2018 年 6 月 のアーカイブ

アカペラでも素敵~♪

2018 年 6 月 30 日 土曜日

天鵞絨の声天鵞絨の 声

あけみさんの お歌

音源の 関係で

今日のリハーサル 一曲だけ アカペラになっちゃった…てことでしたが

このまんま 声だけで うっとりしていたい

『追憶』

ああぁ

アカペラで いいよおおぉ

うまくやってもやらんでも

2018 年 6 月 30 日 土曜日

そでにじゃのめ準備万端で うまくやったとて

まことに 情けない有り様 無様だとて

同じように時間は過ぎゆく

だから おそれるな

しかし 甘えすぎるな

そんなことを 舞台袖で 改めて肝に銘じつつ

うなだれ気分の 目線を ぐぐぐと あげる

梅雨はどこ行った?

2018 年 6 月 30 日 土曜日

夏空とーほぐ 宮城の 梅雨入り

したはずだったが

どこにいったんだ?

まるで 盛夏の風情ではないかいな

仙台で 舞台リハーサルあるため

暑くて眠くなるの さましさまし ゆくところ

ふぁいっ

みなさんも ばてませんように

それぞれの旋律

2018 年 6 月 29 日 金曜日

それぞれの旋律葉っぱ

あまりにも それぞれで

だからこそ たのしくて

美しくて

ふんふんそれで?と

それぞれの 越し方 の 旋律 律動に 目を 耳を 傾ける

人と出逢うときも そんなふうだなぁ と 思う

それぞれが それぞれで

存分に 奏でてゆける 暮らしでありますように

祈るように思うこと

いつも

安静にしつつ

2018 年 6 月 29 日 金曜日

ねじねじ一昨日 朝

なんの前触れもなく 突然

右膝に 刺し込みみたいな 痛みがやってきた

一瞬 焦ったけど

前も こんな風なの あったよな と

しずしずと 可動域と 痛感角度 確認

ま なんとかなるであろ と

湿布貼って 手拭いでぐるぐるした上から サポーター装着

保育仕事も なんとか 2日 無事でした

本日 ある予定だった 出張タップ稽古が 先方の都合で お休みになったので

むしろ 助かりましたる

何事三日で 収まるものだ

明日の 舞台リハーサルも 迷惑かからぬ程度に 無理なくやらせていただくことにする

もすこし やらせてくれよぅ

すまぬすまぬとあやまりながら

2018 年 6 月 29 日 金曜日

すまぬすまぬ除草剤が撒かれていて

昨日の けろ成分 充填は

茶色子さんに していただきました

本人(蛙)大迷惑なのわかってて

すまぬすまぬと 謝りながら…

この子がいる辺り

とあるところから あきらかに 除草剤が撒かれていて

くっきりと 色分けされてる

そっちさ 行ぐな~ と

緑色の方に 放してやった

毒に負けずに 健やか達者に 生きてけろ

どくだみ漬け込み

2018 年 6 月 29 日 金曜日

全部いれちゃう美しいなぁ

庭のどくだみ

虫除けになってもらうべく

漬け込みましたる

葉っぱだけ という 説と

花葉っぱ根っこまずら という説とあるみたいだけど

選り分けるの 大変だし

全部 美しくて 力強そうだから

いれちゃえ

…てことで

二週間くらいたったら 使えるそうだ

たのしみだ~♪

ゆきずりからす

2018 年 6 月 29 日 金曜日

こぁ?歩いていたら

「こぁ?」と

疑問文みたいな声

ん?と 顔をあげたら

片方の目 こちらに向けて

小首かしげて

黒目が 何度か 白っぽく 点滅するみたいに しばし 注視された

お邪魔はしないよ て 言ったら

受けとるみたいに「んぁっ」と 一声 鳴いて

ふわ と 上の枝に 飛んだ

触れてないのに

その 艶やかさに 撫でてもらった気分

守ってる

2018 年 6 月 28 日 木曜日

ごまだらがちがちの 鎧は

やわやわの 中身を守ってる

それが よわいとか

つよいとか

どちらでもあって

どちらでもなくて

どうでもいいことで

いいよ

そのまんまでいてね

考えとかにゃないかね

2018 年 6 月 28 日 木曜日

これは 火曜の夜昨日のばんげは

野菜のゆでものやら ピクルスやら

ゴーヤーチャンプル作りおきあったので

あとは 鮭の切り身を フライパンででも 焼いて食べてけろ と 頼んでいたのだが

父 へとへとしちゃって

「もうやれねぇ だれかお手伝いさんでも 頼んでけろわ…んでねげれば 二人で 施設さ入っかわ…」と

大変なる 弱音を 母に 吐いたそうな…

お手伝いさん…て あんた どこのお屋敷なのよ?

ヘルパーさんのはなしなのだろうけどね

以前 ヘルパーさん頼むかどうか てな話したときは

「まだやれるうちはよその人いれたくない」の 一点張りだったけど

相当 体力気力なくなったことに うなだれ気分なのだな

そんなこと言われて 母 さぞかし 自分のせいで と 落ち込むかと思いきや

「二人で施設さ…なんつうげんとも おかさんは やんだがんなゃ 金だって かがっぺし…」と

けろけろつ と わらった

ははは

頼もしいね

ばんげの準備問題が 結構大きいか と

父に 託すときは

なるべく 簡単なものにしてゆくのだが

本日 書き置き忘れて

出勤途中で 電話した

いもさらだどがつけものあっからあどはちるどさあるやづふたっつずづやいでけらぃんっ!…と 大声で喋ってたら

近くで休む タクシーのおんちゃんが ふっ と めあげて 笑いかけてくれた

なんか 気持ち やわらいだ

うん なんとかなるさ