2016 年 3 月 のアーカイブ

仕上げというよりも

2016 年 3 月 31 日 木曜日

橙色のぱんつつくしたんぽぽと かなちちょ

壁絵 最終日

仕上げ というよりも

最後の 増量…てな 感じ

洗濯物

草むら

たんぽぽ
 
つくし

かなちちょ

…昨年も かなちちょ 登場させたのだったな

ちまちま 増やしたので

剥がすの大変…と 思ったら

すぐすべて剥がさずに

新年度 ここから スタートして

4月担当の ゆきこせんせが

アレンジしたり 増やしたり変えたり…との 目論見なのだとか

いつも すみませぬ~

また よろしくお願い致します

昨日の 増量

2016 年 3 月 31 日 木曜日

蟻さんちゅうりっぷにも 蟻さんパンツと靴下

おひさま原っぱ保育園

3月の 壁絵

残すところ 2日…てのに

昨日も 地味に増やしましたる

洗濯物と

煉瓦と

蟻さん…

洗濯物は 気づかなかったようだけど

「蟻さんいるね」と 言われて

にやにや

煉瓦は 積むの 楽しかったけど

ちぎって 形だすのが 指の変なとこ 辛くなったので

スルーされたのを 幸い♪と

煉瓦のおうちまで 発展させないことにした

道楽だなぁ…

喋るより 吼える

2016 年 3 月 31 日 木曜日

吼える会話洪水などの 災害防止放水用の なんかなのですが 

おひさま原っぱ保育園では「ライオンさんの おうちの門」とか「檻」と 呼んで 

おさんぽの折りに 物語 膨らませたりしてるのですが

怖がる お子

たのしげに 呼び掛ける お子

いろいろ

まだ ことばに 結べぬ Sくん

怖がりなのだけど

果敢に 檻のところへと 進み出て

何をするかと 思ってたら

小さく「がぉっ」と 吼えてた

あぁ ことばより

吼えるって 原始だよなぁ なんて

改めて 思う

そして その声色のなかに

決して 威嚇ではなく

ご挨拶の 色合いが 含まれていたのが なんとなくではあるけど 伝わったりもして

一方的に 放っているのではない感じ

会話の 一端だ

すごいなぁ♪

乞う…という 病

2016 年 3 月 31 日 木曜日

沈黙に 巻き込む既に この想い

この身を 差し出した後

ただ 黙って しおらしく

内向きに 巻いておりますが

返事を もらえぬうちは

どうとも 動けぬわけで

とりあえず 八方塞がりの 硝子の部屋にて

沈黙に 沈黙を 返すが如く

咲かずに おります

奥の奥の 蕊が

せめて 糜爛を 越える前に

どうか と

祈りの言葉さえ

闇に 吸い込まれるばかりで

その 沈黙が

情けが 無情か 訳のわからぬまま

浮かぶ ことば ひとつ 

また ひとつ

花弁の うちへと 巻き込むほどに

膿んでゆく 日々

乞う…という 病

そのものの色を

2016 年 3 月 31 日 木曜日

まごうことなき色を泥水を吸い上げたとて

混じりけもない ましろな 花を咲かせる

そのものの まごうことなき色を 現す

あぁ 毒を吸い上げ

毒を吐くなどと

なんと 芸のない 己の有り様

濾過装置は 己の 身のうちに 備えよ

そう戒めたくて

白木蓮など 一鉢 買うてみる

やさしい味

2016 年 3 月 30 日 水曜日

育てたかたの 名前がわかる炒めてみた白菜の花

先日 パントマイムの 空間の詩人 といわれる きよしさま

ご自分の はたけで 収穫なさった

巻かない 白菜の 菜の花 

「美味しく食べました」てなおはなしを 羨ましく 聞いておりましたれば

おおぉ♪ イトーチェーン槻木店に あったぞ

白菜 花 85円

早速 あぶらーげと共に オリーブオイルで 炒めて

ヒマラヤ岩塩で ちょいと 味つけてみた
 
美味♪

新しいものに 抵抗を示す 父も

「お♪」と 好感触

母も「やさしい味だねぇ」と 喜んでくれた

これは しばらく ブーム続きそうな 予感

一本は 台所窓辺草むらの 一員になって 花咲かせてもらいつつ(こちらは「また 藪 増やしやがって」と 不評)

春を 楽しむ

ええこっちゃ♪

2016 年 3 月 30 日 水曜日

認知症担っても笑顔で過ごせるまち角田市まえに「ボケても 住みよいまち 角田」てな 標語をみたことあるなぁ…と 思ってたら

「認知症でも 笑顔で過ごせるまち 角田」でした

「ボケる」て 乱暴ですもんね

でも「ボケない からだづくり」みたいなんより

きれいごとばかりでなく 受け止めていこう てな感じ

素敵だと思う

…どうでございましょ?

みんなの水場

2016 年 3 月 29 日 火曜日

水浴びざばざばうつるのむうつしてる?覗いてる?

また 来てましたわ

つぐみ…

水鳥でもあるまいに

そんなに ざんぶり 浸かって いいのか?

温泉か?と

突っ込みいれたくなるよな 有り様

でも お役に立てて うれしいやい

つぐみが 飛び立ったあと

うっし~ そこで 水飲んでたりもして

なんだか みんなの 水場になってるなぁ

蓮さま…

それにめげずに また 咲いてくれるといいなぁ

遅刻せず 会議

2016 年 3 月 29 日 火曜日

始まる前「角田市芸術文化振興会 第九回 全体合同部会」ですて

正式名称を 今改めて みた

会議と 名のつくもの 

おおむね 遅刻しかしたことないのに

開始前に 着いとるぞ♪

この間の プレゼン的なもののときさえ 遅れて行ったってのに…

まぁ 企画案のひとつ

通してもらえそうなもんで

うきうき とか

うちピアノ仕事が いつもの時間でなくなった とか

色々ありますが

うまいこといきますように

わたくしがうまく喋れるかどうか てのは

もう あまり 関係ないかな?

でも 心して のぞむ

わざわざでも ゆくのだ

2016 年 3 月 29 日 火曜日

うっとり んまい昼御飯

塩竃の「やま登」さんへ

「お仕事のついでかなにかで?」と 問われ

「ついで」っぽい気持ちも ないこともなかったけど

角田→仙台 リトミック仕事&財団資料校正確認→塩竃「やま登」さん 昼御飯→仙台 田子周辺にて リハーサル…

道のりを思うと 

むしろ「わざわざ」ここへくるために…だなぁ と 改めて 思った

震災後 復興仮設店舗にて 知った「やま登」さん

色々大変なことがあったろうに

立ち上がり また 朗らかにやってゆこう と なさる 姿に

そしてもちろん その 美味しさに 感動したのだけど

何かが あったり なかったりしながら

人は それを受け取って それぞれのかたちで 次なる 一足を 踏み出していこうとする…という

その 思いに 出逢ってゆきたいのだな と 改めて思う

震災なんか ないほうがよかったけど

あったからこそ そんな思いにも たどり着いたのだ

「やま登」さんに来ると

そういうことをも 思い出す

そしてなによりも 美味しさを 丁寧に まっすぐに 届けてくださることに 感動する

あぁ ほんに すべての 海鮮たち 「やま登」さんのとこにきて 美味しく 丼の上に 乗っけてもらいなされ♪なんて 思う

「ちょっと」でない うにの「ちょっとのせ」贅沢丼 食べながら

ママさんと 共通の お知り合い「姫」さまの お話などしたりして

前から ずっと 美味しく仲良くしてたような 気持ちになっちゃってたけど

こんなに言葉交わしたのって 今回が初めてだったかも…なんて

あとから気づいたりもして

これからも ちょこちょこ わざわざ

うっとり んまいもの

ふんわり あったかな ママさんの お人柄に 出逢いに まいります

今 スタンプカード 実施中

三回通って スタンプ三つ 集めると

200円の 商品券に なるです
 
お得です

いや なにより んまいです

ぜひに♪