劣勢

どうみても 白茶が偉そう不憫だが付かず離れずになったり

先日

お馴染みの 白茶♀が やって来て

うちのなかを じいいっとみていた

きっと あちこちのおうちで そんな風にして

何かもらったりもしてて

でも すりすりまではしてこない

れっきとした 飼い主もいるらしい「あわよくば」さん

前 サカリの頃に やってきて

なおぅ らうぅぅぅ と 賑やかに お誘い鳴きしてくれましたが

今は 去勢したのかな?

いたって静かに 庭に来て くつろぐか じいいっとみつめるか のみ

んで うちの牛太郎

去勢したのに 交尾(疑似)行動がのこってて

「よろしくっ」と ばかりに 迫っていってしまうのですが

おっとり静かな 白茶ちゃんは その時ばかりは「やめろやっ!」と 素早く 反撃喰らわすのでした

その後の うしったら んも 胸がいたくなるほどに しゅ…ん として 不憫

先日 さなおばがきてくれてたとき

むむ…いつもじゃない人がいるっ!と 気づいた瞬間に 腰おとして あとじさりしていったそうな

その後 外に出て 戻ってきたのを ほら おはいりよ と 硝子戸開けたときも

「まだ誰かおるくさいよぅ…こわい」と

尻尾が ぺたしと 尻穴隠したまんま 震えるような ありさま

不憫さ 増し増し

でも そんなとこも めんこさ増し増しに とってかわるという

ねこばかのおはなしでした

この投稿は 2018 年 1 月 12 日 金曜日 21:10 に ねこ周辺 カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ