生姜の前に

生姜と ご本と したがきとマニアック野菜描き

モヤシの下描きののち

病院予約のことやら

母お昼寝からの 起きるの助太刀とか

まぁ 大した 用事あるわけでもないのに

その後 捗らず

あっ 庭で 草花虫虫見てたの 結構 長かったか

…んで 生姜描き始めようかな てなとこで

お荷物届く

ややや

新刊

うれしい♪とはいえ

今のスケジュールやら 体力で

なかなか 読み進められないものばかり増えてる一方なもんで

積ん読の 一層 また増えるな

いや でも 読む気満々なのよ

そんなのが もう 100冊いじょうあるから 

一生 もう本なんか 買うなっ!と

過去に 思ったこともあったのだけど

やはり 懲りずに 出会いの糸口はつかんどく

これからもきっと そんなこんなだ

現時点で じわじわりと 楽しんで読んでいるのは

今村欣史さんの『触媒の歌』と

星野道夫さんの『旅をする木』と

おぢから いただいた 西谷文和さんの『「テロとの戦い」を疑え』なのですが

さきほど 探し物をしてたら

それどころじゃない 読みかけの本が 垣間見えて

うっすら 戦慄してしまってたとこでした

お陰で 今日は 涼しい気分だす

…いかんいかん

あといくつか 野菜描いて

ばんげのしたくして 

片付けして

ピアノ仕事に突入だ

この投稿は 2017 年 7 月 18 日 火曜日 14:52 に ご本のこと カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメント / トラックバック 2 件

  1. k.今村 より:

    『触媒のうた』は8年もかけて作った本です。ゆっくりと読んでください。

    • bunbun より:

      今村さま ありがとうござります
      ゆっくりゆっくり 味わって 読ませていただきますね♪

コメントをどうぞ