2017 年 5 月 21 日 のアーカイブ

始まる前まで

2017 年 5 月 21 日 日曜日

うつくしくほのぼのと楽しくしまっていくいいぞいいぞ

よりよく を めざす

よりよくなってる

準備万端

2017 年 5 月 21 日 日曜日

ちらし弁当なななちゃん受付嬢きあいいれて

午前中からの 仕込みや 確認

たび彦さんからの 激励鰻弁当も いただいて

あとはもう お客様を迎えるばかり

ふ♪て やわらいだり

わはは て 愉快になりに

新高円寺 クイーンズ伊勢丹うしろっかわのビルの 2階

スタジオSKまで ぜひに

久しぶりの「いつも」とか

2017 年 5 月 21 日 日曜日

珈琲んまいぷぢちゃんめんこい

久しぶりなのだけど

でも「いつも」の 感じで

お師匠 はとちゃんまんちゃんちで

太陽と月の珈琲 飲んで

ぷぢちゃん(ふじこさん)の パンチいただいて

…ふぅ♪

あれもこれもつれて

2017 年 5 月 21 日 日曜日

ゆくゆく白足袋に

うっすらと むらさき

これは 庭の にわぜきしょうの 花びらの汁

別世界へと 向かっても

暮らしの あれこれ

これまでの それこれ

身に染みている

纏って生きている

今を また この身に活かしてゆくのだな

ゆくのだよ

♪ゆくゆく あるいてゆくとちゅう♪

谷川俊太郎さん 訳の マザーグースの一節など 浮かんで

ゆくゆく 歩いている最中

呑んでばかりだが

2017 年 5 月 21 日 日曜日

改めまして改めて 仕切り直そう 振り切ろう と いう思いがあった

でも 仕切らずとも なるようになるものだな

やはり生身だな と 思い直せたりもした

細やかに 思うことは

時に しつこくその考えにこだわりとらわれて不自由不自然になることにもなりかねん ギリギリのとこだよな

まだまだ 力んでいる

それが くせのわるさだったり

かわいげだったり

まぁ これからも でこぼこいろいろなんだろうけど

よい♪

懐かしいような

2017 年 5 月 21 日 日曜日

リハーサル指導という責任音響効果おおきな木思うところいったり待ったり

ハトリミームラボ 前日リハーサル

緊迫感

焦燥感

納得

取り繕い

ヤケ…

あぁ すべて お馴染みの 空気

そこをなんとかよりよく と 

いろんな意味の 汗を流しつつ

叱咤激励指導する お師匠はとちゃん

思うところ 言ったり 待ったり

なんだか 涙でた

そして まんちゃん

アドバイザー的 大先輩 ケチャップリンたび彦さん

出演の しいなまん えみちゃん こうたくん なななちゃん あすかちゃん ほりかーさん やまもとともだちくん…

短い時間で 確認しながら 音合わせる 音響 国井さん

八時間近く

ぎうぎう ぐいぐいと 磨かれていった

本番 きっと よりよいよ

楽しみだ

「叫びの海」雑感

2017 年 5 月 21 日 日曜日

プーク人形劇場木々のしたでみたい垣花理恵子さんに

生々しく

艶かしく

踊りとして流すというよりも

なぞる

撫でる

その輪郭を生きなおす

わかることばと わからぬことばの 奥の

懐かしい手触りは

違う場所なのに

同じいのちの 流れに 出逢う感覚

そんな思いが 浮かんでは 

またひっそりと 沈んでゆく

『叫びの海』

プーク人形劇場の こぢんまり濃密な空間もよかったけれど

森や 木々の間で 観たいような気持ちになった 舞台であった

朝 葉っぱを見ていて 掬い上げられた

思いと

おなじことば(ちがういのちおなじながれ…みたいなとこ)が うたわれて

ちょ と 震えた

この舞台という 輪郭線を きっぱりと引いた 垣花理恵子さんは

やはり やわらかくしなやかに  

ひと安心の 脱力もなさりつつ

すん と 立っておられるかたであった

ドキドキしながら

お目にかかれた うれしさに

記念撮影

改めてまた タゴールに 出逢い直しにいこうとおもう

いやぁ 尺八の 音色

狭間のものだ

余白を

隔たりを 柔らかに 満たすのね とか…

雑多なる感想ですけれど

とにかく

また お目にかかりたい「むゆうじゅ」という ありかた

ありがとうございました