2018 年 6 月 19 日 のアーカイブ

さよなら かべじ台地

2018 年 6 月 19 日 火曜日

さよなら かべじ台地手を振る

一年近く 台所窓辺におった かべじ台地(キャベツの芯の 根本の辺りの 台地っぽい形のとこだけ 水に浸しといたら そこから にょきにょき 木みたいに のびてきた)

みどりのところが すこぅしずつ 少なくなってきて

台地の 一部が めろり と 腐敗に 崩れ落ちた

あぁ そっと そちらへ向かうのだな

楽しませてくれてありがとうよぅ

EMとともに 畠にいって

また なんにゃらかになって 還っておくれ

さみしいような

でも また会える 心強さみたいな

めぐりめぐる 流れ

手を振る

少しずつ

2018 年 6 月 19 日 火曜日

ウケ狙いました角田幼稚園 リズムであそぼう活動

年少さんは んもう はじけたくてはじけたくて

着ていった『だるまちゃんとてんぐちゃん』Tシャツに

がぶり寄りて

「知ってるよ~これ知ってるよ~読んだんだよ~」とか

実際 がぶりっ なんて およふくに かぶりつく お子もいて

勢いよすぎるな

たのしいのだな

待っててくれてありがとう

歯止め効かぬ感もありつつ

まぁ こんくらいの発散は よかろ

ちょ とした 展望はあったのだけど

思い通りの道筋なんて 辿るこたぁない

はめはずしすぎて 怪我しちゃわなければ

ま よしとしよう

ただ 野放図だけだと

目指す「クリスマスになんにゃらか」には 応えられなくなるので

ちょ とだけ 展望のお話しして

それに乗るか乗らないか 様子見

「そんなことよりさぁきいてきいてきいて!」だった お子たちも

ん?なんか 秘密の話?てな 注目をくれたので

ゆくゆく乗ってくれそうだ

わたくしの弾く ピアノの横で 鳴らしたいくんも おったで

本日は それを 雷のサインにして

雨の音と 雷の音として 遊んだ

…そしたら 負けじと「あたしは 晴れの音がいいのっ」て 名乗り出たりして

やるなぁ…

さぁて そんなこなと『ぐりとぐら』の お話が どこへ転がってゆくのでしょうね

たまごになって転がって「割れちゃった~」とかいってるし

わからん

けど 楽しい♪

年中さんは かなり受け取ってくれる

受け応えのよろこびを 知っている

みんなと一緒には 並びたくないちゃんも

今日は はじっこにゆかずに

輪の真ん中にいてくれた

声がけなどに 即時反応 行動は しないものの

見てる

わかってる目だ

いろんな動きやポーズを 真似っこし合うとき

ちゃんと真似っこする お子やら

わざと 違うことする お子やら…の中で

やはり 動かぬ「並びたくないちゃん」

でも ずっとじっとみててくれてるので

ねねね これって できてると思う?て 問いかけたら

「全部はできてないと思う」て 手で バッテン印作って見せてくれた

わぁ♪

なんかうれしいな

最後に『ごちゃまぜカメレオン』の中で 歌ってもらいたい歌を わたくし 歌って みんなに聴いてもらったら

「うたえるかも…」て

わ~い♪

…とはいえ まだ こちらも なにをどうして

どう組み立てるか

全く 見えてないのだけど

それはそれで 思いがけない 展開の 兆し てことでも ありましょう

たのしみだ

みんな よろしくね

慌てても 確認必要

2018 年 6 月 19 日 火曜日

取り急ぎ 原稿書いて メール送信して(下書きは あの にょろにょろ手書き原稿用紙だが)

角田幼稚園 リズムであそぼう活動に行って

買い物したあと

どたばた帰宅して

HondaCars角田の あまのさんとこに

約束の時間間に合うように

昼の腹ごしらえ 塩焼きそば ちゃちゃちゃっと(ちちははには 先に食べてもらってたから 楽チン)

しかしね

あわててるとき

胡椒の穴は ちゃんと確認しなきゃいかんな と 思ったよ

誰が使うんだよ こんなでかい穴の方をよ なんて

笑ってたけど

よもや 自分が 使うことになるとは…

ふぇっくしゅっ!

寝落ち寝直しののち

2018 年 6 月 19 日 火曜日

がんばれわたくしねじねじさいた

朝です

原稿も

本日の 活動の下準備も

明日の コンサートの 準備も

滞らせたまんまで

爽やかな気分なわけないのですけど

草木はのびて

花は咲いて

まぁ なんとかするさ と

珈琲を 淹れたりする

にこにこ成分 かむばーっく❗️