2017 年 3 月 12 日 のアーカイブ

あるはず ないはず

2017 年 3 月 12 日 日曜日

薙ぎ倒されずに観音様がそのまんまのものも看板堤防脱け殻生きてる足はさみあそぶひと若芽

本日目指していた せんだい3.11メモリアル交流館

わたくしの 愛車 ほびおさんの ナビゲーションシステムさんに 入力しようとしたら

その住所は表示しないもんね と きたもんだ

ま 新しく 整備されたとこだろからね と

その周辺の おおむね で 地点登録したものの

見事に たどり着けず ぐ~るぐる

いや そんな 込み入ったところではなかったのです

ナビゲーションシステムさんが あるはず…といっている建物は 目の前に存在せず

むしろ だだっ広く なってしまったところに 

てん

てん

てん

てんててん と 

建て直され 立ち上がろうとする 新しい町と 

地下鉄東西線 荒井駅があった

のちほど メモリアル交流館が その 駅にあることは 発見いたしましたけど…人の話を ちゃんと きいてないから こういうことになる

ま それはさておき

一応 場所がわかってほっとして

その前に 迷ってぐるぐるした先に 海岸がある てんで 行ってみた

深沼海岸

観音様がたてられ

そこへ手を合わせるかたがおられて

津波に 薙ぎ倒された 木々や鉄骨を あえてそのまんまにしているところもあって

新しく 建てられた ささやかな建物で 食べ物のみものを楽しむかたがおられて

賑やかになってた

真新しい コンクリートの堤防を 越えたら

何事もなかったかのような 海だった

なにも知らない人が 来たら

ただの静かな海なのだ

今は

そうなだめるのに

波立つ胸のうち

なんだろう

よく知りもしないのに

やっぱり涙が出る

そんなん 何にもならんのに…

でも よよよ と 泣き崩れるでなく

何にもならんのが 悔しいなら

なんなんだよちきしょうわたくしってやつぁあよぉ…の 

溜まりゆく 鬱屈みたいな 

弾力みたいなものを バネにして

なにかに結び繋げてやれ!とも 思う

ふなむし?の 脱け殻

伸びゆく 若芽

巡り 廻るものを 撫でて

うん やってみる などと 声に出してみた

波が よせて 返して また よせてゆく 砂の上で

染みてくる 味わい

2017 年 3 月 12 日 日曜日

今んとこ3冊しかないけど素晴らしきかな人生フルーツ

津端修一さんと 英子さんの ご本は

その ご近所に お住まいの 顔本繋がり みよさんからの 紹介で知った

おととし 修一さんが亡くなったことも 知っていた

東海テレビの ドキュメンタリー番組であったと 聞いていた

そんな わずかな知識で 冷静を装い

静かに たんたんと受け止めようと 観に行った

…のですけれどね

ことばも

表情も

美しすぎて

衝撃とは違う 揺さぶられ方

身体中の水分が ゆったり温められて 膨張して

いつの間にやら 泣いてしまっとった!

ほぼ 最初から最後まで…

日々を ていねいに コツコツと「ときをためて ゆっくり」生きてこられた おふたりの

耕され 育まれ 熟成された日々から

生まれでた 一滴 一滴

こちらで 噛み砕く前に

もう 五臓六腑に 直に 染み渡りましたる

いいあんばいで 付かず離れず添うて 映しとってこられた 制作者の方々の 敬愛の思いから 結んだ 作品

樹木希林さんの ナレーションで 呪文のように 繰り返されるフレーズ

「風が吹けば 枯れ葉が落ちる。枯れ葉が落ちれば 土が肥える。土が肥えれば 果実が実る。こつこつ、ゆっくり。」というのは

プロデューサー 阿武野さんの 作なのだと

まさに そこに 思い 凝縮されてますわ

時代の大きな力に 呑まれず

大事なものを見抜くセンスを お持ちであった 修一さんのエピソード…

台湾から 労働力として 連れてこられた 少年たちと 共に過ごしたこと(判子の逸話)

ニュータウン開発に関わったものとして

やりっぱなしで次々 渡り歩くでなく

思いに沿わないものになっていったとしても その身をもって 理想とする暮らしを その場で 実践しつつ 生きたこと

生きてゆくことを 自分の 心地よさだけでなく

周りを含めた いのちを 核に

実に あたたかく おおらかにとらえてこられたのだな

亡くなられた 修一さんの お顔が しっかりと 映し出されたこと

制作のかたの 生きるということは 死だけを 覆い隠して綺麗事にしない 

だからこそ美しく豊かな いのち 死がある という 腹くくりが伝わってくる

そして そこへ 英子さんが「私これから、一生懸命にやるから、大丈夫だから待ってて。私も灰になったら一緒に南太平洋に撒いてもらおうね。ひとりで寂しいけど、また会えるのを楽しみに一生懸命やりますから。それまで元気に待っていてください。約束してね」と 語りかける

作り事絵空事でなく

たしかな いのちの物語が ここにある

そして それは よくよくみれば わたくしたちの日々にも たしかにあるものなのだ

修一さんの死の 場面でしめるでなく

その 仕業が 後に 結んだ ひとつのエピソードと

それに至る場面の ありし日の姿が 再び 映し出される

それは 亡くなってなお 生きてあり続けること

繋いで引き継がれていかされてゆく 光になる

もう 思い返せば ぐっとくること あれもこれも 思い返されてしまう…きりがないほどに

所々に ちりばめられる 建築家たちの ぐっとくることばにも 心鷲掴みにされた

本来 建築というものは 箱作っとりゃええ ではなくて

どこで どのように よりよくいきるか…の 総合演出家でもなければならぬもの

そんな 立体的に 幅広く 柔軟な 視点をもっておられるからこそ

部分 物質だけではなく 

場所として 人として 名を 残してゆくのだな なんてなことも しみじみ思う

あとからも じわじわと 染みてくる

また 時折 観たくなるだろうな

あらためて ていねいに暮らしたくなるな(雑なわたくしでも)

豊かな 果実の時間

ありがとうございますた

間に合ったら

2017 年 3 月 12 日 日曜日

人生フルーツ

本日 メモリアル交流館での ワークショップ前に

間に合ったら 行こう と 思ってたのは

この映画『人生フルーツ』でした

あぁ…

来れてよかった

「だいじょぶか?」に 送られて

2017 年 3 月 12 日 日曜日

ばんごはん昨夜 朝のうちに仕込んでおいた クリームシチューと いくつかの惣菜で ばんげ

仕事自体 仙台でのピアノレッスン お子二人 て だけで

たいした労働力でもないのに

帰宅後 食べて

今まさに食べ終わらんとす…てとこに 母から おしっこ助太刀要請あって

中断はしたけれど

そのあとも ちゃんと 食べきって

流しに洗い物置いて…

で ちちははあんちゃと なんやら 楽しげな話などしたったよな

炬燵にあたってねむねむになったとこ

あんちゃから「風呂入って寝ろ」て 言われたのも 覚えてるし

愉快な「エリックカール はらぺこあおむし 入浴剤 フィギュア入り」浮かべて

風呂にも入ったのよ

…で 朝起きたら あんちゃから

「君はこれをどうかしようとしていたことを忘れてしまったのかい?」と

流しの洗い物(わたくしの食器)指し示した

うわああぁ!

すっとん!と 忘れてる

おいたことは覚えてるが…

なんか わたくしも 失われゆくなんにゃらかあるのかもねぇ へへへへへ

など いったら

「だいじょぶか?あたまやっちゃった ぼくならまだしも…」と 半笑い 半真面目に言って 洗い物してくれた

とほほほほ

ありがとうよぅ

んで また ばんげの 八宝菜風を どたばた仕込んだのち

「いってらっしゃい」でなく

「だいじょぶか?」に 送られて 仙台へ

余計な心配してもらっちゃうね

でもその方が しっかりしててくれるかもね

なんて むしのいいこと 思ったりする

えへへ

いきてゆくあるいてゆく

2017 年 3 月 12 日 日曜日

あるいていく 事象というのは

ただやってくるのだ

そこにはなんの含みも 意味もない

意味付けを

彩りを

注ぎ込むのは 人なのだ

事象を受け取り

咀嚼して

何かと成す

思いを注いでゆく

活かしてゆく

生きてゆく

そうしてあるいてゆく

震災があったからこそ 結んだこと

たくさんあるけど

震災のお陰で…何て言いたくなくて

あんなの なければよかったけど

でも 受け取った

咀嚼してゆく

あれからの日々を生きてゆく

そういうことだ