2016 年 12 月 のアーカイブ

そうそう ふりかえるでもなく

2016 年 12 月 31 日 土曜日

のみながらごった煮日々の相変わらずを愛しながら

一年の締め括りに

振り返る…なんてこともなく

年賀作成も 

結局 午前中の 己の住所書き仕上げのみで

その先へと進まず

どでだだだ!と 雑雑たる 足取りで

用足しまわり

暮らし

暮れゆく

んもう 観念して

ばんげと なんちゃっておせち料理の仕込みしながら

ヱビスさまなど ぷしっ♪なんてして

ほんとに 新年 明けてから「あけまして」て 嘘偽り無い 思い込めて 書くから いいもん なんてな

取り急ぎ 作った「お煮しめ」風は

父から「お煮しめっつーには 汁 多すぎるな」なんて 突っ込まれ

でも なんとなく みんないて よかったね なんて

大団円的

こうして 継ぎ目なく 切れ目なく

「相変わらず」なまま いることのできる 得難さ ありがたさ

しみじみ 噛み締め味わいましたる

いろいろあったりなかったり

受け取りながらいきます

いきてゆきます

全方向にむけて

ありがとうござります~♪

炬燵蜜柑痛み付き

2016 年 12 月 31 日 土曜日

しみる…茶の間 掘り炬燵で 蜜柑

大晦日の 王道ですが

一週間ほど 続いておる ディープ口内炎の お陰で

痛み付き

ぐぎぎぎぎ…

でも 意地でもたべておりますとこ

柑橘力よ わたくしに 回復力をくだされ~

し…しみるわぁ…

出遅れてるかなぁ

2016 年 12 月 31 日 土曜日

尻尾邪魔お年賀 630枚

己の住所部門 書き込み 終了

しかし 絵と ことばが 未定

今まで いくら遅くても 大晦日に ある程度の 形は浮かんでいたよなぁ

出遅れてる感

世間的には 確実に 遅いのは いつものことですが

まぁ それはさておき

気持ちよく描けるのに いきあたるまで

しばし 茶など 飲む

体温の頃

2016 年 12 月 30 日 金曜日

渡すおしらせをはる

知らせたいことは 

直接 渡して

口で 言って

手で 書いてた

だんだん 便利 合理になって

足も 

口も

手も 使わなくなっていった

でも 元々の根っこに 

人の 思いが 

からだが あるのだよね

伝える ということの 

もっと 体温とともに 伝わっていた頃のことを 思う

温かみも 届けたいと 思う

ぼぶ?

2016 年 12 月 30 日 金曜日

ぼぶっ昼下がり

何するにも とろり と とろけそうで

太陽と月の珈琲淹れて

音楽でもかけて 鼓舞してもらいながら 

年賀状の 己の住所部門 書くかぁ と 

コンセントに差し込んだら

ぼぶっ!と くぐもった音ひとつ

む?

続いて 合成樹脂の 熱されたような におい

あらやだ この間 剥けかかってて ビニールテープで 修復したあたりかな?

も一度 さしこみなおしてみたら

もう うんともすんともいわず

電源いれたら表示される部分 ピカリと光ることもせず…

息絶えたか?

むうぅ…

まぁ 音楽に聴き入っちゃって 作業はかどらない て ことにならずに済むかな?

残念なお話だけど

命に別状はないから 

おつかれさま と 見送ることにするか…

とほほ

やるけどさ…

2016 年 12 月 30 日 金曜日

これからすべ始めるんだよ年賀状さぁて 本日から 年賀状周辺のこと 着手だぁ と

うでまくり気分でおったら

「今日は あやこに 眼鏡屋行ってもらったり 餅屋行ってもらったり ○○さんとこ行ってもらえるなぁ」と きたもんだ

う…

こちらの都合聞かずに 畳み掛けるのやめてくんない?

一瞬 気持ち 萎えつつも

ま 行くけどさ 

まずは 珈琲飲んで ふぅ てしてからに させてくれろ

年末あわてずあわただしさたのしみつつ

おからの 余裕と希望

2016 年 12 月 30 日 金曜日

大豆おからうすあじ

昨日

久しぶりに おからを作った

おからが 作れる日は うれしい

一晩 うるかすという 待つ 余裕

形を変えて さらに それぞれで よさをいかしてゆけるという 希望

なんだか 自分まで そんな風にゆけるような気がして

励まされたりもするのだ

感謝 大豆♪

歌った仲間

2016 年 12 月 29 日 木曜日

笑顔のなかにぴかぴか

学生時代

仙台の 大学の いくつかの合唱サークルが より集まって作られていた「七声会」

そのなかの 宮城学院グリークラブだった「はっちゃん」が 中心になって 

声かけてくれた「女子会」

わたくしは 昨年はじめて 参加させてもらったのだけど

今年は はっちゃん かーちゃん ゆみちゃん ともちゃん わたくしに 加えて

発展型

男の子…東北大学男声合唱団だった 阿部たっくんも 参加

男の子つうても 概ねおんなじ年なので おっさんと言えなくもないのだが…

それぞれの時間を 重ねて

なかには 病を得て リハビリも越えて きてくれてりもして

あぁ みんな それぞれの年月を 生きてきたのだな とか

しかし その奥から変わらぬ 表情とか

年月越えたからこそ 若い頃には まだ 受けとることのできなかった 奥の奥の 深みのある 人柄とか

ちょ と うれしいおみやげとか

いろいろ 受け取った ひとときだった

あの頃を ダシにするからこそ 楽しめる話って

再会の 醍醐味だねぇ

道端に飾られる 電飾みたいに

胸のうちも ぴかぴか照らされた

ありがとうありがとう

きっとまた…

原因のひとつ

2016 年 12 月 29 日 木曜日

しげしげさんたち大発生羽のあるタイプ

昨日 余裕があったはずなのに どたばたしちゃった と さきほど 投稿したものの

帰宅後 ほぼ 移動せず

台所にしかいなかったのになぁ

何でかなぁ?と

その 原因について 思い巡らす

もしや…

携帯電話の 画像箱 みたらば

うむ たぶん ここらのことが原因であろう と 思い当たる

台所窓辺 しげしげさんに 日々発生しておる あぶらむし

拡大すると キリギリスとかみたいに かっちょええのですが

そのあたりを まじまじ 眺めておりましたっけ

ううむ

接眼レンズは 心して 用いないと

うっかり 時間を失うのだよな

わたくしにとっては 魔境への入り口的

慌ただしいときには 自粛せねば(できたら 毎日どたばたしないはず…かな?)

久しぶりの風呂

2016 年 12 月 29 日 木曜日

なんだかんだ言って おでかけしました母 本日のデイサービス

「『年忘れ歌合戦』やる なんていってるから リハビリしてもらえないかもしれないし どうせまだお風呂 はいれねぇべし 寛も文子も 家さいっこったら 行がねぇがなわ…」なんて

弱気で乗り気でなくなってた

いやしかし お出掛けして人に会えば 気持ちも 紛れるのでは?なんて けしかけてみる

しばし 斜め下見たまんま ぐなぐなしてた

しかし お迎えに来ていただいたとき スタッフさんが「今日 お風呂はいってもいいそうですよ」と 看護師さんからの 伝言伝えてくださって 

あわてて 着替え準備した

ひ~ と おののくような 帯状疱疹の 状態は 峠を越して

概ね 瘡蓋やらできて 乾燥してきたし

よかったよかった

からだの治癒力に 感謝

あとは 胃の痛みも 楽になるといいけどねぇ

すっきりしてきてちょ~♪