2016 年 10 月 4 日 のアーカイブ

こっそりお知らせ

2016 年 10 月 4 日 火曜日

ピアノもあるよあたたかなくうきりらく に お知らせのせてもらいます愛さんの輝く笑顔地図

先日 福島の 素敵カフェ ダンケシェーンさんでの 廬原可南さんの「つちびとパネル展」

無事 締めさせていただきました

パネルたち 一旦 可南さんの元に 里帰りいたしましたる

でもね 実は 11月に また 宮城県に 来てもらうのでありました

場所は 仙台の 太白区 緑ヶ丘にある「green ひるず」さん

もともと 松田マートという 地元の人たちに 愛される お店だったのですが

今 リニューアルして 松田さんちの 娘様の 清塚愛さんが

欧風カレーと お総菜

地場産の 新鮮野菜

その他にも ふんわりやさしい シフォンケーキ(愛さん作)

ゆがふさんのパンやら

心踊る駄菓子

確かな手仕事の 作家さんの 作品など 

広々ゆったりのおみせに 楽しげなものが いっぱいあるところ

お店の奥の ギャラリーにて の 開催です

ちょ と うねうね道の奥にあって

ほんとにここにそんなんがあるのかしら?と たどり着くまでに 不安になったりするものの

だからこそ たどり着くと

うはぁ うれしぃ と 喜びもひとしお♪

会期は 11月7日(月)から 28日(月)まで

日曜が お休みなのですが

その他 不定休あったりもしますで

お店に確認してみてくだされ

昨日 打ち合わせがてら お店にいったらば

お昼御飯 一段落した ゆったり店内に

ご近所の お子たちが ぱたぱたっ と 駆け込んできて

「転んだ~ いだい~」と 擦りむいた肘 見せにきたり

「あれれ?ご挨拶はっ?」なんて

美しき お姿の 愛さんの 愛される ご近所おばちゃんぶりが

んもぅ 素敵で眩しくて

緑ヶ丘の みんなの お茶の間だぁ と うれしくなる

そんなところで 気持ちよく受け取ってもらえた つちびとパネル展

実は 最終日に こっそり クロージング パフォーマンス「もりあやこ パントマイム小品」させていただくです

月曜の 13:00~

30分くらい

特殊な時間ですが

もしも もしも 駆けつけられる稀有なかた

ぜひ こっそり どうぞ

いやいや 堂々と どうぞ~♪

一番近いバス停…土手内一丁目

一時間に 2本くらい あります

たどり着けた♪の よろこびとともに

昔ながらのお総菜を 選んだり

じっくり染み入る 美味しさの 欧風カレーランチを楽しんだり

ご近所さんに 愛される この空気のなかに 

ほんわりした やさしさをくれる つちびとパネルの 光 まるごと

味わってくださりませ

お花が咲くよ

2016 年 10 月 4 日 火曜日

お花が咲くよ 蝶になるよあなたの ことば

いつだって ほ と 胸のうちに 

お花が咲くよ

甘い思い

もっと 味わいたくて

ことばの奥に 隠れた蜜 探るように

蝶になる

朝焼けに 足の裏

2016 年 10 月 4 日 火曜日

朝焼け きのうのやさしいいろあい足の裏に 朝焼け

朝焼けが やさしくて

足の裏に 当てたくて

庭の敷石に 転がってたら

あんちゃが

口を半開きにして 何か言おうとして 口をつぐんだ姿

なに?と 訊いたら

「いや…なんか やめた方がいいとは思ったけど…」と 言葉尻 ぼやかした

きっと いってもやめないんだろうなこのひとは…とか 諦めたくさい

そうね

やめないだろうね

恥ずかしい思いさせてるね

すまぬ

でも 気持ちよかった

掘り下げてゆく

2016 年 10 月 4 日 火曜日

ぐりぐり石掘り下げた奥は自分だけの部屋掘り下げろ 己を

穴開き石

穴開けて 掘り下げてゆく技術は

己を守ることに 繋がるのだな

その奥は 自分だけの部屋

よくわかったよ

ありがとうよぅ

わたくしもがんばる なんてなこと

思ったりしながら

海を見ていたっけな

あのとき

夢のような符合 ご褒美のひととき

2016 年 10 月 4 日 火曜日

うれしいたのしいにしぴりかの映画祭 1日目の こと

すべての瞬間が 意味深く 熱く 濃かったもんで

どれがどうとか 振り返るに 時間が…なんつってたら

それぞれで受け取った思いに 日々の思いがまた 重なってゆき

なんだか 更に 熱も 彩りも 濃くなってしまうものだな

その時の思いが また 生々しいうちに 一旦とどめておきたいもんだね

♪ふとしたことで 訪れて とても 好きになった「にしぴりかの美術館」

♪♪ふとしたことで お友だちつながりになって 

それ以来 意味深いことの現場には いつも 居合わせてくれているような チラシイラストの 念佛さん

♪♪♪おともだち くさあやちゃん きっかけに 顔本(Facebook)で 繋がって 

いつか会えたら…なんていってたら 

偶然 映画祭で ばったり会えた 理恵さん

バリ在住ていってて この短い帰国期間に 濃密に巡り逢えるとは…

お逢いできて ますます あれれやっぱりこの感じ知ってる 大好きな感触だ と 改めて「初めましてでも ずっと仲良し感」思えた…

♪♪♪♪短い休み時間に 腹ごしらえを と 喫茶コーナーで わたわた パンをかって食べようとしたら 

おんなじテーブルになってたのが 観るぞ♪と 意気込んでいった 数々の作品の中でも 一番 心に強く思っていた『Start Line 』の 監督 今村彩子さん

念佛さんに 「監督さんですよ」と紹介されたら 

うれしくて はひはひしちゃって 

ハンバーグパンを 噛まずに呑み込んで ふがふふふ!なんて 危うく サザエさんエンディングになりかかったりもして…

「苦手」と 思っているからこその 丁寧なる 言葉のやり取りの 誠実さ(のちのち 映画の中で あぁ このことがまだ ちゃんと繋がって 今に至っておられる と 改めて感じ入ったりもする)

そんなこんな この ♪まーくで 並べたことが

映画祭始まってすぐに やって来ちゃったもんで

んも どこの瞬間拾い上げても 

すべて みっちりと 満ちていたのだな

胸の奥 心地よく うちならす 礫の数々で…

ま そんなこんな 「十時間」という 長さは

ただ単に 言葉からの イメージに 勝手に おののいてみたものの

珠玉の瞬間の連続だったのでしたよ