2018 年 2 月 10 日 のアーカイブ

のぼせ牛

2018 年 2 月 10 日 土曜日

のぼせ牛

炬燵布団の 間に 潜り込んでたものの

のぼせたか

よろり と でてきて

のさり と 横たわる

のぼせ牛

思わず おんなじポーズで にじり寄り

迷惑そうに 薄目で 一瞥 いただきました

台所窓辺蕾

2018 年 2 月 10 日 土曜日

蕾きました咲こうかなと

台所窓辺 しげしげさんの 一員

白菜さま

ふ て 色見せてくれました

咲きましょう

さんぽで

2018 年 2 月 10 日 土曜日

151796861935812359962741517968679332-1151329693あちこち空色つくしん

「ねえ なにしてるの?なにしてあそぶ?」と

おおきいさん Hくん

ん~ 春のお知らせ 探してるけど いっしょにさがす?と 訊いてみた

おこたちの やりたい気持ちがあれば 

あれこれ 提示など しなくてもいいんだけど

その目に「なんか 面白そうなこと いってくれよ」的な色を 勝手に読み取ったで

ちょ と 抽象的なこと 言ってみた

いいのよ いやなら 乗らなくても

と 思いきや

わたくしが おっ♪と 声をあげた つくしの頭やら

いたどりの 薔薇色の芽に

「わ♪なんか でてるねぇ」と ちょ と 応えてくれた

んで「よかったね」なんて

まるで 励まされるように 笑顔を 返された

わはは

土手の 斜面に寝転がって

ちょっとだけ 二人で 空を仰いだ

「寒いけど あったかいね」て

そんな 機微みたいな 会話 できるようになったのね

三月には ここを巣立ってゆく

幼稚園でも 素敵な Hくんで すくすくのびのびしていってね

なんか しみじみしちゃう

週二海鮮

2018 年 2 月 10 日 土曜日

151823561723312359962741518242181778-1151329693

あろうことか 

週二海鮮

でも 大義名分言い訳口実めいたこと 言わせていただければ

今日のは 引き合わせとか

見届け

受け渡しとか

…は 建前で

やっぱり おいしいの やさしいの 大好きな人に 会いに行きたくて

駆けつけたのでした

もくろみ時間より 30分 遅刻しちゃったけど

なにはともあれよかった

ふふふ

うれしくてたのしくておいしくて

るらるらる~♪

二人で書き物

2018 年 2 月 10 日 土曜日

二人でかきもの

金曜午前中で 年賀書き 終わらせたい…と うっすら 思ってたものの

母の 東北アララギ会 群山 歌稿提出助太刀もあったので

共に 飯台にて 書き物

そのことばえらびは ないんじゃない?とか いっちゃうこともあったけど

あまり言ってしまうと「んじゃ 書き直して」てな話になったり

いや それじゃ 母の歌じゃなくなっちゃうし わたくし 歌詠み 素人ですし…

その字 違うだろ とか 

字数 合わんだろ とか

ここに これ 書き込まなきゃいかんのでしょ とか

その程度の助太刀

あとは できるだけ 自分でやってくだされ と いいつつ

いつもより うっかり 多い 母に

はらはらしたり

挫けそうになってるのみて

余計な手出ししそうになったり…

結局 本日の 投函可能年賀は 十枚足らずだったけど

あと 61枚残すのみとなりましたる

楽勝♪(先日もいってましたね…ははは)

母の 歌稿も 無事 投函できたし

順調 てことにしとこ

フライや もりあやこ

2018 年 2 月 10 日 土曜日

15181697300391235996274

ばんげ

珍しく 呑まずに 揚げ物

揚げ終わってから 呑んだけど…

熱々食べてほしいから

先に 食べ始めててくれろ と いうので

いつも「ごめんごめん」言われるけど

そのほうが わたくしも うれしいのだな

フライって 見た目が ほぼ おんなじで

ちょ と 楽しくないけど

マヨネーズも タルタルソースもなかったもんだから

取り急ぎ作ったもんが ゆるゆるの ソース未満だったけど

味は まぁ 許容範囲

食べる様子 振り返り

ときどきつまみつつ

美味しい顔見て

うれしい フライや もりあやこでした