ほっとして飯台牛(猫だけど)撫でる

しょくたく

昨夜 日付変更線越えることなく 帰宅できましたる

お江戸 出番が 二回あっても

新幹線用いなくても

その日のうちに帰ることができるなんて

なんだか 感慨深いなぁ(ここで 九割九分のひとが「なんでそんな 難儀な移動方法を試みたのだ?」と 返してきたのは また のちほど 改めて検証するとして)

夜遅くなると さほど 道が混まないということもあり

行きは 三時間とちょっと かかった 角田 黒磯間

帰りは 二時間半くらいでした

しかしね 混まない道なもんで

ぶっとばしたいさんもおるわけですね

最近ニュースに上がっている「危険運転」野郎も 結構な確率で 遭遇する

福島から 宮城に入る辺りで 迫ってきた 秋田ナンバーの でかいトラック

二車線から 追越禁止車線に 変わる頃までに

わたくしを追い抜けなかったもんで

苛っとした 様子

追越禁止だから 追い越さんで そのまんま 緩やか運転に切り替えてくれるんかな?と 呑気に構えてたら 大間違い

煽るって これね てな 迫り具合

こういうときは 相手に 違反させてでも

ゆるりと速度おとして すこうし 路肩に 寄るべきなのだね

…なのに やっちまったよ

迫ってくんなよあぶねぇな と 速度あげてしまいましたわたくし

すると 更に 張り合おうとしやがったなてめぇ 的な 更に更に 迫り来るの

ひ~!

そして 対向車来る ぎりっぎりなのに

ぎょぎゃぎゃぎゃ なんて 爆音とともに 追い抜かしやがりました そいつ

こわっ

コンテナの 尻が フロントグラスに 擦れるかと思うくらい

やらかすのね

そんなに 死に物狂いで運ばないと 誰かの命にかかわるものなのか?なかみ…

関係ないところの命を奪ってしまうことがあったとしても?

ま 奪われなかったけどさ

いつかやっちゃうよ?そんなことしてたら

社会という場で 

人とちゃんと関わって 思いあって 生き合っていくなら

自分の思い通りだけで ことが進まないこと あるのに

ああいった 自分のペースごり押しな気持ちのままにいこうとする人が 増えているのって

なんなんだろうなぁ

人間関係希薄なまま 事を済ませてしまえるとか

合理化とか

そんな辺りにも 種はあるのかな?

危険運転秋田ナンバーは 白石インターチェンジに 消えていったけど

近いうち しかるべきとこに 捕まえてもらいなさいね と

激励?など 吐き捨てつつ

ちょ と ほっとした

朝 そんなこんな 父にいったら

「そういうやつは 頭おがすねん(おかしい)だから いったって通じねぇ。そんなやつに 殺さったら 損だ。道端に寄んなくてわがんねど(よらなくてはいけない)」と 叱るようにいわれた

んだね

意地になっちゃいかんね わたくしも

危険運転の芽

わたくしにもある

良からぬ育ち せぬよう

気を付ける

無事帰ることができて

ほっとして

うっし~など 撫でる

この投稿は 2017 年 12 月 25 日 月曜日 12:00 に ねこ周辺 カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ