呑んだノリでも

かんぱい『線量計が鳴る』豊穣庵公演 二日間 終了して

お疲れさま乾杯の後

中村敦夫さんと 記念撮影 という段になり

「森さん ちょっとちょっと」と 敦夫さんから 呼び掛けられ

「新作書いてんだよ 面白いんだ これ」と

…ん?何の脈絡と 思ったら

のちほど 棟梁むっちゃんさまから

「昨日 呑んでるときに 中村敦夫さんの 書いてる 新作の話になって 『それ パフォーマンスしてる人に読んでもらうのがいいと思うから 森さんにやってもらおうか』て言ってたんですよ」と うかがった

助さんが いつになく? 素敵な感じに わたくしのこと 敦夫さんに 紹介してくださったのを 受け取って後の話

しかも 程よく酔いも 回りに回った辺り

呑んだ勢いもありましょう

でも それ 翌日も 持ち越して 言うてくださるのは

うれしい

やれんのかおまえ てなはなしは さておき だ

ぜんぜん 不確かなおはなしだけど

人生 どこでどんな扉に出会うか わからんものだね

たのしい

この投稿は 2018 年 6 月 5 日 火曜日 01:02 に だれかのさくひん カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ