ひそかに

さなぎ動いていないようで

向かっているのだ

来る日へと

時というものは

生きている という

いのちの 活き 動かしていく 流れから

生まれているのかもしれない

生きよう

時を生み連ねゆこう

この投稿は 2018 年 6 月 5 日 火曜日 06:50 に 葉っぱとか 虫とか 生き物とか・・・ カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ