2018 年 4 月 7 日 のアーカイブ

お買い得品

2018 年 4 月 7 日 土曜日

1522928381335-502434291先週 海鮮食堂「やま登」さんとこで いただいた 鯛のアラの 味噌汁が 

うおぉ♪と うなる んまさで(いつもここでは んまさに うなってますけども)

しかも その翌日 スーパーマーケットで 鯛の頭周辺 お買い得品に 出会っちまった

…となれば 買うさな

わたくししか 食べぬか と 思いきや

父も あんちゃも

「んまい」と 食べてくれたよ

しかし こけらを 落とさなかったもんで

だいぶ 不満も あったようだけどね

切り細裂かれてるもん それぞれの こけら 取り去るなんて

ゆとりある時じゃないと できんもんな

ま まるまんま 一尾 購入すれば いいかな

次回の課題だ

主役は ほっきご飯

2018 年 4 月 7 日 土曜日

主役は ほっきご飯本日の ばんげ

昼下がり 仕事に 出掛ける前に 仕込んだ

普段 メインのおかず的なものは 肉か魚…に しているけれど

母姫は あまり 肉も 魚も 好まないので 

母の好きな ほっきご飯を 主役として

あとは のらぼうからし和え

ブロッコリー茹でもの

ヤーコンきんぴら

おから…てことにした

男の子チームは 不満もあろうから

「不足感あるならば チルドにある ちくわか ソーセージで まかなってくだされ」と 書き置きしたものの

準備したものだけで 食べた模様

よろしい♪

あぁ でも エンゲル係数は 相変わらず おたかいまんまでございますよ

めでたくて おいしくて しあわせ いってるから いいやぃ♪

花をいただく

2018 年 4 月 7 日 土曜日

花をいただく

帰り道 勝山公園で

桜の花落ちを いくつか 拾った 

小寒く 薄暗くなってきたので 

もうそろそろ おしまいだな と

立ち上がって

仕事の ことでも おしまいを覚悟せねばならんことなど 

うっすらとした さびしさとともに 思い浮かべた

すると そこに ぱたぱたぱたっ と 足音がして

「リトミックせんせっ」と 目の前に飛び出してきた

先月末で おしまいになった 二十数年 関わらせてもらってた「こどもの家エミール」さんの リトミック時間に いたった 女の子

「ね~♪ひざてって~♪ひざてって~♪って したよね♪」と 

始まりの挨拶あたりにやってた 導入の 三拍子リズムを やりだした

んでもって「おかあさ~ん リトミックせんせだよっ ひざてって~♪したんだよ♪」て 大声で ちょ と はなれたところにいた お母さんを呼んだ

「あ~ お世話になってました なんか すごく楽しかったみたいで…こんど もう 小学校に 入学なんです」て 

ご挨拶してくださった

その間中「ひざてって~♪ひざてって~♪」て 踊るように リズムとってた

そんなに そこ 楽しかったのか…

あぁ なんか それまでの うっすら さびしい気分が

すぅ と どこかに 消えていった

あっ そこの YWCAて とこで ピアノやってるから もしかしたら また ここら辺で会えるかもしれないね なんて

不確かなこと言いながら

そういや エミールさんで 締めの挨拶も「また会えるはずだから さよなら じゃなくて いつもみたいに『まったね~♪』にしよう」なんて 言ったこと 思い出した

うん おしまいじゃなくて もすこし がんばれる てな 思い

ふわり と おりてきた

ありがとう 背中押してくれたね

本人は 気づいてないんだろうけどな

またね~♪て 手をふったら

手を振るかわりに「ひざてって~♪ひざてって~♪」て してくれた

じわじわ~ん と あったかいもの にじんできた

花がふってきた

2018 年 4 月 7 日 土曜日

1523083786247-39071077降ってきた お花

花がふってくるとおもう

花がふってくるとおもう…と

八木重吉さんの 言葉を思い出していた

くるくる回りながら 降ってきた 花

このてのひらに 受けとれず

でも 肩を ぽん と 打つように 弾んで

ぢびたに落ちたのを

潰さぬように 拾い上げた

そうだ 帰りに もすこし 拾っていこう

回りながら降る花を 受けながら

八〇のぴーす

2018 年 4 月 7 日 土曜日

八〇の朝

八〇乙女の ぴーす

平和だ

詰め放題もの

2018 年 4 月 7 日 土曜日

詰め放題人参 at八雄館

味噌買いに行った 八雄館にて

詰め放題コーナー

昨日は 人参だった

武骨すぎたり

傷みかかったとこ 切ってあるだけで

なかなかに よいもの

やんわり 袋に 入るくらいでいいや と 思ったのに

レジのかたが

「あっ もっと入りますよ ここのとこ ほら」て

袋に 隙間を作ってくださったりもして

んではもう一本 と 思ったら

「もっと入りますから どうぞどうぞ」て にこにこ

いっぱい人参食べられるから それもいいかな と

また 一本

もっと はみ出すくらい入れてもいいのに…と 

持ったいなさそうな 表情なのが

なんだか 愉快

人参祭り

楽しませてもらいますわ

お休みのところ

2018 年 4 月 7 日 土曜日

1523001774980-39071077152300181138996961480

ふんわりキャベツの中に

虫さま おやすみになっとった

すまんすまん いうて 外に出したけど

アブラナ科のものって 今 うちの畠には

ワイルドな 菜の花系ならあるかも知れんけど…

ま 達者でな と 手をふる

いつもならぬが

2018 年 4 月 7 日 土曜日

いつものように…のつもりが内容物が違う

いつものように…のつもりが

うっかり 長葱を 昨日すべて使ってしまい

葉玉葱で 代用

挽き肉は いつも 使わないか 使っても 鶏肉か…なのだけど

今回は 豚肉

仕上げ寸前で ちょいと 目を離してしまい

部分焦げ…とほほ

ミヤギシロメダイズよ 漫ろって こさえちまって すまぬ

いつもならぬが まぁ んまいと言える気がする

よしとしよう

八〇

2018 年 4 月 7 日 土曜日

育ってる152305668930296961480朝御飯のどさくさな感じ

本日 母 八〇歳に なりましたる

脳出血で 倒れてから 四年と 七ヶ月

頑張り過ぎずに やってます

まぁ 車イス生活 四歳さんと 考えれば

まだまだこれから 育ち盛り てことに しとこ

庭の 三つ葉も いい具合に 育っており

朝から 茶碗蒸しなど こさえて

ささやかに祝う

ほっきご飯の予定でしたが

うっかり父が わたくし作業する前に 白ご飯を 仕掛けてくれてしまい

それは ばんげまで お預け

またもや お祝いご飯 分散型に なる模様

どたばたしながら 

やはり「相変わらず」という 得難い 宝物 改めて 手のひらにのせるような 日

生まれてくれて生んでくれて生きつづけてくれて

ありがと~♪