて うれしかったり

やはり「手話をやっているであろ と 思いきや ただのオーバーアクションか」と 苦笑いされたり…

映画は『五目ごはん』の 中から 3エピソード

そして 亘理の被災地の取材で 出逢った 加藤えな男さん(「えな」の漢字は 「胞衣…えな…赤子を包む衣」からきている「胞」の下に「衣」と書く一文字 変換できず)の その後

然り気無く 映されているなかに

抱え続けた つらさ かなしみから滲み出る 声なき 叫び

みえない涙

そこに 添うたり 離れた位置から見つめたり…

残酷なる 優勢保護法に 傷つけられ 今も 癒えない苦しみを持たれているかたへの 眼差し

彩子さんの まっすぐだけど しなやかなる思い 伝わる

「にしぴりかの映画祭」実行委員の中のお一人 宍戸大裕監督さんも スタッフとして 来ておられて

後半の トークにて「にしぴりかの映画祭」にまつわる お話で

今村彩子さんとの 出逢いから 開かれてきた扉

進みゆこうと 思い向けられたことがある と 言われ

改めて その しなやかな 温かい思いに 感じ入った

わたくしも

震災以来 ずっと 被災地で 出逢った方々と 繋がり続けておられる 彩子さんのお陰で

隣町なのに 知らずにいたこと 知ることができたのだったな

そこからの出逢いも 繋がり広がっている

「ろう」に とどまらず

大きな流れに乗れずに 戸惑い 生きづらさを 抱えながら生きる ひとり ひとりに 寄り添い

その いのちの 愛しさ 尊さを 人に受け渡そうと 作品に結び続ける

次回作は 来年 2月頃

アスペルガーについての ドキュメンタリーだとか

待ち遠しいなぁ

得難き出逢いのひとときを 調えてくださった 実行委員の皆様

ほんっとに ありがとうございました

またぜひ

今度お目にかかるときは

も少し ちゃんとした手話語彙 増やしときます

出逢い 再会に

気持ち 改めるとか 新たなる思いとか いただきましたる

最敬礼