2017 年 5 月 のアーカイブ

まずった!

2017 年 5 月 31 日 水曜日

とほほ先日いただいた 発芽黒豆茶

なかなか 香ばしくて んまい

今朝も 煮だして

保育仕事に持っていこう と

気に入りの ニューニューマグ(TBCテレビ ウォッチんみやぎ 出演記念で いただいた)に

煮沸消毒にもなるな と

ぐらぐら煮だったのを すぐにいれた

…らば 

今まで見たことのない 泡が出てきた

むむ?

どうやら 保温やらのため 二重構造になっとった どこぞかに

高温のために 穴などあいて

そこへと 黒豆茶が 入り込んでいった模様

ああああぁ…

今のとこ ニューニューの イラストが 台無しにはなってないようだけど

汗ばんできた

そのうち 劣化することでしょう

まずりましたが

しょうがない

これもひとつの 学習の機会でありましたね

とほほでやんす

朝虫時間

2017 年 5 月 31 日 水曜日

美しみゅんみゅんめんこいちゃん達者で育て

朝 山椒鉢植え 鳥糞幼ちゃんが

みどりこさんになっとった♪

今季 初対面

この一番乗りさん

ちょ と 気短のようで

臭角 惜しげもなく

みゅんみゅん出してくれちゃいます

ぬああぁ めんこい

申し訳ないけど 何度もみたくなってしまう

疲れさせない程度に…

朝の 虫時間が 待ち遠しい季節であります

遅刻に注意します

甘いのだろうか

2017 年 5 月 30 日 火曜日

けやき蟻らがのぼる蔓

大きなけやき

蔓が のぼる

そのところどころ

染みみたいになってて

そこに 蟻らが おる

甘いのか?

ちょ と 指で触れて 舐めてみたもの

味がわかるほど 指には 染みたものがついてこなかった

直接舐めてみようか…というときに 

誰かが 近づいてきたので 自粛

いなくなるのを待って 再び 実行するほどに 執念もやさず

辞してしまった

今ごろになって

やっぱり 直接なめてみればよかったかな…なんて 思い出して

それが何になるんだとか

思わなくもないけど

まぁ なんつうか 好奇心

今度またいってみよう

やってみよう

とりとめないこと 浮かべて沈めて

ゆるんと 夜更け

整うかんじ

2017 年 5 月 30 日 火曜日

多聞山からげれげれげれ多聞さん鐘ゆらりゆらり

昨日

「やま登」さんでの うまうま ふかふかの ひとときから

仙台での パントマイム講座まで ゆく道の 途中

若干時間に余裕があったので

また ふらふらと 多聞山へ

ベンチに 仰向けになって

潮風と 木漏れ日に 泳ぐように しばし 休息

まだ 眠さや 重さや 戸惑いやらは あったもしても

何かが 整ってゆくかんじ

何人か 横を通ったらしい

怪しかったろうな…ベンチに 仰向けで 足を 上にあげて

げれげれげれ とか してるやつ…

ま 気持ちよかったからいいや

いくぶんか すっきりしたのち

鎮魂の鐘など 鳴らして

鬱蒼の 合間を ゆらりゆらり 歩く

吸ったら 吐く

吐いたら 吸う

必要を からだが解っていることを

改めてよろこぶ

また そうして 歩きだす

楽しい美味しいが待っている

2017 年 5 月 30 日 火曜日

むま~♪うにるらら

昨日 仙台の リトミック仕事のあと

塩竃 海鮮 んまいもんどころ「やま登」さんへ

雲丹ありましたで

雲丹ちょいのっけ おまかせどんぶり

ど~ん♪

またもや「ちょい」じゃ ないぢゃ!

るらららら の

とろける おいしさ

午前中の ギャラがすべて 飛んでもいいの…なんつってね

忙しい日々 なんとか 無事 越えた ご褒美だい(そうじゃないときも 食うくせに…)

んでもって ちょ とまえに ご相談いただいた

やま登さんとこで 美味しいの食べながら楽しいことやろう…の 企み

7月に決まりました

22日(土)の たぶん 午後6時以降

ちょ とした お食事のあと なんにゃらか…てことで

今回は パントマイム(6月は プリザーブドフラワーの方の 何かがあるはず)

美味しいもん食べにいって

にこにこ お喋りして

楽しいこと 企んで

…なんて 幸せなお話なんだろか

いつもいつも 胃袋通しての よろこびと

心の励みさえ いただいちゃう やま登さん

是非みなさまも 「わざわざ」おいでくだされ

んでもって 七月の企み…詳細後日発表

こちらも よろしければお出掛けくだされ

変えながら変わりながら

2017 年 5 月 30 日 火曜日

形を変えられながらも咲くぞ生きるぞ繋げよう暮れゆく空に

何度も

呑み込まれ

受け止め

流し…

来たりて 行き過ぎるものに

形を変えられながらも

そこにあること

ここにいること

自分であること

そうして

生きて

続けてゆくのだ

次の花を 咲かせたりもしながら

呼ばれたわけでもないが

2017 年 5 月 30 日 火曜日

野蒜海岸砂浜に座る波に触れる砂に触れる暮れゆく

はっきり 声を 聴いたわけではない

そんな感受性も なかろうに

でも ひとり 窓のない部屋で うたた寝していたときに

耳元で ささやく声を聴いたような気がしてた

夢だったのだと思うけど

なにいってるかわからないよ ちかくにいくよ 響かせられないなら このからだをお使いよ…なんて

ゆめうつつの狭間で 応えたりした

そんな夢ともつかぬ ひとときのせいでもないのだけど

帰り道に まとわりつく 眠気を 流しに 野蒜海岸へ寄った

なにするでもなく

暮れゆく 山の端を 眺め

砂に 波に 風に触れて

しばらく なにかを 鳴らしていた

復興途上の 海岸

この間見た 鳥居は

夢のように 消えていた

きっとまた 新しく よろこびがうまれてゆきますように

いったもの

いるもの

くるもの

交差するような 潮風のなか

改めて 繋いでいこうと思う

拾得物横領寸止め

2017 年 5 月 30 日 火曜日

研ぎたくなるそんなに 気軽に そこいらに投げといて

錆らかしてっと

拾って帰って

研ぐぞ!と 思ったけど

落ちていたとはいえ

そこは 倉庫でもありましたので

勝手に 持ち帰ったりなど いたしませんでした

しかし 刃物が泣いてましたよ

…つって そういうわたくしの家のなかにも 泣いてる子(刃物)が おるかもしれない と

思ったりもして

見つけ次第

詫びつつ 研ごうと思う

それより他にやることあるだろうに

そんなことばかり思い付く

再会 夕里屋さん

2017 年 5 月 30 日 火曜日

軽くて丈夫昨年 サンファン祭りで お会いした

「夕里屋」の 杉山さん

普段は 塩釜マリンゲートで お土産やさんなさっているのだけど

今年も 再会できましたる

お祭りうきうきおもちゃみたいなのも あつかっておられるけれど

家紋シールとか(去年買った)

柿渋染めバッグとか

お祭りっぽくない 手堅い商品を 持ってきておられる

ちょうど 母から 知り合いの方に 何か送別の一品を 買っといてほしい と 頼まれてたのだけど

夕里屋さんとこにありましたる 帆布バッグ

なかなかにお手頃で

購入いたしましたる

したらば 杉山さんから おまけで

むすび丸の ピンバッヂ いただいちゃった

ふふふふ

そんなあたり お祭りノリだよなぁ

楽しいなぁ

うれしいなぁ

仕事的パフォーマンスしたけど

なんだかずっと お祭りで遊んでたみたいだ

ありがとうござりました

話前後ジグザグ

2017 年 5 月 30 日 火曜日

さんふぁんばうてぃすた肉巻きおにぎり記念撮影人生初翌朝の喜び

頭んなか

時系列 前後ジグザグしとりますが

投稿も そんな風で すみませぬ

まぁ 別に 誰も わたくしの 時系列など 追わないので 構わんのですけど

時々「いまここにいるんですね」てな メッセージなど来ることがあり

すみませんすみません それもう三日前のことなんです とか

「あちこち 移動大変ですね」て 労われ

三日くらいの出来事を まとめて 投稿しちゃったせいで

超人的一日を過ごしてるみたいに 思われてたと知って あわわ と 思ったりすることもあるのでした(たしかに無謀な移動を遂行することもあるが…)

一応 おことわりすると これは 日曜のことですだ

サンファン祭り

そろそろ 上がり時間 という頃合い

お土産の食べ物買って帰ろ…と 屋体のあちこち うろうろ覗いてたら

「おやつショップ さらの家」さんに 声かけていただいた

顔本(Facebook)の お友だちのお友だち…てことで

投稿やらを 見知っててくださったとか

わぁ♪

うれしくなって お土産用の 石巻焼きそばだけじゃなく

あれもこれもください気分(金銭的余裕の範囲内だけど)

しかし お片付け始まってるとこで

かえって ご迷惑をお掛けしてしまったようで

あわわ 

それなのに にこにこと

しまったもの 出してくださったり

おまけつけてくださったり…やさしいったらないのよこれが…

チョコバナナ いただいたのですが

実は わたくし 今まで食べたことなかったのだ この食べ物…

人生初体験♪

そうかそうか チョコとバナナは 仲良しなのだな なんてなことを

しみじみ思いましたる

帰りが遅かったもんで その日のうちに お土産お披露目できなかったものの

翌朝

いただいた 玉こんを

うちのちちははが「なん十年ぶりだべ 玉こん…味しみてて んまいなぁ」て 喜んで食べてくれたり

「その焼きそば 昼ごはんのときに 俺が食うから あんまり食うな」と 父が わらすこみたいなこといったりして

おいしいたのしいが 翌日まで 

ほわわん♪て 続きましたる

ありがとうござります~♪