2017 年 12 月 25 日 のアーカイブ

お迎え完了

2017 年 12 月 25 日 月曜日

めり~♪

強風のため 電車動かず

仙台長町から 帰れなくなっとった あんちゃを 

迎えにいって

無事帰宅いたしましたる

夜九時を過ぎても 道が 渋滞状態でありました

いやはや こんなに ずっと 強風なのって 久しぶりでは?

玄関に 訪ねてきたかた 迎えようとして 

漏れ無く ドア ば~ん!あわわわわ~すんまへ~ん!を 朝から 何度か繰り返してしまってた

うちのガタガタドアノブが 更に まずいことになっております

ま なにはともあれ

みなさまも ご無事でありますように

めり~♪

それもまたよろこび

2017 年 12 月 25 日 月曜日

うるけました昨夜 サプライズ的に 帰宅したら

恐縮するほどに 喜んでくれたは いいが

んじゃ あれもこれもそれも やってもらえるのだな的なとこに着地

むうううぅ

読めてた展開

それもまたよろこび

でも 朝なんて 十回以上 母から電話あったのに 早起きできませんでした 

すまぬ

んでもって 今日こそ 行けるぞ の ご無沙汰会議

やはり 行けぬことになり

どのみち 行けないって言ってたから 先方には なんのかわりもなしってことで

報告せずにおりますのよ

わたくしのなかでだけ ぐるぐると めぐる よろこびとか もうしわけなさとか あれとかこれとか まず丸めておいといて

うるけた 昆布と 煮干しを どうにかしてから…

持ち直す

2017 年 12 月 25 日 月曜日

持ち直す

帰宅したら

台所窓辺しげしげさんたちが

若干 くなり と 萎れかかっていた

冬場だから 水の心配しなくてもなんとかなるかな と たかをくくって

水やりを 頼まずに出掛けてしまったのでした

すまぬ

諦め半分 取り急ぎ水注いだら

朝には しゃん と してました

水を得たら すぐさま 活かして 生きてゆく

その素早さ素直さ

見惚れる

ちょ とした 欠乏感に

容易く萎れたり 腐り続ける 己を 省みつつ

見習わねば

ほっとして飯台牛(猫だけど)撫でる

2017 年 12 月 25 日 月曜日

しょくたく

昨夜 日付変更線越えることなく 帰宅できましたる

お江戸 出番が 二回あっても

新幹線用いなくても

その日のうちに帰ることができるなんて

なんだか 感慨深いなぁ(ここで 九割九分のひとが「なんでそんな 難儀な移動方法を試みたのだ?」と 返してきたのは また のちほど 改めて検証するとして)

夜遅くなると さほど 道が混まないということもあり

行きは 三時間とちょっと かかった 角田 黒磯間

帰りは 二時間半くらいでした

しかしね 混まない道なもんで

ぶっとばしたいさんもおるわけですね

最近ニュースに上がっている「危険運転」野郎も 結構な確率で 遭遇する

福島から 宮城に入る辺りで 迫ってきた 秋田ナンバーの でかいトラック

二車線から 追越禁止車線に 変わる頃までに

わたくしを追い抜けなかったもんで

苛っとした 様子

追越禁止だから 追い越さんで そのまんま 緩やか運転に切り替えてくれるんかな?と 呑気に構えてたら 大間違い

煽るって これね てな 迫り具合

こういうときは 相手に 違反させてでも

ゆるりと速度おとして すこうし 路肩に 寄るべきなのだね

…なのに やっちまったよ

迫ってくんなよあぶねぇな と 速度あげてしまいましたわたくし

すると 更に 張り合おうとしやがったなてめぇ 的な 更に更に 迫り来るの

ひ~!

そして 対向車来る ぎりっぎりなのに

ぎょぎゃぎゃぎゃ なんて 爆音とともに 追い抜かしやがりました そいつ

こわっ

コンテナの 尻が フロントグラスに 擦れるかと思うくらい

やらかすのね

そんなに 死に物狂いで運ばないと 誰かの命にかかわるものなのか?なかみ…

関係ないところの命を奪ってしまうことがあったとしても?

ま 奪われなかったけどさ

いつかやっちゃうよ?そんなことしてたら

社会という場で 

人とちゃんと関わって 思いあって 生き合っていくなら

自分の思い通りだけで ことが進まないこと あるのに

ああいった 自分のペースごり押しな気持ちのままにいこうとする人が 増えているのって

なんなんだろうなぁ

人間関係希薄なまま 事を済ませてしまえるとか

合理化とか

そんな辺りにも 種はあるのかな?

危険運転秋田ナンバーは 白石インターチェンジに 消えていったけど

近いうち しかるべきとこに 捕まえてもらいなさいね と

激励?など 吐き捨てつつ

ちょ と ほっとした

朝 そんなこんな 父にいったら

「そういうやつは 頭おがすねん(おかしい)だから いったって通じねぇ。そんなやつに 殺さったら 損だ。道端に寄んなくてわがんねど(よらなくてはいけない)」と 叱るようにいわれた

んだね

意地になっちゃいかんね わたくしも

危険運転の芽

わたくしにもある

良からぬ育ち せぬよう

気を付ける

無事帰ることができて

ほっとして

うっし~など 撫でる

似てるけど

2017 年 12 月 25 日 月曜日

やさしいねこ の 本

『やさしいねこ うちのぽー』太田康介 著(扶桑社)

なんだか うちの 牛太郎に 似てて

買ってしまった

しかし ぽーさんは もうこの世にはおられないとのこと

その事実に まず 泣くという

でも いてくれたことを こうして見せてくれてありがとう と 思う

今 いる うっし~を 撫でて

今 漏らすことなく 愛でていたい とか 思いながら

めり~♪

2017 年 12 月 25 日 月曜日

めり~♪キリスト教の 信者でなくても

クリスマスという 空気に包まれて

あちこちで うきうきしたりしてる

こんなにも 社会的に 影響力あるって すごいことだな

もとの場所 形から はなれて

それぞれのところで より馴染むかたちに 育ってゆくということ

それでいいのだと思う

それぞれなりに 幸せうまれますように

めり~♪

改めて 身が引き締まる

2017 年 12 月 25 日 月曜日

23日(土)

阿佐ヶ谷のパフォーマンス終えて

黒磯お宿に「帰った」のち

何気なくつけた テレビ

坂本長利さんが 出ておられた

もう何年も前

さなおばが 仙台町中で 坂本さんを見かけて

感激の勢いのままに 公演依頼をして

あれよあれよという間に エルパークにて

『土佐源氏』を やることになって

わたくし ちょ とだけ お手伝いさせていただいたことがあった

幕開けすぐ

ひとくだりの 台詞ののち

和蝋燭を 吹き消す役目だけだったのだけど

絶妙のタイミングと 空気加減で

物語世界の 空気感を 

蝋燭の芯を 駄目にせず 吹き消すこと

それが 針の穴のような 一点目指すという 

其の世界の 一員としてある と 

短い時間で 感じさせてくださった 坂本さんの わたくしに対する 向き合いかた

とてもとても 濃密なる時間だった

神経を集中させた あのときを 思い出す

あぁ すごいなぁ

さらにすごくなってるなぁ

其の近くに居合わせる光栄を 活かしきれてない 己の 甘甘さを 改めて思いつつ

胸の奥が 

きゅ と 引き締まった

てんちゃん

2017 年 12 月 25 日 月曜日

1514098818317-2716988231514098855355370429664

阿佐ヶ谷での 初対面

「てんちゃん」

なんと お隣 山形におられるのですて

近くにおっても きっかけがないと 知らずにおるのだなぁ

とても安定感あって 朗らかで 素敵♪

出逢えて うれしいうれしい

たどり着けた~♪

2017 年 12 月 25 日 月曜日

たどり着けた♪

やさしくたのしい 阿佐ヶ谷パールセンター商店街 クリスマスパフォーマンス終了して

あ 用足しできそうだな と 思ったものの

荷物持ってうろうろは きついかな

それより何より 

もしかしたら 今 北上したら ひょっとして…と 思い立ち

下り電車に 小走りして 飛び乗った

んでもって 乗り換え案内を ネットで 調べてみた

黒磯 生そば 冨陽さん 営業時間 目指せるかどうか…

おおぉ うまくいけば 閉店 15分前には たどり着けるぞ

ゆっくり 食事できなくても

持ち帰りの そばがきコロッケならば 買えるかもしれない

乗り換えで 寝過ごすなよ!わたくしよ と 気合いいれつつ

…んで 

たどり着けた~♪

1514113061557-271698823

どたばたすみませんっ

お時間大丈夫ならば 持ち帰りの そばがきコロッケを…と 言いかけたら

「あっ 大丈夫ですよ~♪お食事も」て

ふわん て 微笑んでくださり

うわ~ん うれしひ♪なんつって

うきうき 腰かけましたる

ビールは 運転があるので 我慢して

大好きな そばがきコロッケ

間違いなく んまいわぁ♪

昨日からの「渇望」つのってたかんじ

腹ペコわらすこみたいに

わっしわっしと 二個 食べ進んでしまい

あっ せめて もう一個は 惜しんで食べよう なんて 

いったん 速度を緩めた

1514113554432370429664

そして 季節限定 ゆずきりそば

この ふぅ♪と 柚子に包まれる感じ

たまら~ん♪

まず そのまんま

つぎに 塩で…

はむっとしたあと 鼻から息を抜いたりして 楽しむ

柚子の 香りに 慣れてしまったら

ちょ と 汁につけて 

出汁とか しょっぱみで いったん 柚子慣れを 流してみる

また そのまんまで つぎに 塩で

…なんて 堪能いたしましたる

林檎に 柚子のシロップ漬け乗っけた 特別デザートも んまかったです~♪

そして ちょ とした お楽しみライヴの ご相談などさせていただいたりもして

またもや おいしさとやさしさとたのしさに ワクワクエネルギーいただいて

帰り道 眠くもならず

うきうきでありました

ほんとうに 冨陽さんが ここにあってくださたこと

出逢ってくださったことが ありがたくて 幸せだあぁ なんてなことを

大袈裟でもなんでもなく じわじわと 思う

来年 さらに あれこれ よろしくお願いいたします♪

毎年恒例

2017 年 12 月 25 日 月曜日

なおねぇたんとらぶてんこ盛り

阿佐ヶ谷パールセンター商店街へ

なおねぇたんが 会いに来てくれた~♪

美しいもの たのしいもの たしかなもの 素敵なものに

まっすぐ 手をのばす

きらきら 素敵な人

お楽しみ袋に あれこれ たのしいものおいしいものかわゆいものとともに ラブレターまでも

あぁ なんか すんごく 愛 

ありがと~♪