2017 年 7 月 11 日 のアーカイブ

休養的 午前中

2017 年 7 月 11 日 火曜日

うしごろり本日 午前中は 未だ仕舞い込んでない 冬物の およふくを 仕舞ったり

トイレ掃除を…と ぼんやり展望は あったものの

昨日の タップ出張稽古で 調子にのって

久しくやってない わざものを

よろしからぬ例として 踏んで(正確には 飛んで…てなやつ)みたらば

見事に よろしくないことになった

左足の 付け根

あぁ これは 大腿骨の 外側の 噛み合わせのあのあたり

あちこち 不具合あるくせに 

調子いいときって つい 忘れちまうのな

いかん…

時間経つにつれて 痛みやら 熱持ってくる感じ

捻挫的なものだな

切れたり 折れたりではないようなので

しずしずと 養生することにいたしましる

まぁ そうはいっても

なにかと あれこれ 呼ばれて うごかにゃならんので

寝転がってるわけにはいかないのだけどね

うっし~よ

ちょいと かわってくれまいか?

はじめましてkuberuさん

2017 年 7 月 11 日 火曜日

素敵な若者頑張るお店昨日

リトミック仕事ののちの 用足しも済んで

出張タップ稽古まで 半端な 時間

ゆったり ご飯食べるには ちと 少な目

かといって なんも食べずには へたばってしまいそう

昼時で 込み合うお店

たくさんすぎず 少なすぎず 

どこならば ちょうどよく 美味しく ご飯食べられるか…

そんな思いで 花京院~本町あたり

ふと 顔をあげたら

今まで見たことない 看板

Music Cafe kuberu」(こちらのリンクは お店のツイッターのものですが 文章は 見られるはず)

そういや この界隈は 車で走り抜けることばかりだったから

どんなお店があるのか ちゃんと見てなかったった

できたばかり風

小さいビルの 二階

すりガラスには しーでーらしきものが 並んでる

ミュージックカフェ?

ここならば ごっつりご飯ではない感じ

わたくしには おされ過ぎるかもしれないけど

えいやっ と 入ってみる

そっけなさを 敢えて 設えたような店内に

いろんな トーンの テーブルや椅子

界隈の お仕事人さんたちで そこそこ 一杯になってた

お店の方 とても ぴちぴちと 若いさん♪ 

カウンターへ座って ドライカレーと チャイを 頼んだ

ごっつり過ぎず やさしい甘さの ドライカレー

このときのわたくしの スケジュール(このあとすぐ おどらにゃ…とか ね)に ぴったりでありました

やはり 時間ギリギリ迫る感じになってしまい

食後に…と お願いしていた チャイを 

今持ってきてはくれまいか…と お願いした

大忙しの合間

カウンター越しに

「このあたりで お仕事なさってるのですか?」的なこと(有能補聴器オーテァコンアジャイルプロライトミニさん 装着してなかったもんで 曖昧…) 話しかけてくださって

タップ稽古のことなど 言葉交わしたけど

素敵な 愛らしさの おねえさん(絶対年下だろけど)

「二階だから 分かりにくいと思うんですけど 来てくださって ありがとうございます」てなことを 

ふわん♪て 明るい色の お花みたいに 笑って 言ってくれた

か…かわゆい♪

おにいさんも やわらかな 雰囲気

kuberu というのは「火にくべる」から 来てるみたいで

生活に 火をくべて 温かさや 灯をともすような 音楽に出会えるお店を…て ことらしい

スタンプカードもあるって

また来ちゃおう 応援しちゃおう て 思っちゃいました

今村彩子さん

2017 年 7 月 11 日 火曜日

ドキュメンタリー映画『架け橋~きこえなかった 3.11』でも たくさんたくさん 東北での取材と その後の繋がりを大切にしてこられた 今村彩子監督さん

知ることで

足りなさを 考える きっかけができる

より広い 深い 安心につなげられる

そんなことをしみじみ思う

その きっかけになるであろう 今村彩子監督さんの映画

たくさんの人に 届くといいな

この度 宮城県聴覚障害協会創立七十周年記念式典にて

感謝状が 送られたとのこと

ご挨拶 ビデオ

なんとか また 上映していただく機会を 企まねば

塩揉みもりあやこ

2017 年 7 月 11 日 火曜日

じりじりてくてく昨日は リトミック仕事ののち

ちちははからの 頼まれごとで お三越へ

…今時分の ご挨拶物々交換…の 手続き御用達でした

手続き開始時よりは 大分混まなくなったでありましょうが

なんか あの わやわや感

商いで 勝利を納めるぜ!的 みりみり感に

ついつい 呑まれて揉まれて

ぐにゃり と なってしまうのだよね

なんだろう この 吸いとられ感

己の思いではないところの 頼まれごと 作業的な気持ちでおるからかな?

いかんな…

役立ってうれしいわぁ♪とか

あっ いつもあの方々には お世話になってるから 喜んでくれるといいなぁ とか 

そんな気持ち 振り返るのを怠っておりました

だって 暑いと 色々面倒くさくなっちゃうんだもん

しおしおのばぁ…(文字 うち間違ったけど ぱぁ じゃないとこ ちょ と 等身大)

塩揉み胡瓜みたいな感じでありました

ならば みずみずしくなくなった分 おいしさ ひきだされとくれよ と

わけのわからない願望など しぼりだしつつ

遠く遠くに停めてしまった車まで じりじりてくてく戻った

心身の 水分補給 怠っちゃいかんな