いきたいからいく

走った面会終了時間 5分前に

駆け込んだ

急用があるとか

そういうわけでもなく

「無理して 来ることない」と言いつつも 来ることを期待してるの ありありの 父のためというわけでもない

行った方が 刺激になるはず とは思ってるけど

わたくしが 行きたいから 行くだけなんだ

もう寝かかってたとこ

大した話するわけでなく

なんてことないこと ふたつ みつ よつ

んでまたね て

手を握ってから 辞した

長じてからは 父と ほとんど 手なんて 触れないで 暮らしてたよなぁ と 思う

病を口実に

照れることもなく 手を握れる

うれしいかも

この投稿は 2018 年 8 月 29 日 水曜日 21:53 に ブログ カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ