まさかの迷子

浄水場にどんどん遠ざかる

今回の 南方町への 道のりは

まったく迷うこともなく済みまして

わたくしが いつでも 道に迷ってる…などと 勘違いしてらっさる とがじゅんさん

「え?ぶんちゃん 迷わねで 来れたの?うっそ~?」とか

驚いてた

ふふふ

やればできる子ですからっ

なんつってたら

花菖蒲の郷公園での パフォーマンス後

ナイスなタイミングで ご連絡くださった

栗原で お世話になった 阿部さんのおられる 一迫へ

ちょいと 寄らせていただくことになり

本日のわたくし ちょちょいのちょいさぁ と

調子こきました

…ナビの いうとおりに 行っただけなのに

栗原市役所 一迫支所 つうて

何故に 舘下浄水場にくるか?

ナビめえぇ

そののち 電話番号検索で

改めまして 目的地へ

あれかなぁ な 建物を 横目に

道案内は もっと行ってから曲がれ なので

まぁ ぐるっと回ってから たどり着けるかな

…と おもいきや

思いっきり 目的地印から 遠ざかってますけどっ!?

それっぽい建物が 見えなくなる前に 戻りました

あれかなぁ?の 建物 見えた瞬間

そのまんま直進できるのでした どうやら

新しい道に対応してないもんな わたくしの ナビゲーションシステムさん

はじめの うっかり 浄水場に…てのも

支所の項目たくさんあって

そのどれなのか きちんと表示 確認する前に

一番上にあるの選べば まぁ なんとかなるべ て

妥協した辺りが わかれみちだったかな

読み取り能力とか 判断力 欠落してるの

ナビゲーションシステムさんじゃないの

わたくしなの

わかってますけどね

迷った結果聞いて

「やっぱりそうこなくちゃ」てな反応

くくく…と くやしいような

ご希望に添えて うれしいような

よくあるお馴染みの安定感なども感じる

複雑

この投稿は 2018 年 6 月 18 日 月曜日 00:27 に ブログ カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメント / トラックバック 2 件

  1. たみおば より:

    アハハ~
    でも、カーナビだって100%間違ってないとは言えないと思うってのが私の説。いつだったか北海道へ旅したとき、レンタカーで富良野をドライブしてホテルへ戻ろうとカーナビのお姉さんにお願いしたところ、しばらくして運転していた隆典氏曰く「おかしい・・・この道違うぞ」って。彼は動物的方向感覚の持ち主。私は「カーナビが言ってんだから良いんじゃないの」なんて助手席であくびなどしてたら・・・「あ、ヤッパリあの谷の向こうだ。この案内間違ってる!」と。結局谷底の集落に戻って反対側の丘を登ったら目的のホテルがあったのでした。
    カーナビだって人間を介しているわけだから何万分の1?くらいの割合で間違うことだってあるんじゃないかな~
    でも、それだと我々方向音痴族は非常に困るんだけどね・・・

    • bunbun より:

      時々 その現場の案内に「カーナビだと 間違ったところに導かれるので 手前の信号で曲がってください」みたいな 表示されてることあるよね

      裏磐梯 諸橋近代美術館に はじめていったとき
      もんのすごくなんもないとこに 案内されて
      半泣きで 電話したことあった

      あの道さえ曲がらなければ おおどおりからすぐわかるとこにあったのにっ!てなかんじ

コメントをどうぞ