そして たどり着く

実際使ってみるちょっとした作品セイロンおされみせがまえ店のカード

昨日は

冷えたからだ(特に おなか)

「くまと文鳥」さんとか

「門前喫茶Norah」さんとかみたいに

すこやかに美味しくて 輝く野菜を

ていねいにていねいに おいしくやさしくとどくように 料理してくれたもので 撫でてもらいたかった

しかし 移動の道沿いで 思い浮かぶ 場所がない

もう 浮かぶもなにもないので

錦ヶ丘の アウトレットへ…

行ったは「Curious Garbo(キュリアスガルボ)」さん

アンティーク家具や 木でできた お子たち向けのもの DIYもの…いろいろ セレクトされたものもの

そして 奥では 食事もできるとこ

前に見かけて 心惹かれつつも「素敵」が 満ちてて 気後れして 入らなかったとこ

入ってみたら

気取ってなくて

おねえさんたち ふわん と やさしくて

いい感じに 落ち着いてる

オムハヤシ…なんてな おされに 欲張ったもの 頼んでしまった

ハヤシライス て うちでは ここ何年も 作ってない(家族らの好みにあわんのよ)

うれしい

なかなかのボリュームで

オム…の たまごの 焼き加減の なんと うっとりする様であることか!

蔵王地養卵を 用いてるそうだけど

その良さ最大限に引き出されとるなこりゃ

卵風味てのを こんなに感じたの 久しぶりかも

サラダは よくある…たぶん 市販のフレンチドレッシングなのだろうけど

全体的に 口にいれやすいサイズになってる

気取ってないけど 細やかな 心遣いなど じわ と あちこちに感じる

アンティーク家具やら グッヅは

飾られてるだけではなくて

実際にこんな風にするといいですよ と 用いられてるから

その場を 落ち着いた雰囲気にするだけでなく

そんな空気を持ち帰りたくなる人も おられるだろうな

いいねいいね

紅茶が フレーバーティーほどではない 然り気無さで

ふわん て 花開くように 美味しかったので

あれってどれ?なんて あほうな わらすこみたいな 訊き方して

みやげに 買った

蔵王の方にも あるらしい

そっちも さぞかし 素敵であろうな

へとへと とか ぺこぺこが やわん と 気持ちよくおさまりました

ありがとうございます~♪

この投稿は 2018 年 6 月 21 日 木曜日 07:48 に たべもの のみもの カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ