「いぼどんぶり」

いぼいぼどんぶり

昔「いぼどんぶり」て 呼んでる 丼があって

それが いつも わたくしに まわってきてた

いわば 欠陥品なんだろうけれど

これがあると 安心した

自分の くちもとの ほくろが 嫌で

からかわれて うなだれていたとき

わたくしよりちょいと大きいのが 反対側にある うちのばあちゃんから

「食うもん こまんねぇ いい『くろぽす』だがら じぃんだぃん(いいのだよ)」と 

笑いながら いぼどんぶりに おいしいものを たっぷり作ってくれてた

今だって そんなに 好きになったわけでもないけど

これあるからこその あれこれは 確かに 有り難くあって(食いもんに困んないとか そういうことでなくて)

まぁ 愛嬌だわな なんて 思ったりはしてる

久しぶりに いぼどんぶりが 健在であったのを 見つけて

おぅ 愛嬌あるやつめぇ なんて 撫でてみる

でこぼこあって おもしろいさね

自分のことも 撫でてみる

この投稿は 2018 年 3 月 24 日 土曜日 17:35 に ブログ カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメント / トラックバック 2 件

  1. たみおば より:

     実は私、両肩に結構でっかいくろぽす(ほくろ)あるんだよね。そういえば母親が「肩にくろぽすある人は着るものにこまんねんだいん(困らないんだよ)。おなごだす(女の子だし)、いいどごにあっぺすた(いいところにあるじゃないの)!」なんて言われてたっけ。だからって言うわけではないけど、そういえば私って結構着るものにはこだわるタイプだと思う。
     話はちょっと飛ぶけど、私のおずんつぁん(あやちゃんのひいおじいさん)は「安物買いの銭失い(買い物は高くても上等なものを。そのほうがずっと経済的という意味)」って言うのが口癖で。それが頭にあってか、私もお金がないくせに結構良いもの買う人になり・・・。でも、それが年金生活者になったいま、とても役にたっている気がするんだよね。洋服なんか、10~20年も前に買ったものを結構着まわしています。良いものはキャピキャピした流行にはあまり左右さなれないのですよ。年寄りの言うことは聞くもんじゃ!!

    • bunbun より:

      おおぉ♪
      肩にもほくろあるわたくし
      着るものは…着ねえくせに 全部とっておくなっ!と ごっしゃがれでる状態

      確かに 困ってはいない(家族らが わたくしの ことで 困ってる)

コメントをどうぞ