2018 年 4 月 1 日 のアーカイブ

ぐるっと めぐって

2018 年 4 月 1 日 日曜日

1522580144971-2516977371522580214715-1780018076

黒磯駅前 駐車場へ 向かったら

ふと また 呼ばれるような感じ

明るい プラットホームの 向こうに やわん と やわらかく 浮かぶ それ

あぁ 朝に 心許なさを 和らげてくれつつ 沈んでいった月が

ぐるりと めぐって

また 東の空から のぼったところであった

こちらから見えない 地球の反対側を やんわりやわらかくてらして

だれかも 和らぐ思いに なったのかもしれないな なんて思って

やぁ なんだか ありがとうね また よろしくね

なんてなこといってみる

旅は 月連れ

二時間 北上したら ねむねむになって

一旦休憩

もうひといきで おうちだよぅ

照らされているもの

2018 年 4 月 1 日 日曜日

1522527361187-729852837

今朝

山と 空の 境目もわからぬような 闇のなか

心細い思いで ハンドル握っていたら

ふと なにかに呼ばれるような 感じ

視線をあげたら

曇り空だった 闇の裂け目から

沈みゆく 月の光が 垣間見えたのだった

あぁ と

なんだか ほっとして

ハンドル握る力を

すこぅし 弛めたのだったな

そして それは 

朝の光が 染みだすとともに

薄れていったのだけれど

自ずと光輝くでなく

光を受けとる柔らかさで

そんな美しさって やさしいよなぁ なんて思いにも 光当てられて

うん がんばろ なんて思ったのだった

そんなことを ふと思い出す 帰り道

堪能 鼻越し

2018 年 4 月 1 日 日曜日

1522577420015-71896234415225777038071956040147

生そば冨陽さん

もちろん 外せぬ そばがきコロッケ

でも 冨陽さんに 於ける パブロフの犬的反応

ビール欲求は 封印

ビール無くても 堪能♪

何でこんなに 美味しいぃ♪て 毎度思うんだか…

季節の 蕎麦で「さくら切り蕎麦」

粋な食べ方 全くできぬ わたくし

やはり もむもむもむ てな 

過去に「蕎麦をすすれない フランス人みたい」と 言われたまんま 進化しておりませんが

そうした方が 桜の風味が 立ち上がるよ

鼻から息吐くと

また ふくびくうあたりに お花が咲くようだよ

花というか 桜餅風でもあるが

ううううっとり

帰路 頑張れる

んで ひとりで 堪能しちゃ なんか 申し訳ない感じするんで

そばがきコロッケを 家族土産に 買って帰る

震災以来 ずっと 温泉饅頭天婦羅の 売り上げ半分を 福島の あしなが東日本大震災遺児支援に 送り続けておられるよ

冨陽さんの 美味しさに まっすぐなとこ

変わらず温かに 迎えてくださるとこ

ひっそりしっかり 誰かを ささえ続けておられるとこ

すべて 素敵だ

大好きだ

毎度毎度

最敬礼

ご馳走さまです(その心意気も)

ばれてら

2018 年 4 月 1 日 日曜日

15225762089881910356392

おともだちとの メールのやり取りで

本日 黒磯に 車停めて…と いったら

「例の蕎麦屋さんに 行きたくて?」と 訊かれ

ううぅむ 

たぶん それが一番の理由かなぁ

ばれてら

新大久保の二人

2018 年 4 月 1 日 日曜日

1522565035055-502434291

しまあねと

新大久保駅ホームで 記念撮影

会えてよかった

「会いたい 観たいことには 躊躇わずに 会いに 観に いくことにしたんだ」て しまあねがいってたのは

最近 また パフォーマンス関係の 親しいかたが 亡くなったから

そういう思い

家族らの 入退院まつり的な日々や

震災のときや

うっかり さきのばしのまんま 手の届かなくなっちまった大好きな人たち との あれこれで 強く思ってたのに

また 日々のことで 喉元過ぎさせてるなぁ と 思った

そんなに 劇的に 久しぶりの再会というわけでもないにしても

しまあねとの 偶然の 再会を 手放しで喜んだ

顔見ると ほっとするんだよぅ て 照れつつも 伝えたりして

そういうことも 躊躇って だまっちゃうの やめるんだ

改めてまた 思い出させてもらった

ありがとう

らぶ♪

泣かされるとはっ!

2018 年 4 月 1 日 日曜日

プログラム

しょうさん こと 濱村典正さん(TEN-SHO 表記もあり) ソロパントマイム公演『ORIGIN ネオ・フランケンシュタイン』

今は 福岡におられる TENSHO さん

東京での ソロ公演は なんと 21年ぶりですと

揺るぎない 技術と アイディアと たゆまぬ 研鑽追求追究の人

んもう かっちょいいったら この方のことだ と 言っちゃう

本日も ほおおおぅ なんて 溜め息とともに その かっちょよさを 堪能させてもらう と 思ってました

のに…

包帯ぐるぐる…なのに スタイリッシュな衣装 

つぎはぎメイクも むしろ 甘美にさえみえる

のに…だ

思い通りにならぬからだ…てのを 思い通りに 表現して

そこいらまで うはぁ さすがうっとり で

その後 プログラムにある フランケンシュタイン的ではない タイトルは どう繋がっていくんだろう と 思いきや

TENSHO さんの お好きなあれやこれやが フランケンシュタインが 学習したこととなって

かっちょいい踊り

映画のワンシーンの 再体験的 小粋な流れ

お茶目な 面も 余すところなく 繰り広げられる

その中に 突然 画像が 流れた

愛也さんだ!

20年以上前に お二人で なさった 酔っぱらいサラリーマン「酔拳」風 アクションの 舞台映像

ここで 涙腺決壊

その後の しょうさん お父ちゃん画像と重なり

その日々のこと

出逢う 愛があったからこそ いまここがある と 思える 手の マイム

ORIGIN …て あなたを形作ってきたものたちへの 愛と 敬意と…そういうことですのんか!?

最後の♪大きな愛になりたい♪てのは さだまさしさんか誰かの 歌かな?

手話と マイムが 融合したような 

うあああぁ 

まさか こんなに 泣かされることになるとは 思ってもみませんで

やられた…つうかんじですた

公演終了して「画像の補足を」と 語りだした しょうさん

愛也さんの くだりで 涙声になって

さらに わたくしの 涙量 増量

ああぁ でも 素敵だった

ずるずるぐすくすしながら 席をたつと

真後ろに しまあね!

あぁ 大好きな しまあね まさか真後ろとはっ と

抱き合う勢い…なのに

携帯電話写真機能がいかれてて(電波が通じないところでは さらに ブログ編集画面カメラ機能もたちあがらない)写真とれないのだけど しょうさんとの写真 撮ってくれまいか なんて 甘えたことを 抜かしてみる

快く 撮ってくれたよ~♪

懐かしの 今津っち(今や あちこちで カリスマとか言われるダンサーさん)とも 写してもらったよ~♪

…なのに 保存機能が やはり いかれてて

こちらにはアップできん

むうぅ

己で見るだけで たのしむ(本日 一緒に見る予定で これなくなった人に 自慢しようとよこしまなこと考えたから 罰…かも)

ま とにかく 来てよかった

わたくしも 怖じ気づかず わたくしの ORIGIN

ちゃんと みつめてゆくです

ありがとうございます

たどり着けた その2

2018 年 4 月 1 日 日曜日

1522557755345274753966

新大久保からは 

改札でたら

高田馬場方面にゆく

わたくし書き写し地図によると 

出てすぐ右だな

…と 胸張って 歩きだした

…あれ?まてよ?

今乗ってきた 電車…高田馬場方面ゆき の進む方向は こっちではなかったよな

かどっこにあるはずの ファストフードの店が 見当たらん

なにか フェスティバルでもやってるみたいに

人が ざんざか 列になって歩いてきて

すぐに引き返せないとこ 無理無理 すんまへんすんまへん言いながら 

駅に戻ってみた

ぬあぁ 反対であったもよう

右へゆく と 言ったのは 正しくない地図…わたくしの書写し間違い

でも 傷が浅いうちに 戻れましたもんで

ノーカウントだ

もおぉ

何度か 行ったことある なんて 嘘みたいだ

でも もしかして 一人で行ったことないのかも?てことに しとく

ビールは我慢

2018 年 4 月 1 日 日曜日

1522553760879274753966

早目に 移動して エネルギー充電しなければ(自分に)

てなわけで 新大久保の前に

新宿BERG で お昼御飯

雑穀御飯と野菜のカレー ハーブティー付き

ビールは我慢だ

いくら遅くても 

本日中に 再び 運転する予定だからだ

いつになく 調子いいぞ

つうか 自分が なにか しくじりやらかすんじゃないか と 

びくびくしすぎてるのかもしれぬな

胸張っていこう

たどり着いたっ

2018 年 4 月 1 日 日曜日

なんだか アート来れたよ

国立新美術館 二階

白日会展 会場に

なんの問題もなく 辿り着けました

迷うことを期待なさってた方

残念ですが わたくし やればできる子です

わはははは♪

さぁてと 柴田治さん 入選作品 水彩の『眩影』は どこぢゃろ と

歩みを進める

まずは 彫刻らの 界隈

木や ブロンズや アクリルは わかるけど

FPなんとかいうのは なんだ?

おぉ これは面白い とか

女体裸体は 概ね 身がしまってるのばかりだこりゃこりゃ とか

はじめは 余裕でおりましたが

ひとつひとつ まじまじ見てるうちに

ちょ と 行く先を見失う

いかん

これでは お目当てに 行き着くまでに 疲労困憊してしまう と

絵画の方へ 進もうと思いつつ

でもここまで丁寧に見たんだから 彫刻の 最後までは ちゃんと観たいな と

はやるこころをおさえつつ

ゆるり

しかし その先の絵画の 展示室が 

行けども行けども 先がある感じ

先だけでなく 曲がって横にも あるみたい

ぬぬぬぬぬ

写実と見せかけて つるりと 脱毛したような 去勢したような なんだか 息詰まってくるのは なんだろ…

描かねば!の 躍動よりも

かけるでえぇ♪の 技術のものすごさが なんだか 萎縮してしまう

描くことに 挫けた過去とか 思い出したわけではないが 

なんだか 似た感じの 心許なさ

均衡が保てなくなる 目眩しかかってるかも

すべてに 付き合う必要ないのだけどね

入選ものの 美術展で 

いつも 全部きちんと観ようとして おぇ て なったことあるのに

学習しなさ加減を

またもや 痛感

順路矢印 逆走的で しかも 千鳥足みたいな 怪しい感じ

気を取り直して 出口へ向かおう…の 途中で やっとこ 水彩の 領域に出られて

しかも 柴田治さんの 作品たら

清涼なる風吹いてくるみたい

うううぅ 気持ちえぇ♪

息吸える…

ありがとう 水を 光を 風を…なんて

遭難 助け出された人みたい

油絵が 嫌いな訳じゃないのだけど

見方が まずかったね

でも 興味深かったですわ

ありがとうござります~♪

表参道の表でないとこ

2018 年 4 月 1 日 日曜日

よし

表参道の 表では ないとこ

乗り換えは スムーズにいっとる

弱点は 

地上に出たあとに どの方向を向くか…に よるんだな いつも

どきどき