2018 年 8 月 13 日 のアーカイブ

先週金曜の昼御飯

2018 年 8 月 13 日 月曜日

かつぶしマンだしをとるそばをゆでるちゃんとたべる

先週金曜日

あんちゃは 病院

わたくしは 夜のリハーサルに備えて

心身休めるつもりで

母と二人 茶の間にて

の~んと 過ごして

なんもやりたくないやぁ なんにも食べたくないやぁ と

思ってたものの

ふと 母がつけたテレビ『アンパンマン』にて

かつぶしまんとりゃんめんさん 登場 みたら

鰹節だしの効いたつゆが飲みたくなり

むううぅ 昼はざるそばだっ!とやおら立ち上がる

もう削ってある 石巻 丸平さんの 鰹節だけど

出汁とって

かえしは 既に調味してある たれ 用いちゃったけど

鰹節だし欲求は まぁまぁ 満たされましたる

でも 立派な 鰹節を削りたい気持ち 再燃

うちの 鰹節削り(鉋みたいなのがついた箱)

引っ張り出して メンテナンスしなくちゃ

いい兆候だ

2018 年 8 月 13 日 月曜日

手紙読む父テレビカードを買う

昨日の 父

勝手に 水飲みたいわがまま元気 健在

看護師さんに 報告しなくてないんだってば と やりとりしてるとこに

看護師さん 登場

「森さ~ん ちゃんと 歩く練習しなくてだめでしょ~!昨日の 看護師に トイレ行くのに 自分で立って て 言われたのに『まだだ』て 言ったんだって?おうちに帰る練習だと思って 頑張んないと駄目だがんね」と 叱られた

「なんだ あんだ おっかねぇごだ」と 父

しかし やりとりは 険悪ではなく

なかなかに 愉快な色合いも 帯びてる

なんだべ父 わがままいわねぇで ちゃんと 治すっつって まだ ほだ わがまま かだって と

わたくしまで 叱り口調…おどげ語りの つもりもあり…

「なんだ あんだまで まねこどすて おっかねぐなる(なんだ あんたまで 真似て 怖くなる)」と 返す父

おっかねぐいわねぇど まだ わがまま語っぺん?少しずつ やんねくてわがんねどぃん

看護師さんも キツく言いつつも 温かな眼差し

ありがたい

母からの お手紙も 面倒くさがらず 読んでくれた

入院して 初めて

テレビ 観たい気持ちも 出たようで

テレビカード買った

少しずつ

ちゃんと 元気になろう

ふぁいっ

いい汗 やな汗

2018 年 8 月 13 日 月曜日

舞台袖昨日のリハーサル

己の 持ち分について

ぐだぐだな感じもありつつ

それが どこの どんなところか 具体的に見えたので

まぁ よしとしよう

そこを詰めて

衣装の問題を 解決すれば 万全ぢゃ

たくさんは かかなかったけど

いい汗

んで 帰宅して のち

父から 言われてた 新しい 保険証を 古いのと交換しとく…の段で

父 指定の場所にあった 封筒を 開けてみたら

れれれ

保険証 送付の封筒じゃない

納税証明の書類だったてばさ!

言われたときすぐに 確認して

あぁ この 封筒 開けりゃいいのね と

中身の確認をしなかった

いや まてよ 既にその時 保険証交換したり 封筒をどこかにやったか?

無くしたのか?

やらかしたのか?わたくし

己の記憶の不確かな 薄暗闇を

あわわわどてばた 手探り ぐりぐる

嫌な 汁みたいな 汗 どぅわ と ふきだす

翌日の 母の お薬もらい受診は 新しい保険証無しだと

一旦 全額支払いになるのか?

見つからなかったら 再発行って してもらえるのか?

煩雑な作業が発生するんだろうなうううううぅ

唸ったりぼやいたり 半泣きで がしゃがしゃ 家捜ししてる わたくしを

「なんかはじまったよまたこいつはあぶねえあぶねぇ」てな 眼差しで 見て見ぬふりみたいになってた 母と あんちゃ

まぁ わたくしの責任でしょうから お二人に 訊いたって なんともしようがないとしても 他人事みたいにしてねぇで 少しはこっちを気にしろよっ!てな ガン飛ばしたらば

「なんかないの?」とな

事情を 説明しつつ 再び がしゃごしゃ

母は 支払い大変なことになるのかな と 不安顔

あんちゃは「そこらへん あやしいんじゃない?」と 離れた位置から 傍観者風

わたくしが至らないせいで 妙な騒ぎに巻き込んで すまんかったね と

半ば自己嫌悪

結局 言われたところ(言われたところ…と 思い込んでいたところ?)

確認したところ ではない

思いがけないところに ありましたとさ

んもおおおおおぉ!

人騒がせなっ…わたくしが だが…

ほっとしたとたん

嫌な汗が ひぅ と ひいていった

いい汗 やな汗 あるもんだね

人体の不思議など 改めて 感じ入りつつ

大事なことは 早めにきちんとしとかんと と

反省なども もりもりてんこもりもりあやこ なる夜でした

あ~ しんど