その後の ぐるぐる時計

その後の ぐるぐる時計はその後の ぐるぐる時計

電池なくなってくると おかしな動きをしたりするかな と

電池は 変えてみたのですよ

しかし おんなじように ぐーるぐる…

あぁ もうこりゃ 本格的に 本体が いかれておるのだな

時計としてではなく

ぐるぐるオブジェとして 飾っとくかな と いったら

あんちゃから「なんか こんなに回ってて かわいそうになるから 電池抜いてやって」などと 

わたくしに負けぬ アニミズムぶっ飛ばしなこと 言われましたで

破棄するのも 惜しいし…などと 茶の間においといた

しかし 昨日帰宅したら 

あれれ?

ほぼ 合ってるんじゃない?な 時間を指し示しとる

父が 電池入れ換えてみたら ちゃんと 動き始めた とのこと

わたくし 電池入れ換え 何度も試みたとき 一ミリも 時間合わせる気持ち ない風でしたのに…

「電波が 乱れてるとか 時計本体が イカれたとかじゃなくて 君が なんか 出してるんじゃないの?」と

あんちゃ にやにやと 結論を貼り付ける

むうぅ

なんなんだまったく

わたくしが 触れたとたんに また ぐるぐるしちゃうような気になってきちゃって

触れずに 離れて しばし 眺むる

今のとこ ほぼ 日本の 現在時刻

この投稿は 2018 年 2 月 22 日 木曜日 06:34 に ブログ カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ