2017 年 2 月 27 日 のアーカイブ

遠慮しいしい

2017 年 2 月 27 日 月曜日

信号交換仙台の 定禅寺通で

信号の 着け替え工事

段ボール箱から 新しい信号を 出してる お兄さんがいた

おおおおぉ こんなんに入ってるのかぁぁ♪

ちょ と 新鮮

思わず がぶりよって まじまじまじまじ と 見入ってしまった

作業中のお兄さんに

こ…こんなに近くで見たのはじめてなんですけど

記念写真撮っていいもんですかね?と 訊いてみた

「えっ?写真?ん~~~~ん どうですかねぇ…ううぅん?」と 悩ませてしまった

そっ そうですよね そんなことここで判断できないですよね と 言いつつ

細部 写らんように 遠目からならばいいですかね?などと ことわって

まるで 信号面に 機密でもあるかのように 遠景にいたしましたる

こういう 迂闊に判断しないとこ

正しいよなぁ て 思いつつ

しかし何でこんなとこで 撮影しとるか?と

ふと 己突っ込み

まぁ なんというか 好奇心に 突き動かされてしまいました

戸惑わせてしまいました

お仕事中 すんまへん

わからんけど お守りみたいに

2017 年 2 月 27 日 月曜日

ちろりん♪先日

段差のあるところへ 車を乗り入れるための スロープを設置していた折り

胸ポケットにいれてた 携帯電話と 鈴 うっかり 落とした

鈴は 

どんと祭のときに「火にくべてこい」と いわれた 前の年にいただいた 破魔矢に ついていたもの

これこのまんま 燃しちゃっていいんだろか?と 思ったし

鈴という 形が めんこいなぁ と 思って

鈴だけ 取り外して ポケットに入れた

そのまんま 入れっぱなしてたもの

鈴の ちろりん♪は

裸耳では 聴こえぬので

それらが落ちたこと 全く気づかず

車を乗り入れさせ

スロープを 片付けようと 出たら

見知らぬ 男のかたが 少し離れたところから 寄ってきて

「あなたさっき 携帯かなんか 落としましたよ」と 言ってくださった

ん? と 見たらば

ひゃあああぁ!

ちょうど 車輪の間だったから 免れてたけど

携帯電話と 鈴

あっあっ なんてとこに! ありがとうござりますっ!と 

既に 遠ざかってしまっていた そのかたの背中に 叫んだ

携帯電話が 落ちた瞬間を ごらんになったのか

その音が聴こえたのか

はたまた ちろりん♪が 聴こえたのか…

いずれにせよ

なんだか守ってもらえたようで

ありがとうござります~♪と

鈴を きぅ と 握った

握っているのに 遥か高いところから みたいに

軽やかに澄んだ ちろりん♪が 聴こえた

今もそれ 持ってる

久しぶりのきょうだい車

2017 年 2 月 27 日 月曜日

ぞんざいなものいいしててもたいせつなんだよ阿武隈急行線

どこかで 不具合あって

昼辺りまで 運休

…てことで 出勤できぬ あんちゃ 

わたくしの 出動に 便乗

仙台まで送る

倒れて 退院したのち

しばらく 高次脳障害就労支援「ほっぷの森」に通うのに

送ってたんだよな

先行き見えぬ 不安と 諦めと ない交ぜだったものの

いまここにないものを見ようとして

うなだれて 今あることを 見ずに 踏んづけたり けつまづいたりもするって かなしいよな なんて思うに 至って

きょうだいゆったりおしゃべりという かけがえのないひとときを 味わう たのしむに 注目するだけで もういいや なんて 思ったのだったよな

あれこれうまくいくんだろうか不安とか 抱えつつ

障害者枠で 就職したのも

なかなかに 快適に 過ごさせてもらってるようだし

ライター編集者として 活躍していた頃の 特性も 発揮できてるようだし

メモ魔で ちゃんと こまめにチェックしているから わたくしより 物事 もらさないし…

こことこ あまり思い出さなくなってた あれこれ 浮かんで

ちみっと じーんとしてしまった

学校(職場)まで 送っか?といったら

「やだ はずかしい」て

以前 道端で 怪しいペルー人みたいなのが 向こうからやって来て やばいっ!と 身構えたら 自分の妹だったんで びっくりした…なんてな話を 職場でして 大爆笑を もらっているので その「怪しいペルー人」が 明るみにさらされるのは いやなのだと…

恥ずかしがりやさんめぇ…人のことネタにしといて…

でも そんなことも 笑い合える職場 ありがとう と 思う

できれば お礼 伝えたかったりはするものの

きっと わたくし サービスモード全開にしちゃって 

また 妙なこと べらばらと 撒き散らしそうでもあるんで

幻の「怪しいペルー人」風のまんま

しおらしく?遠くから 支えるだけにしとこ

いってらっさい

いってきます

そんな なんてことない やりとりできていること

ほんとうは 奇跡のような瞬間の 連続なんだよな

ぞんざいなものいいしててもたいせつなんだよ

改めてそんなこと言ったら 笑われるから 言わないけどね

ありがとう

あちこちとろり

2017 年 2 月 27 日 月曜日

ぬふ♪ficelle の パン工房の オレンジショコラカンパーニュ

きゅ と 固くしっかりとしたパンだけど

オーブントースターで ちょ と 炙ると

きゅ のなかに 潜んでいた チョコレートの かけらたちが

ぬふ♪て とけてひかる

みて

はんで

ふは♪なんて ゆるむ

何度も うれしい美味しい

ご褒美ぱん

小麦だけに任せてなくて

チョコレートにだけ託したわけでもなくて

オレンジも仲間にいれて

それぞれのよさが 手を繋いで く~るくる♪

…なんだか 変なこといっちゃってるけど

美味しいってことさ

ありがと~♪

夢を見た

2017 年 2 月 27 日 月曜日

朝の霜の草の意地悪なこと言うのに

離れていくのに

その背中を 追いかける夢を見た

草を掻き分け

苔を掻き分け

霜に痛みながら

やさしくされるからじゃなくて

歩み寄ってくれるからじゃなくて

愛というわけでもなさそうなのに

何を 焦がれているのだ?

へとへとになって 目覚めた

夢でよかった

いや まてよ

夢だったのか

そこにあった 感情は…

確かめるように

朝の 

霜の

苔を踏む

人の野に

踏み出してゆく