2018 年 6 月 7 日 のアーカイブ

診察へ

2018 年 6 月 7 日 木曜日

病院でふざけてる暑いけど

雨降りよりは ありがたい

車椅子ごろごろ押して

母の 病院診察

うっかり 時間間違ってて

午後の 保育仕事シフトに 間に合うんだろか とか

本日のデイサービス お休み電話かけそびれて お迎えに来てもらっちゃったとか

抜けまくっておりますが

ま なにより 健康確認できれば それが一番なのだから

ごめんなさい 言いながら

寛容に許していただきつつ まいりやんす(画像は 間違って 動画を録って慌てたまんまの顔)

ざぐざぐ…

2018 年 6 月 7 日 木曜日

ライオンでしたおひさま原っぱ保育園の 連絡ポケットに

お菓子がはいってた

旭山動物園…てことは

四月で 寿退職なさった さとこせんせの おみやげかな?

引っ越し先にラブレター書きますて言っといて

まだ 書いてなかったな

なんだか なつかいようせつないようなうれしいような思いで

だいじだいじに 鞄にしまって 持って帰った

…らば どこでどう 大事なものが「大事」に至ったか…

ざぐざぐの 粉状になっちまってた

とほほ…

でも ライオンであったことは

なんとなく 名残ってる

お薬飲むみたいに

ぞざざと いただきました

ラブレター書かなくちゃ

『花ばぁば』

2018 年 6 月 7 日 木曜日

花ばぁばこのままでは 埋もれてしまう作品を 是非 出版させたい
という クラウドファウンディングで 出逢った本

『花ばぁば』クォン・ユンドク作 桑畑優香 訳(ころから)

やわらかに うつくしい絵

しかし 内容は 日本軍に「 慰安婦」(国連などの 英語圏では「Military Sexual Slavery by Japan」日本軍性奴隷ということばがある)として 連れて行かれた シム・ダリョンさんの 証言をもとにつくられた もの

決して やさしくうつくしいはなしではない

けれど 衝撃的に 過激に 過去の出来事を訴えるのではなく

ひとりの やさしき 人格ある女性の人生に 添いながら

その 背景にまきおこっていた歴史を みせてくれる

まつりごとにまきこまれず

人の命と 向き合い

いたわりあうことの大切さを思う

そして過去のこととして 箱に入れてしまうのではなく

今も コンゴや イラクでも続いているという 愚かしい事実の提示で 結ばれている

「不用意に触れない方がいいよ」と 忠告されたこともある「従軍慰安婦」の はなし

「そんなのなかった」と 攻撃的に言う人がいるからかな?

でもね やっぱり 知らんぷりはできないのだよな

いたみは なるべくこれから うまれさせてはいけないよ

彩子さんに 会いに来てくだされっ

2018 年 6 月 7 日 木曜日

菊地真紀さんの投稿画像チラシデータを送っていただいたのに

データを画像として貼り付けかたがわからんもんで

菊地真紀さんの 顔本投稿画像を ダウンロードシェアさせていただきました

まっすぐで しなやかで お茶目で 魅力的な 今村彩子さんの 作品と お人柄に

会いに来てくだされっ♪

もう少しかなぁ?

2018 年 6 月 7 日 木曜日

見上げる台所窓辺しげしげさんとこ

幼虫むにむにのときから 考えられぬほどに

どう見ても立派な

紋白蛹さまになりました

どきどきはらはらわくわく

今しばらく 続く