2016 年 9 月 のアーカイブ

洗い流したり

2016 年 9 月 30 日 金曜日

どうか…なんてまた 祈る思い

せんりよせくるうみのき…で 

洗い流したり

潤したり

足 乾かして

砂はらったら

また いく

ばんげのおかずを仕込んどく

2016 年 9 月 30 日 金曜日

嵩ましおでかけ そんなに急がないけんど

とりあえず ばんげのおかずも 仕込んどく

しみどうふの 挽き肉詰め

今回は 中身に 玉葱と 蓮根あわせた

わたくし 好きで 作り続けてる ココナッツオイルと 生姜と 塩糀の 蓮根きんぴらに 手を出さない父でも

すりおろして混ぜちゃったら なんの 不満もなく 食うてくれる

ただ 蓮根入れすぎると 色が 灰色っぽくなっちまうで

そのあたり 加減も せにゃね

挽き肉詰め やると 

たいてい 後日 流用できる 挽き肉玉も できるから うれしい

すっかり そんな 流れが 馴染みになっておる

でも この間「挽き肉詰め凍み豆腐は ミートボール一個分くらいしか 肉使わずにすむ」みたいな話で

父 気分的に「嵩ましかよ」なんて 

不満生まれたようなんで

エリンギ散らしてみました

…見た目 小汚ないが…

南瓜も 別に 煮ておくか…

スライドパズルを 思い出す

2016 年 9 月 29 日 木曜日

ヱビスさまなどのんでしまうやんわり決めていた 予定が 先方の都合で 先送りになった

ゆるく思い描いていたことが

す と その 余白に入り込む

そして

延べられた 予定のあたりに 

ふと 近辺の催しの お誘いがあったりした

なんだか ひとつが ずれたために

次々と 思いがけない

しかし 気持ちいいくらいに 流れ込む あれこれ

そうなんだ

いつも ぎちぎちに たくらんだものよりも

ふと とか

ひょんなことから…てのが

その時の まごうことなき ゆくべき先であったりするのだ

流れに 乗ろう

なんか うれしくて ヱビス様など のんでしまう

いつのまにかまた

2016 年 9 月 29 日 木曜日

のぼる さかせるお前のことなど

…と 嘯きながら

いつの間にかまた 

その眼差しの ひかりにむかって 

蔓を のばしてしまう

ほんの一瞥に

花など咲かせる 如く…

惚れた弱味は

あばたもえくぼで 呑み込むことなのだな

悔しいけど

太刀打ちできぬ

感情とやらには…

いいわけとかでなく

2016 年 9 月 29 日 木曜日

生きていく確かな思い本木健さんの「ある決意」の 一節

「芸術とは なおってはいけない 病気なのだ」ということば

「もっと みんなのようにやれないの?」というような

「一般」との そぐわなさを たしなめられる言葉

「病気」という シールこそ 貼られてなかったものの

「一般」を 拠り所にすればするほど 病んでゆきそうな そぐわなさを つきつけられる

病とは なんだ?

生まれたそのもののあり方を のびのびと 生きるのではなく

他所に 重きをおくのが よいことなのか?

比較的 多くいる…という 

実は きちんと線など引けぬ 説得力のない「一般」なんて

大したことではないのだ

いこう

それぞれの足で踏みゆける ぢびたを かためてゆこう

それぞれのかたち

それぞれの速度で ゆこう

そのままの命こそが 芸術なのだから

根が 求めている

2016 年 9 月 29 日 木曜日

やわやわともとめのばしてゆく好きだからこそ

より良くいたいと思う

思うのに いられなくて 焦れる

傷つけちゃいかんな と 気をつかっているうちに

言い出せなくなって

口ごもる奥にある いずさが 擦り傷を つくってゆく

これ以上 傷つきたくなくて

瘡蓋にもならぬうちに

傷の 周りを 固めてゆく

固まってゆく

硬化してしまう

放った その 頑ななことばのうらがわに はりついている やわやわを 知っているよ

求めて伸びゆく やわらかな 根っこを 思い出してよ

台所窓辺に 挿した モロヘイヤの茎から伸びる 根をみて

あの日受け取った 涙のことを 思い出した

まだ 遅くはない

まだ 油断しちゃ いかん

2016 年 9 月 29 日 木曜日

もやしったら…一昨日 買った 見切り品 もやし

結構 すすんだ にほひ しておった

さっさと 炒めて 食べた…けど

ちみっと残ったやつは 弁当に持っていった

蓋開けて

…んぁ

このにほひは もともとあったしな と 

まんま 食いましたが

若干 酸を 浮かべるにほひ

気のせいも相俟って

なんつうか お腹が おいおいこらこらこら やめてよねそういうこと と

いったとかいわないとか…

だいぶ 涼しくなったとはいえ

食べ物が 傷むことは まだあるのだなぁ

油断しちゃいかんね

そのときだけみえるかたち

2016 年 9 月 28 日 水曜日

かさなるときなんだろう

あまりにもちがっていて

時によっても 違ってくるから

あなたのことなんて

自分のことさえも

よくわからない

でも

寄り添ったときだけ

重なる かげ

いろ

そこで はじめて みえる

ふたりのかたち

それぞれの思い

名付けられない

そのときだけ見えるもの

そうしてまた

何事もなかったように

それぞれに かえってゆく

またね の 約束もせずに…

青…だけど 黄

2016 年 9 月 28 日 水曜日

あおばはごろもきいろいあおば

青羽羽衣(あおばはごろも)…だけど 黄色い子がいた

変異体とか言うのですけ?

まぁ こちらがわの名付けなんて どうでもいいや

どっちも めんこいちゃん

何色でもいいから

からだにも 羽がほしいなぁ

今朝の ぐるぐるうた

2016 年 9 月 28 日 水曜日

ふと浮かんだ うたのフレーズが 

一日中 ぐるぐるすることがあるけど

今朝の ぐるぐるは

ぢ・大黒堂の『友達じゃないか

大好きなうただ

敢えて ぐるぐる巡らせてる

♪その面その短い足で 気取るより まず 鼻をかめ♪

そんな 気分なんだ

…でも インドには 行かないよ