2017 年 7 月 29 日 のアーカイブ

劇団まんざら 初体験

2017 年 7 月 29 日 土曜日

シニア劇団まんざらレンジさんと 舞台ぢょゆうさんたち愛

惚れた 表現への 愛 炸裂する レンジ節

いつも 桐島レンジさんが 何かに 惚れ込んで 思いほとばしらせる投稿(顔本とかね)は

ついつい その勢いに巻き込まれて その方向へ 導かれてしまい勝ち

乱暴ぶったことばを 放つこともあるけど

根っこに すべて 愛があるのだな(愛がなければ 見向きはしないだろうし 構いもしないさな)

んで 本日 レンジ節ほとばしりに 乗っかって

仙台シニア劇団まんざら 第七回定期公演『歌うシンデレラ』初体験させていただきました

シニア…と 銘打っておられるものの

老齢ぶりを 切り札にしておられるわけでなく(それなりの お約束的 落としどころはあるにしても)

別役実さんの 本の 

突拍子もないような 童話の あの人 この人 その人の 役柄に

役者さんの お人柄が じんわりと うつしこまれて

生身の人の 愛しさが 染み出してくる

それぞれの物語は それぞれにすぎなくて

パラレルワールドみたい

出会えない

「でも 本を開けば あなたの物語のなかで 出会える」(正確な台詞でなくてごめんなさい うろ…)

なんだか この辺りの 台詞が

ぽぽん♪と 背中を撫でてくれるみたいな温かみで

ふと 涙など出てしまったよ

やさしいなぁ

ことばが

眼差しが…

また観たいな

会いたいな

まんざらの 人たちに

そんな ゆかいに やさしく あったかい 時間と空間でした

ありがとうござります~♪

きっとまた 

シップマンの一日

2017 年 7 月 29 日 土曜日

シップマンの一日

先客

先客

暗闇ワンダーフォーゲル帰宅ののち

筋肉痛がひどくならんよう

しゃわなど浴びて マッサージして

水分 グレープフルーツ分 たんと飲んで

くさあやちゃんに去年いただいてた 筋肉痛によい 薬草液 塗り込み 眠りましたる

しかし 布団に 先客おって 退けてもらえず

妙な形で 寝たもんで

別のとこの不具合 出てくるのも 困るので

朝 ゆっくり ゆるめてほぐして

薬草液&あちこち湿布も 貼って

午前中は アラビア語レッスン お休みさせてもらって

ゆるりごろりしてました

大分よい感じです

午後の予定は 滞りなく

るん♪

…なんつって 明日以降 本格的に 疲れ出たりするかもしれんから

油断大敵

そんなお年頃

二度とやらん…の はずが

2017 年 7 月 29 日 土曜日

猫の子二匹その後 電車

徐行運転で 一時半に 隣町 船岡までたどり着き

さぁて タクシー様いてくだされ…と 祈る思いで 出てみたれば 

し~ん

営業所が近くにあるから そこへ と 行ってみたらば

し~~ん

電話かけたら「本日の営業は終了いたしましたアナウンス」

ひ~~~ん!

田舎町って タクシーも 早寝早起きなのだわ

「眠らぬ町」て 言う言い方あるけど

これは もともと「眠る町」が基本あるからなのだな

人は夜 眠るもの

正しいっす

いっそ「眠らぬ町」仙台まで 出てしまった方が よかったのかも…てな後悔は 何の役にもたたんので 破棄

んで 十なん年も前に 酔っぱらって うちのまちに着く最終電車乗り過ごし

隣町 船岡まではたどり着いたものの

そっからタクシー…じゃなくて 歩いてみっか と ほろ酔い無謀頭で ふらふら歩き出したはいいものの

街灯もないエリアの多い 小山登り下りやら 田んぼ道 うねうね…

暗闇はそんなに 怖いものではなかったけど

時おりすれ違う 車に対する 警戒妄想膨らみ

何か良からぬ輩が近づいてきたときのために!と

鞄に入ってた カッターナイフなど ちきちきちき と 若干 刃を出したまんま 握りしめつつ 歩いた二時間半

足腰痛み

カッター握りしめてた 手は こわばりしびれ

へっとへと

わたくしの方が あぶねぇやつでありましたね

周囲の人々からも「なにやってんだあぶねえなにどとやるなや!」と 心配と共に むちゃくちゃ叱られ

もう二度とやりません!と ゆるく 決心してた…のですが…
そうです 歩く を 選びましたる

決心なんつったって

昨夜のは 不可抗力だもん もう降りちゃったもん 誰も来てくれないもん 駅に寝れそうだけど(おとがめするような人もおらん)疲れそうだもん 歩いちゃうもん 雨やんでるもん…てね

途中のコンビニエンスストアで 休み休み…と 思いきや

仙台大学近くの コンビニエンスストアののちの ポイントは

早寝早起き コンビニエンスストアで

真夜中は やってなかった…真っ暗

残念

あとしばらくは 店も なんもなし

出逢ったのは コンビニエンスストア周辺での 猫の子 二匹

生き物みな 寝静まる 小山道 田んぼ道

そんななか より 明るいとこ

より 平坦なとこ 選んだつもりが

途中 車とすれ違うのを避けて 進んだ道が

真っ暗で うねうねで 起伏のある タクシー運転手さんが 近道に選ぶとこで

歩くにゃ 近いと感じられない

もしかして わたくし 足踏みしてる?と 思えるような瞬間の連続

それでも こんなとこで くじけたら 取り返しつかないだろな てなことを 原動力に

がむばりました

時折 肌を撫でる 蜘蛛の糸とか

夏草の匂いとか

遠く 人が 安らいでるであろう灯とかに 慰められ

痛む場所は 部分的で 決して 全身まるごと 傷んでいるわけでもないぞ 平気なところのパワーよ 足に 降りてこい…などと からだとの お話やら

真っ暗で 静かな道々も なんだか 賑やか気分で おりました

うちの玄関見えた辺りで 足が ギブアップ宣言したみたいに もつれ

あわや 転倒しそうにもなった

気力体力 自宅までサイズ

切れかかった 携帯充電しながら ご心配と共に 寄せられたメールやらメッセージに お返事して

しゃわ で 汗流してから 寝ました

いやはや ご心配お掛けしました

なんとか 元気に 起きました…が

午前中の用件は お休みさせてもらお

よい子は 真似しちゃだめだよ

来てくれた

2017 年 7 月 29 日 土曜日

冷やしてくれるなぁ仙台ゆきの 電車

遅れに遅れて 

でも来てくれた

でもまだ 走らん

これで 船岡までいって タクシーかな と思うものの

タクシー おるんか?

こんな真夜中過ぎまで 電車走ってるなんて 都会なこと ないもんなぁ

まぁ いますように と 願うしかないやね

すこぅし 肩が冷えてきて

手持ちの手拭いと 深海展で買った 真新しい手拭い 二重にして 纏ったりしてるとこ