2016 年 2 月 のアーカイブ

念願の「にしまきごはん」とか

2016 年 2 月 29 日 月曜日

ぶれてごめん~不定期に?出現する まきちゃん 作るところの「にしまきごはん」at 阿佐ヶ谷イネルさんとか…

なかなか タイミング合わずに 口にできませんでしたが

昨日の 愛也さんを 偲ぶ会にて ご対面

おおおおぉ♪

真っ先にいただきました

切り干し大根 酒粕パウンド 味噌スコーンとかとか…

滋味 というか

やさしい 素材を やさしく 形なしたもの

からだが喜ぶものだね こりゃ

お酒のつまみ的でないのに

お酒も 食べ物も すすむなぁ

うまいよぅ♪

うれしくておいしくて 小躍りしてたら

あやめさんから「その横のちらし寿司は おれ作ったんだ~♪」とな

おおおおぉ♪

素晴らしき 演出家で 照明家で 楽しむことの天才 あやめさん こと 吉澤耕一さんの お料理のうまさは

長野の マイムフェスティバルの 打ち上げなどで 感動したっけな

ちらし寿司…という名の わくわく おもちゃ箱みたいなの

柚子?

全体を包む ほんのり苦味のようでもある 芳香は 何?と 訊いたら

昆布茶に 柚子と 菜の花を漬け込んで…など始まりましたわ

惜しげもなく 教えてくれた

いつもそうだね あやめさんは

国内外で 大活躍して 大忙しなのに

いつも 楽しんでる

楽しみを見つける作る 天才だなぁ

22年ほど前に 出逢った 宝物みたいな ひとたちが

今の時間に 繋がって

ずっと 喜びと 尊敬の存在でいてくれることなど 思い

むねとおなかいっぱいでした(そんなこんな 震えるような思いで 写真ぶれちゃった…ことにしとこ)

それぞれが一緒だったりわかれたり

2016 年 2 月 29 日 月曜日

雑多にだれでもここが なんという国か

誰がいてよくて

誰がいちゃいけないとか

なんもなしにして

みんなで 分けあったり はなれたりして

それで にこにこしていられればいいのになぁ とおもう

ずっと 生き続けるのだ

2016 年 2 月 29 日 月曜日

みんなで 肴にしてのみくいかたりしゃべりわらいなき懐かしすぎて胸いっぱいあやめさんもおおいそがしなのにわらってるスライドショーや 動画をトリオマイム 名作!水野お師さま

ふざけてて

でも 生真面目だったりもして

面白がりで

探求心 究道心と 遊び心のバランス絶妙で

かんがよくて

シンプルで

あきれるほどの 阿呆や エロも さらりとやってのける…

今もやはり 早いよ!と 腹立たしい思いが わきあがるけど

絶対に忘れられない…と 多くのひとたちのなかで 生き続ける人だな と思う

自分が 特別に出逢えた 愛也さんの 思い出を

それぞれが 分かち合い

お連れあいの 薫さんに 伝えながら

また これからもよろしくね と 手を振り合う

「こんな豪華メンバー 奇跡のようだよ」といってた 面々が 久しぶりに 揃ったりもして

息を呑む

みんなと 話したかったけれど

胸いっぱいで つい ぼぅと 眺めてばかりだった

交わし合う 笑顔に みとれてしまっていた

己がなにか 話したい というよりも

愛也さんを 思うひとたちの 思いを うっとり見つめ続けてしまっていた ひととき

きっと これからも 愛也さん ダシにして

そんな奇跡 やれるよね なんて 思う

企んでくださった あやめさん周辺の方々

ありがとうございます

思いがけなく

2016 年 2 月 29 日 月曜日

またくるかも 足利

初めて おりたつ場所に

なんだか 優しいひとたちが いきづいてて

あぁ なんて

うれしいため息などついて

さて 暮らしへと 帰ろう

寸どめ

2016 年 2 月 29 日 月曜日

なんとか稲荷昨日の 偲ぶ会に

道に迷いそうになったのが なんとか なったので

会場入り前に

近くの 神社によってみた

絵馬が ざんざらりと ぶら下がってて

なんだか ここにそういうことを 託すのですかね?なんて 微笑ましいのもあり

人って ふふふ など

余裕かましたふりして

ひいた 籤が

いいんだけど ちょっとそれは なぁ てな一文もあったで

とっとと 結んで うん なんとかするっ!など 言いきって 辞す

バッテリーの関係で

偲ぶ会のことなど 投稿できぬまんま

あまりに胸いっぱいで

まぁ それはまた 改めて…

We miss you

2016 年 2 月 28 日 日曜日

We miss you 愛也さんへの 思い溢れるひとたち

会場溢れんばかり

パントマイム舞台周辺だけでなく

役者さん 音楽やさん 

そうそうたる人々が 

集っていて

あぁ

愛されていた…いや

愛されている

そんなことを思う

お久しぶりの方々にも 会えて

胸いっぱい

新じゃない…

2016 年 2 月 28 日 日曜日

傷は浅いぞ目的地への 道案内文を

メモしておりまして

完璧

さぁて と 駅に 降りたったら

あ…「新」じゃない方の 大久保にきちまった

ううぅ

いやまてよ でも 近いよね

方角はんたいになるかな

完璧 とこ 思うときに よくある 落とし穴

抜かりなく…抜けまくり

誘導か?

2016 年 2 月 28 日 日曜日

同じ揺らぎが…黒磯駅前くまちゃん…

車中 携えてきた本が

どうも いちいち 琴線に 引っ掛かって

何をか 鳴らそうとするので

おそるおそる 揺らぎをとめるように

読み休む

そんな読み方 どうなんでしょう?

今日向かうところへも 繋がりそうな単語などに 出会うと

哀しい方の 感情の蓋が 緩んできそうで

別の本にしようかな なんて 躊躇う

乗り換え待ち 黒磯NEWDAYSで 菓子と 飲み物など買って

樹を見上げて 風に当たって

ふぅ なんて 巻き直し

乗り換え電車に乗って

ふと 菓子の箱 裏

「いっぱい ないて いいからね」などと

くまちゃんに 誘導されて

ぶわ…とかなって

いまからこんなんでどうすんだなにやってんだ と

お茶など ごぶっ と飲んだら

吹いた

うううぅ

だらんだらん…

こっぱずかし

全部ちゃんと 拭いた

うっかり 空腹

2016 年 2 月 28 日 日曜日

慌てたねある程度の 惣菜など 支度して

初物の あさつき湯がいたのに ちみっと 酸っぱくできちまった酢味噌つけて 味見

東向いて 三回笑ったりしてるうち 

電車時間迫る

とてぱたかけだしたら

ご飯食べてなかったことに気づく

主食は 霞…のようでいて

やはり ご飯食べないと お腹すくんだよな

ぐうぅ…

明け染めてゆく

2016 年 2 月 28 日 日曜日

明け染めてゆく明け色

空に 染みだし

染めてゆくのを 見ながら

そそいでゆこう と 思う

何をか…うまく言えないのだけど

浮かび上がる思いに

光あてながら

がたごと 電車に揺られてる朝