2016 年 4 月 のアーカイブ

しゅわしゅわにも 撫でてもらう

2016 年 4 月 30 日 土曜日

ヱビスさまいらっさいなごむ

明日 休みだし

ゆるりのろりと 晩御飯

晩酌は

ヱビスさまの しゅわしゅわから 

撫ではじめてもらう

まだ 呑むんかい!と 突っ込まれつつ

いろんな思い 吐き出す こども わたくしを

ははは と 他人事みたいに 笑う ちち はは あんちゃ

お構いなしに ごはんくだたい要求 牛太郎

あぁ みんなに 撫でてもらってる

お陰さまで ほんじつも 大団円 

まあるいものをおもいだす

2016 年 4 月 30 日 土曜日

めんこさ 大爆発

むねのうち ささくれだちそうなとき

にこにこしたこと

ぴかぴかしたもの

まあるい気持ちを おもいだす

ほうら だいじょぶだいじょぶ

おまじないが むねのうちをなでる

やっちゃった

2016 年 4 月 30 日 土曜日

つかれた現場で やっちゃいけないこと

やっちゃった…

お約束と 違うこと

現場対応は 臨機応変に は よくあることだけど

ちょっとこれ 逸脱…

でも 違うよ て 言ってみたものの

わかってくれそうな人もいなくて

ううむ と 迷ったものの

間に入ってくださってるかた そこにはおられず

個人的判断で やりましたさ

お客様もおられるし 喜んでもらえるならばっ♪と

また ぴょんぴょこ はねて 目の前で 風船作ったりもして

サービスタイムなんかも 勝手に トッピング

「あっ そんなに 体力使うことしなくてもいいですから」て 気遣っていただいたけど

そういうところに 気をつかってくださらなくていいのにな

陰で えんえんと 風船作るなら

風船マシーンでも 投入しなされ

とはいえ

穏便に 時々 陰から 目があった お子に 手を振って えんえんと…やりました

間の人には お伝えしました メールにて…

いろんな人から 叱られそうだ

もう駆け出しでもないくせに なにやってんの!とかね…

ははは

ぐったり

でも 最後に ヤシの木に上る おさるさん風船作ってたら

「あっ♪それいいなぁ」て 目を輝かせてくれた ごきょうだい

その笑顔と 声に 洗われましたとも

ありがとうよぅ

あと一回

2016 年 4 月 30 日 土曜日

ほんとはいけない荷物置きっぱショー的なことは ほぼできませぬが

ぱ~ぱ~ 喋って

風船つくって

男の子から 風船剣で たたかれて

やめろおおぉ なんて 反撃して また やられて

よくあるパターンでもありますな

あと一回 楽しむ♪

胡桃ラッシュ

2016 年 4 月 30 日 土曜日

艶ぴかくるみ胡桃のかたちの栄養

昨日

EM埋め場のとこに

艶ぴか緑

もしやこれは…と 掘ってみたら

ややややや

鬼胡桃である

うちの 実りの 拾いそこないか

もしくは あちこちから拾った 木の実草の実も ここいらに 放ったからか

とにかく まずは 出ます♪と

すん と まっすぐ 空へと立ち上がった

好まんまでもいいのかな?

移動した方がいいかな?(するなら 今のうちかも)

滞ることなく いつも動くいのちに

滞ってる場合じゃないぞ と

思い 突き動かされる

ちょ と 休憩

2016 年 4 月 30 日 土曜日

休憩コーナー名取のイオンモールに おります

時間より 早めに 出動しちゃって

風船の人になっちゃってましたが

本日 きっとそんな感じ

角田幼稚園で 会ったことある 男の子が おっきくなってた

おおぉ 喜ばしいね

早めに出たって 回数は 変わらんのだな

むうぅ

大きい施設

たくさんの 従業員さんたち 頑張ってるなぁ

控え室ないけど

わたくしも がんばる

今朝のいちご

2016 年 4 月 30 日 土曜日

今日の いちご

今日は 今日の花を 咲かせて

今日は 今日の 実りを 結んで

毎日 初めましてを

始めます

さすが♪

2016 年 4 月 29 日 金曜日

密集いのちここから

アゲハかあさん

古くて大きな葉っぱじゃなくて

これから伸びゆく ぴかぴか新芽に たまごを 生みつけていった

さすがだ♪

先代たちの 生きてきた道のりの 学びを

すべていかしているのだな

命の賢さ

揺るぎなき 財産だね

しかし 密集しすぎ!

祈りのようなもの

2016 年 4 月 29 日 金曜日

いのりの かたちあたためていたもの

ひらいてゆこう

わたしてゆこう

とどきますように

それは

祈りのようなもの

三姉妹(四姉妹だった)

2016 年 4 月 29 日 金曜日

同じものを見上げる親子笑いあってこれからも仲良く

帰らねばならぬ おばたち(母妹)

母のベッドに腰かけて

しばし 名残の話 花咲く

じいちゃんばあちゃん(彼女らの ちちはは)

たえこちゃん(三歳くらいで亡くなった 母のすぐしたの 妹)の 写真見上げて

「あっ この服 確か 黒っぽいピンクのだったよね 覚えてる」とか

懐かしいこと 今のこと これからのこと

短い時間に 取り交わすは

ことば そのものだけでなく

信頼とか 愛情とか…

それは 意欲とか これからの希望の光へと 押し出す 温かな 手のようだね

これからも 支えて 支えられて…