2016 年 2 月 14 日 のアーカイブ

調子にのって ワンモア実験

2016 年 2 月 14 日 日曜日

ポテトサラダに ゆめみそ味噌とゆめジャム

もう一品 可能性の扉を こじ開けてみましたる

芋サラダの 隠し味

練乳を入れる人もいるっていうし

そう すっとんだ 冒険でもなかろ

ちいと 甘味が 多目に感じたので

納豆に おまけでついてくる カラシ

ちみっといれてみました

なかなか 素敵な感じだ♪

もともとが ちゃんと美味しいのに

純子さん すんまへん

瓢箪から駒的 実験劇場

2016 年 2 月 14 日 日曜日

そーびぢば 酒味醂で 浸しとくなかなかによい

蕪の皮

削り節と 炒めて ふりかけっぽくしよう と

胡麻油に 生姜すりおろしてから 熱して(ゆっくり熱した方が 生姜の 温め成分 増えるとか)

蕪皮入れて

そののち 大量にいただいた 削り節投入

焦げ付かんよう ここで 酒と味醂 入れて後 出汁醤油入れるのだが

勿体無いばあさんわたくし 

「そーびぢ(塩びき…荒巻鮭)」の 塩抜きで 浸しとった 酒味醂 用いてみた

…らば あらやだ 生臭っ!

これは 家族らの 不平不満顰蹙噴出可能性大…

むうううぅ

なじょんすっぺ…

そこで 思い付いたは ホープすずかけさんの 味噌とゆめジャム 用いてみるか♪てなこと

これ パンに合うものの

そうそう 毎日 パンというわけでもないもんで

ジャム劣化するほど とっておいてしまうこともあるからな

焦げ付かんよう ちみっと 水で溶いて

フライパンに 回しいれてみた

おおお♪

生臭み 雨散霧消

なかなかやるぢゃ♪

ちょいと 荒々しい雑味のある 削り節も

ゆめジャム(練乳みたいな ミルクジャム)の まあるさに 包まれて

いいとこだけ 発揮してる感じ

瓢箪から駒的実験劇場

成功の巻

家族らが どういうかは

あとでのおたのしみだけどね 

お苦しみ…に なりませんように

目覚ましパン

2016 年 2 月 14 日 日曜日

ぱんぱんぱんぱかぱーんまぁるくくうきもだいている

早朝

母から おしっこ助太刀たのむ電話で 起こされ

も少し 寝ていたいなぁ…と ぐなぐな思いつつも

あっ♪ゆがふさんの パンあるんだった♪などと

飛び起きた

目覚まし時計よりか

パンをぶら下げておこうかな…などと 思った

寝ながら かぶりついて

牛になるのが 落ちかもしれんけどね

チョコレート祭りの日

2016 年 2 月 14 日 日曜日

おされなおみせ聖ウァレンチヌスさんに 縁もゆかりもないものの

なんとなく チョコレート業界の 策略に乗せられて

差し上げたりいただいたり…

でもなぁ なんだか 楽しんだり 喜んでもらったり…よりも 形骸化してしまってる感が 色濃くなってしまったので(わたくしの 個人的な話)

母から 頼まれた うちの分と いつも チョコレートくださる親戚んちの分 4個

あとは 好例 仏壇に一個…これは 後ほど 家族で分けることになるやつ

ピープルツリーの フェアトレードチョコを…と 思ってたのに

あれ 季節もので「あぐりっと」にあったものは 売り切れ

気になってて 通りすぎてばかりの スイーツアトリエLてとこにいってみましたる

しっかりした素材用いて 美味しくて 心踊るお菓子を作りたいのです♪てな

素敵な おねえさんおにいさんが 立ち働く お店

仙台の柳生(ずっと 「やぎゅう」と 読んでおったけど 「やなぎう」ですてよ!)にあります

チョコレートパウンドと ハートがたのチョコレートクッキーと バターサブレの 詰め合わせにしてもらいました

美しいんで

父と あんちゃに 渡したあと

現物の 写真撮らせてもらおう と 思いきや

瞬殺的完食

味わって食えや~!

なんとも ぐだぐだ

んで…

賃金をきちんと払わぬ 児童労働に 関わるチョコレートメーカーの中に

あの 有名な ごでば も 上げられてて(会社としての 実態調査は 事実を認めずとも 否定できてないらしい)

まぁ わたくしと 真実を この身を呈して調査したわけではないから

無責任なこと 言えないのですけんど

そのあたり 事実なら

儲けてんだから 体裁ばっかり整えてねぇで ちゃんと そういう 人の道も 整えろよ こんにゃろめ などと

怒りなども ふつり…と 煮えたりするのでした

愛と平和を 説いていたらしい 聖ウァレンチヌスさんの 思い

継いでゆければよいのにね

味噌ジャムお握り

2016 年 2 月 14 日 日曜日

味噌ジャムお握り本日 昼食は 

白石温麺 餡掛けにしたものの

昨日から 残っておる ご飯を

お握ってみた

1つは 梅若芽ふりかけ混ぜた 海苔お握り

1つは ホープすずかけさんの 味噌ジャム混ぜた お握り

「ジャム」て ことば 聞いたら

基本からはみ出さないのが好きな父

「ご飯にジャムなんて!」と むんつけるであろから

黙ってた

食べ終わったとこ見計らって

んまかろ?と 問うたら

「なんだ また 種明かしでもあんのかっ!?」など 警戒心 丸出し

ちっ

んなもんないよぅ と 言っといた

ふははは

んまいから いいんだも~ん♪

窓辺賑わい

2016 年 2 月 14 日 日曜日

しげしげ豆苗と 今年の正月芹豆苗くるりんちょうつくしきみどり一昨年年末から

台所窓辺しげしげさんたち

現在 十種類 

お野菜さんたちの 調理後の 第2の 草生!?

あっ 豆苗は めんこさのあまり

食べずに そのまんま 水につけておいたのですけんどね

今年の正月芹と 競うように 伸びて
どこかに巻き付く くるりんちょまで 出してきて 

将来有望♪

そして その横

一年以上 水につけて 食べるよりも その 来し方行く末みたいなん眺めておった芹

そろそろ 勢いなくなり

小さいさんばかりになってきてる

これは 暖かくなったら ぢびたに 引っ越してもらった方がいいかなぁ

…まだ 緑ちゃん いるんだけどね

家族らの 困惑 うっちゃって

本日も 観葉♪

飛ぶ鱗に 心飛びたり

2016 年 2 月 14 日 日曜日

黒っぽい背白っぽい腹飛ぶ鱗あほぅと 言ったか 言わないか

鰊の こけらを 落としてたら

その 銀の 片鱗

宙に 舞い上がり

ぺたし と 甲に 貼り付いた

海肌を撫でて 泳ぎたるもの

丘に上がれば

宙を 泳ぐのだろうか

おぉ ならば その 鱗を くれよ

わたくしを 宙 泳ぐものに 化身させて くれろよ

そんな 夢想に 泳いでいたらば

まな板から 鰊が 滑り落ちた

おっと ここは 台所であったな などと 
鰊持ち上げたれば

その口「あほぅ」と 嘲笑ったようでもあり

は~い♪など 応えてみる

飛ぶ鱗に 心飛びたり

あほぅの ばんげ支度 

のんきに のろり

足りない…のちの

2016 年 2 月 14 日 日曜日

もう お出になられましたねこの2冊では まかないきれん庭の 蜘蛛さまものらしき 卵

いや まてよ 別の 虫かな?

『蜘蛛の巣図鑑』(偕成社)は あまり 卵嚢について 載ってないし

『虫の卵ハンドブック』(文一総合出版)は 蜘蛛さま情報 少ないの…

手持ちの本では 足りなくて

こりゃ また 文一総合出版さんに お世話になるかな…と

サイトを開いて

うああああ~

あれもほしいこれもほしい…の ありぢごく的 めくるめく ハンドブックのリスト

気づけば 思いもかけぬもんまで 注文してしまったぞ

過ぎたる行為に 懐が痛むであろう ことと

届く楽しみとで

悶絶…