2018 年 9 月 のアーカイブ

からふる

2018 年 9 月 30 日 日曜日

からふるバザールメイクアップおぢちゃんの うしろあたまと あらいとしこさん演奏もあり壁のとこ切りかられるちらしバターナッツカボチャも買ったよ

昨日 出演させていただいたのは

みんなが楽しい時空間 SWING☆からふるバザール

主催は swingビル 三階にある ヒーリング ステージ bay leafさん

共催は 特非)みやぎセルプ協働受注センターさん

繋いでくださったのは「女川から未来をひらく夏の文化祭」にて お会いした「あんだんてカノン」の 荒井俊子さん

今回も もちろん 俊子さんの るらりら~♪と 心地よい演奏もあり

気持ちのよい 吹き抜けに 就労支援事業所などの方々が 作られた 健やかなもの 美味しいもの かわゆいもの すてきなものの 出店

そして

主催の bay leafさんの 素敵アクセサリーブースや

他にもチョークアート マヤ暦 麻雀体験などなど

文字通り からふるに 楽しげに 並んでいた

みなさん やさしくてあたたかくてたのしくて

出番前も後も(本番中も) ずっと うきうき おしゃべりさせてもらっちゃった

買い物も 満遍なく させてもらっちゃった

こんな楽しいイベント

もっともっとみんなに知られて 盛り上がるといいな

繋がることでまた 次の扉がひらくといいな

麻雀ブースに来ておられた ちみっとほろ酔い?おぢちゃん

一見 イベントの雰囲気と 違う風でいて

「いつやんの?これからやんの?ちょっとトイレ行ってくっから(待ってて)」て いってくれたもんで

んじゃ おぢちゃんトイレからかえってくるまでまってるよっ♪なんていっちゃったものの

なかなか 帰って来なくて

開始の タイミングを 私任せにしていただいてたもんだから

確約でもないのに こんなことで 時間遅らせちゃって よいのだろか…と 心揺れ揺れ…のあたり

トイレのあと 缶チューハイ買ってきたらしい おぢちゃん

「いやぁ どもども♪」て 戻ってきてくれて

うれしくて ちょ と 泣きそうになったりもして…ははは

ショーみててくれた おこたち

たのんでもいないのに 思う壺の ノリと突っ込みで わたくしを いじってくれて

いやはや おかげさまで

愉快に汗だくの ひととなりましたる

次回は 10月27日(土)

今度は どんな出逢いが待ってるか

ぜひ お時間あるかた

たどり着いてみてくだされ

項垂れてるのは

2018 年 9 月 30 日 日曜日

はすのはな項垂れてるのは

かなしいわけでなく

次への 種蒔きなのだよ

たくさんのはたらきのつかれをいやしたら

また ふみだしてゆくんだよ

そんな 雨の日

漫画の効果線的

2018 年 9 月 29 日 土曜日

効果線的本日の swingからふるバザール

素敵な出逢い みっち満ちてて

ふあふぁ気分でありました

その数々は またのちほど…

んで 控え室として 提供していただいたスペースが

シャッター的な壁で ぐるりとかこまれてて

その前で お写真撮ったら

愉快な 漫画の 効果線みたいだった

吹き出しとか 書き込みたくなる…なんて

本番前に

あそんでおりましたとさ

いやはやどきどき

2018 年 9 月 29 日 土曜日

駐車券で名前がわかった本日は 仙台の 泉中央

スウィングビルのなかで

ぶんぶん パフォーマンス

いつものことながら

現場にちゃんと着けるか てのが

最大の どきどき事項

よく通る道の近くなのだけど

その 駐車場への道は ほとんど通ったことがなくて

混みあってて

どれが駐車場の入り口か ちゃんとわかるかな?と

どきどき

案の定 通りすぎましたる

お伺いしてた名前の表示が 表ではわからず

も一回ぐるっと回って

間違っても もういいやい と 入ってみたら

そこでよかったのだった(駐車券で名前がわかった)

ふうぅ

あとは 楽しみだけだぃ♪

るん♪

初ぽぽー

2018 年 9 月 28 日 金曜日

ぽぽーの種「貧乏人のバナナ」なんてな

不名誉な 名前もあるという

「ぽぽー」

タップ稽古の うきうきおやつタイムに もってきてくださったかた おられて

生まれて初めて食べましたる

南国フルーツ的

んまい♪

こんなんが 気軽に 庭になるなんて

夢のようだな

種もいただいたで

埋めてみようかな

夢 既に にょきにょき 芽をだす

紙縒

2018 年 9 月 27 日 木曜日

紙縒角田の「がぎゅうベーカリー」さんの

玄米パンが いくつか入った袋は

紙縒で 結び閉じてあった

紙縒の手触りが好きだ

ほどいて ふかふかした紙を撫でるのも好きだ

紙縒る時の 人の手

その ひとときを思ったりもして

やわらかなきもちになる

ささくれ立ちそうな気分の時

紙縒に 触れようかな

紙縒を こさえようかな

尻の青いやつ

2018 年 9 月 27 日 木曜日

尻の青いやつピーマンきんぴら

ピーマンきんぴらは

パントマイム お師匠 はとちゃんまんちゃんに おしえていただいたやつ

それ以来

脇役っぽい位置から

メインの 大量消費 野菜となった

結構 安売りど~ん!て 出るもんね

見切り品の袋には

こんな 赤くなってるピーマンも入ってる

楽しい

画像の 色合いは「尻の青いやつめぇ」なんていいたくなる

そのまんま ことば返されそうだが…

唐辛子が苦手になってるので

辛味は 生姜すり下ろしにて

韓国での ツアー公演に お出掛けの お師匠たち

無事故で 健やか 楽しい日々でありますように

稽古も ご無沙汰しちゃってるけど

毎週木曜は お江戸で マイム稽古…てのが 本来のリズム…て 未だに 思ってる

ずっとずっと 大切で 大好きな お師匠のまんまである

ちみっと 感傷的になりそうな

秋雨の朝

きんぴら わっしわっしと 食べて

ふぁいとだ♪

ことばがよみがえる

2018 年 9 月 26 日 水曜日

葡萄の丸い頬ふと

ことばがよみがえる

高校時代に 何度も何度も歌った うた

心の四季

あの頃は 高田三郎さんの 旋律に 夢中だった

今 改めて

吉野弘さんの ことばを かみしめる

あぁ

しみるなぁ

ほんのすこしダウン

2018 年 9 月 25 日 火曜日

簡単雑炊まさか 苦手苦手いってた 書類や電話のせいではないと思うが

あれこれ整えて

さぁて でかけるか と 立ち上がったら 浮遊感

あぁ また 眩暈か と

軽く行き過ぎてくれるタイプのものかと 思ってたら

結構 ひどいやつ

ひやあせあぶらあせはらぐだりはきけ

からだのなかに いろいろ 入れておきたくないってことか?

どうしたいのだ?からだよ…

おひさしぶりの ひどい症状を

伏しつつ 受け止める

心配だけど「なんにもしてやらんねぇ」と おろおろめそめそしはじめる母

たのむ めそめそしないでいてくれ

それでも 母の 尿意はやって来るわけで

なんとかかんとか 助太刀いたしましたとも

しかし 車椅子→ベッド→ポータブルトイレ→ベッド…てとこまで 助太刀したのち しばし 途切れ

母をベッドに座らせたまんま 一時間近く うつ伏せてしまってた

だめだこりゃ…

結局 ふたりで 昼ごはんも食べずに 昼寝に突入

ピアノ仕事も 休みましたる

夕方 母には 起きてもらって

わたくしだけ 再び 伏してた

さっきやっと よろよろ起きて 雑炊 こさえて

遅い ばんげ

いやはや まいりました

だいぶ ましになりました

明日はきっと もっと よくなってる

たのむぜ

この駄目さはどこからくるのだろう?

2018 年 9 月 25 日 火曜日

失効したものもあり父の 保険に関する あれこれ

以前は あんちゃにまかせておったものの

「僕 病気してから やってないはず」と

あっさり拒否され

苦手な 書類引っ張り出して

苦手な 電話かけて

たったそれだけで 後頭部が 熱持ったみたいに 疲れた

あんちゃのときも 母の時も

たぶん わたくしが 手続きしたのでしょう

…思い出せんが…

あ でも 郵便局の窓口で ちょいとムッとした記憶はあるぞ

あんちゃ 倒れる前に 父の 入退院祭り的な時 かんぽ手続きしたときも なんにゃらかあって 電話口で あの 温厚なるあんちゃが ムッとした声で「ならばなぜそれをさっき言わなかったか?」てなことを いってた記憶もあるぞ

あぁ どうか そういう ムッ てなこと ありませんように

いやはや この 手続きやら 書類に関する 駄目さは どこからくるのだろう?

倒れたあとも 税関係公的手続き ちゃんとやってる あんちゃのほうが ずっとずっと きちんとやれるさんのはずなのに~ と こぼしたら

「君のは ただの怠けぐせだから だいじょうぶ♪よろしくねん」とか 逃げられた

母の 公的手続き書類もあったのだった

マイナンバーのことも 申告のことも うっちゃりまくりの むすめに やらすってのも どうなんだか…

修業と思ってやるか

ぐむむむむ(社会生活人として ぐだぐだ)