2016 年 2 月 26 日 のアーカイブ

初々しいさん いらっしゃい

2016 年 2 月 26 日 金曜日

ふたあつ ぽこりうちの遅出し 蕗の薹

やっとこ ふたあつ

いらっしゃい

ようこそようこそ と

撫でてみる

指先 ほんのり 青い 香り

霜柱が とけるのが 

ちょ と だけ 早くなってる

気持ちも ゆるん と やわらぐね

柔毛マニア?

2016 年 2 月 26 日 金曜日

やわらかなにぎりこぶし美しき曲線

うちの庭の 独活(うど)さま

まだまだ 先なのだけど

季節先取りで

独活 買っちゃいまして

その 柔毛のあたり めんこいわぁ♪

その 美しき曲線の 命のちからを くだされえええぇ…なんて

うっとり 眺めまくったのち

亀の子たわしで 洗い

皮は オリーブオイルで炒めて ヒマラヤ岩塩ふりふり

中味は 味噌和え

春だ春だあぁ と

こころとからだが 膨らむ感じ

東向いて わっはっはっ♪と 笑った(初物だからね)

林檎バーの 予定が…

2016 年 2 月 26 日 金曜日

表紙ざくざく

干し林檎

『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとクラッカーの本』なかしましほ著(主婦と生活社)などという 素敵な本を 参考に

林檎バーに 挑戦♪

これは レシピ通りに…と おもっとったに

またもや 薄力粉…てとこを

賞味期限切れてる 強力粉にしちまった とか

オートミール て書いてあったのに

賞味期限切れてる(またかよ!)シロクマノーラ(コーンフレークとか ドライフルーツとか入ってる 九州の「白熊アイス」イメージの シリアル)入れてみたり…

しかも ばんげのしたくの 片手間に やっちまい

香ばしいの 越えてしまって

慌てて スイッチ切った

はじっこ 真っ黒

とほほでやんす…

でもまぁ 母には 好評で

「見た目 悪いけど んまいよ」とな

「その評価 いつもだよね 見た目もいいと いいのにね」と あんちゃ にやにや

「林檎 無駄にしたくない つって 干したのはいいげんとも 干しっぱなしで 駄目にすんのかと思ったら 焦がして駄目にすんのか 結局 時間かけて 無駄なことばりしてんだべ」と 父までも にやにや

でも 真っ黒くないとこは かりかりして んまいよ

林檎バーとはいえ

一ミリも バー的に 切り分けられず

「ぶっかげだ」土壁状態

笑いの 種になって 嬉しいよ(ちぇっ)

干し林檎の 前に

2016 年 2 月 26 日 金曜日

ちゃんとしてるようでしてない失敗少ない林檎ケーキ

干し林檎 刻んだものの

生林檎の 傷みかかったやつがあったんだった

んで 干し林檎 おいといて

まずは 生林檎用いた 田舎ケーキ

アーモンドプードル すくなかったもんで

ちょいと ココナツミルクパウダー足してみたり

DaoTao さんで 買った ラムレーズン入れてみたり

賞味期限切れてる 強力粉 ちみっと入れてみたり

毎度 逸脱行為やっちまいますが

まぁ なんとか んまく できました

「上の方は 香ばしくて んまいげんとも 下の方 べたっとしてるな」なんて 父

それは わたくしのせいでなくて 機械のせいだな なんて こたえたものの

まてよ 逸脱行為の どれかも 原因?

いやいやいや 余計なことは ばらさずにおこう

お腹壊しませんように

干し林檎を 刻む 昼下がり

2016 年 2 月 26 日 金曜日

うっし~は 林檎を食べません干しっぱなし 林檎が

なかなかに いいい感じの 甘味凝縮ぶり

ゆるやかな気持ちで

日向ぼっこで

ちょきちょき刻んで

お菓子を作ろうなんて

ほがらかなきもちの 昼下がりであった

いつまでも凝り固まっては おれぬ

2016 年 2 月 26 日 金曜日

めんこちゃんお出掛けはあったものの

仕事というわけではなく

ちちははあんちゃわたくし なんとなく うちにいる日 である 安心感もあるのか

昨日一昨日の きしきしきしと 軋むような 感じは いつの間にか 薄れていた

母 昼寝から目覚めて「月にいく人募集なんて言ってっから 申し込むかどうか 迷ってたんだよ…夢で」なんて 言うもんで

また すごい夢 みるよねぇ と

茶飲み話で 父も 笑う

きしきししてたときも 撫でてくだたい と やってきてた うっし~

笑いあってるとこにも

なにひとつ 違いはない とばかりに やってきて

にこにこの 角度が もっと あがる

ほぐれる

こんな時間を いつも 忘れないように…てのを つい 忘れてしまうけど

大事大事にしてゆこう

甘いものに たすけてもらう

2016 年 2 月 26 日 金曜日

ふわふわ

ちみっと 父の 機嫌が よろしくなかった
 
まぁ 寝不足もありましょう

夜 母が 寝ぼけたり なんだり と

いつも以上に 小刻みに 起こされてたもんね

だからといって 小刻みに 不機嫌言葉 ぶつけるように 言うのは よろしくないと 思うのですけんど

なんとも やり場のない思いの

はけ口 として 苛ついたこといってしまってる自分への 跳ね返るような 苛立ち もて余す思い

なんだか 痛いほど わかるもんで

なんでそんないいかたするんだよ…と 言いたくて 言えなくて

ああぁ と 口ごもる

挫けた気持ちになりかかり 

でも 被害者的でなく

自分のせいで そんな思いさせてしまってる という 

加害者的 思いになって 落ち込んでいるであろう 母

どうにか とりなそう…と 思うのに

ことばが 目まぐるしく めぐりめぐるぐるぐるして 何も出てこなくなり

目眩しそうな不甲斐ないわたくし…

んで 前日に いただいた ふわふわシフォンケーキ

二種類の 一個ずつあったから

特別に ちちははに 半分こにして 二種類とも 楽しんでもらう…まぁ 上んとこ わたくしが一口いただいたけどな…と

大袈裟な口ぶりで 恭しく 掲げるように 出した

朝ご飯食べんとす…て とこなのに「んまそうだね 今食べたい」と 手をのばす母

「ご飯だっつうのに 我慢もできねぇのか」と また 棘のある言い方をする父

父とて たまたま 納豆混ぜ始まったから 手を出さなかっただけで 朝 お菓子目撃したら すぐさま 食うだろうによ…と 棘棘ボール 投げつけようかと 思いつつも 踏みとどまり

まぁ 食前でも食後でも そんなに重たくない ふわふわだから 食いたいときに 食うのがよいさ と のんきなふりして 言ってみる

「んまかった~♪もう一個は あとの楽しみにする」と 母

きっと 母も すべての思いを 口にはしていない

でも 美味しさに 切り替えられ 撫でられてもいるようで

さっきより 哀しそうな色は うすれた

「なんだまったく」と 言いながらも

「一番 んまいとこ おまえ 食ったんだべ」なんて わたくしに 冗談めかして 言う父

きっと もう 大丈夫だ

引っ込みつかなくなったような 思い

甘いものに 転がされ

うやむや

それもいいよね

仕事終わったら 甘いものを 買って帰ろうかな なんて 思った

甘やかしまやかし

でも 助けられる