2017 年 5 月 3 日 のアーカイブ

丸め込んじゃえ

2017 年 5 月 3 日 水曜日

筍ご飯ごちそうさまでした

筍の

胸のすく 法則と

乱調の かわいげを

丸め込んで 

炊き込んで

おいしいご飯ができました

色々あるけど

おいしいね て 笑えたよ

今日に はなまるつけましょう

乱調もあるのさ

2017 年 5 月 3 日 水曜日

筍皮の法則

皮の「あわせ」

右前の次は

左前

森羅万象の司り

規則正しく

胸のすくおもい

しかし 今回のは 一部

右前 右前と 続いた

おぉ たまには 乱調もあるのか

己の 乱調ぶりに うなだれていたところ

たまには そんなんも 可愛いげ?なんて

調子のいいこといってみる

すこぅし ほっとする

無駄に泣く

2017 年 5 月 3 日 水曜日

いろいろすまぬ母の 東北アララギ会「群山」への 月一 歌稿提出 付き合い

倒れてすぐの時は 代筆してたけど

こことこ もうずっと お道具揃えれば

一人で 書けるようになってるので

ばんげの支度しつつ

下書きの 誤字脱字 表現の重複やら 

言い回し

書き方の お作法の チェックなど 助太刀

…んがしかし

なんだか 疲れたような やる気ないような汁 滲み出させて

「あんだ やってくなぃんわ」とか

「わがんねぇ」とか

調子でないときもあるの わかるけどね

わたくしも えすとろげんちゃん 備えの時期に入ったのか

心身 もやん としてきて

ご機嫌成分が いまいち 出てこない

大切なとこの 誤字脱字 指摘する度

「なんだや まだがわ やんだぐなったわ」とな

んで 書き入れねばならない 規定の文字があり

それを「わがんねぇ 書がんねぇ」と きたもんだ

のぎへんに たかい て 書くのだよ とまで 言った文字(稿)さえ

まぁ 疲れちゃったのでしょうけど

わたくしも 疲れちゃってて

そこは 助太刀せずに じぃ と 母を見ていたら

すらり と「稿」書きましたとも

書けんぢゃん なに「わがんねぇ」だの「書がんねぇ」だのって…

ことば選んで 歌詠んでるくせに なんで 適当に 意味こもってない ことば 喋ってんだよ ほだんも やんだごったら 全部 やめっつまえっつんだ!

途中で 己の 放つことばに おののきつつ 

もう 引っ込められぬ勢いの ことばの背中を 見送る感じ

分離的 心境 

そこまで言う必要もないのになぁ という 愕然とした 心持ちで

泣いてしまいましたとさ…わたくしが

母に「ごめんね」なんて 言わせてしまった

すまぬ

母が 謝る話でもないってのに…

でもさぁ なんか 無難に 使い回しの ことばとか 歌とかで 済ませようとしてるの 勿体無いのだよな

今月号でも 優秀作品扱いしてもらえて

お祝いの電話 もらったばかりなのに…

寄せ集めねぇで 今の心境 詠えっつうの!と

何様の口ぶり わたくし

結果 一昨日の「三時間待たされて 診察一分で終わって げんなり」した 病院のこととか 詠んでたけどね

そのほうが ずっといい

無駄に 泣いた分(益に 泣く…なんてことも 無いのだろうが) 

また 酒などのんで クールダウン…てこともないか?

薬剤かけといた ポータブルトイレのこと 思い出して

その場を離れ

がしがしみがけば 気持ちも切り替えられるかな とか 無心に やってたら

コンロに かけてた鍋 失念して

大騒ぎされたりもして

ああああぁ

人には 聴き心地 よさげなこといっといて

自分のこととなると ぐっだぐだばかりの日でありました

明日は まぁ も少し ましになるでありましょう

こねくりまわさず

2017 年 5 月 3 日 水曜日

お上品柴田町の 筍を 入手したで

アク抜いて

朝 出汁醤油で 煮た

庭の 山椒 乗っけて

「あんだにしては 珍すぐ こねぐりまわさねぇで 上品に仕上げだな」などと

うっすら 普段の 粗雑さも つつかれつつの

高評価

ま みんな んまい て 食うてくれたし

よしとしよう

読みごたえ!

2017 年 5 月 3 日 水曜日

うれしいなうれしいなたまらんポプラ社さんの しぜんのひみつ写真館 ぜんぶわかる!シリーズ『アゲハ』新開孝 著

届いた

今まで出会った アゲハ関連の本の中で

一番見やすくて分かりやすくて実用的でもあって(帯糸が切れてしまったら…なんて まさに!みどりこさんと共に 過ごすと 遭遇してしまう 悩み事)

読みごたえもある

うれしいなうれしいな♪て

はひはひして

じっくり読むというより

まず 取り乱している感じ

めくって にやにや

閉じて にやにや

…たまらん♪

そういえば 新開孝さんて

かつて クレヨンハウス主催の サマーカレッジや 

仙台の 横田やさん主催の「こども学フォーラム」に 行ってた頃

講師のひとりとして おられたのではなかったかな?

うれしい本

うれしい再会を

ありがとうござります~♪

猫の手は 貸さない

2017 年 5 月 3 日 水曜日

布団くらい畳んで…て 無理

この 毛玉ものがおったので

布団も畳めないし 部屋の掃除もできない~♪ なんて

責任転嫁しようとしたものの

いつの間にか 庭で 寝ておった

布団畳んでから 出掛けろよぉ なんて

言ってみたりもするけど

猫の手は 貸さないよな

第一「手」じゃないし その ぷにゃ…てした 前足はさ

己のためにしか 用いないであろうそれ

でも いつも 勝手に 撫でてもらってる気分であるのよ

さ 布団ぐらい 畳むか…自分で

手間かけりゃいいってもんでもない

2017 年 5 月 3 日 水曜日

剥いたよ剥いた一昨日

人生で初めてかも…な

うずらの卵 10個 茹で&剥き して

八宝菜ならぬ 十宝菜 こさえましたが

味付けのことやら 

野菜が多いことやら

冷凍海老の 調理の 不手際さとか

んもう お小言 大行進的に くらいまして

言いたいことはわかるけど 言い方ってもんが あるだろうがよ こら…と

穏やかに 受け取りつつも 

内心 おんどりゃ風 三白眼になってしまい

いかんいかん 

このままでは 心ささくれだったまんま 引っ込みつかなくなるぞ と

早々に 部屋に引っ込み…の挙げ句 

ふて寝の体で 記憶寸断

いや~

またもや 家族らに むんつけ鬼娘 持て余す気分にさせたろうな

むんつけの ほとぼり冷ます意味合いは たしかにあったけどね…

日々 己の ケツの穴の 小ささに

溜め息ついてるのに

3秒後に 忘れて おんなじようなことやらかすのね

気を付けるつもりはあるぜ

懲りずによろしくお願いいたしまする…の 気持ち

ほやりべんじ

2017 年 5 月 3 日 水曜日

氷も入れたよ艶ぴかだったよ昨日のばんげ

つい先日

大変 申し訳なくも 残念なことにしてしまった ほや

かなり 落ち込みましたが

手を合わせて拝みつつ

EMと共に 畠の肥やしになってくれ と 見送り

昨日 気を取り直して リベンジ

すぐ 調理するつもりではあったけど

念のため 

買うときに 氷まで 袋に入れたよ

ほや色

艶ぴかだったよ

ううぅ うれしおいし♪

しかし こんなに 足の早いものだったのだよね

忘れかけてたよ

盆地のものにまで 美味しくいただけるようにしてくれる 現代文明の利器たちよ

考え出してくれた人たちよ

ありがとうよぅ

なんてことまで 並べて 乾杯

なんぼいってもだめなんだこれが

2017 年 5 月 3 日 水曜日

草むしりその草は むしらないでけろ と言っても

ほぼ 意地になって 殺戮的 草むしり

これからまた 父と 

なんぼいっても 折り合えない 草存続の 攻防の季節でもある

何年かかけて 懐柔できたものもあるけど

「雑草」とか

「草」ひとくくりだから

種類言っても

「ほだもの わがんねぇ!」と 突っぱねる

まぁ 体力的なものもあるから

すべて むしり尽くされることは ないとしても

目の前で 温存して増やした 

ねじばな にわぜきしょう しんたかさごゆり きいろつめくさ やえざきどくだみなどなど

ざっくざっくやられると

胸が痛くなる

庭水道周りだけで やめてもらいてぇ…

「今まで 金かけて 綺麗にしてきたのに かまねぇで 要らねぇ草ばり生えで 気分悪りぃ」て 気持ちも わからなくはないけどさ

その草は めんこいと思って 残してる…て 気持ちは わかってもらえない

とほほ

いのちのみちすじ

2017 年 5 月 3 日 水曜日

れんげたねはなぐも山椒が花盛りだよ

次の ひとあしを 見失いそうなとき

草に 伏して 寄る

蓮華が 種をつけてくれたよ

はなぐもが 待ち伏せしてるよ

山椒が 花盛りだよ

いのちのみちすじを

改めて ととのえて

また 立ち上がる